エントリー

医師法破壊、国家権力犯罪、司法、警察、法務省犯罪の現実と、その先の犯罪を

  • 2021/09/17 07:55

医師法強制無効化を、国の闇で、平民に真実を隠蔽して、司法が成功させて居る、日本の真実です。

現実として、傷害事件が起きて、被害者に加害責任者が、人身加害行為で負わせて、発生させた、対人金銭的被害の賠償債務に付いて「加害者が被保険者となる、加入損保、共済が、医師法遵守人身被害証拠、証明を最上位に、法律規定に沿って、医師法遵守の傷害事件の証拠、証明を、正しく、公に、最上位に据えて、医学的証拠、証明に沿い、人身受傷被害で生じている、治療費等、休業損害、慰謝料支払い、後遺症が証明されたなら、後遺症に対する債務支払いを果たさなければならない、法の規定はこうなって居ますが」

傷害事件が起きて、刑事訴訟法手続き名目の、警察、検察による「傷害事件である事を、医学的に立証しなければならない、筈の捜査が”医師法の強制無効化、医学的に合法を証明した、傷害事件が起きた事実立証、主治医による、この傷害事件が起きた証拠、証明を、故意に揃えない、詐欺捜査が仕組んで有ります”」

傷害事件が起きた、警察、検事が「刑事訴訟法手続きを遂行する、責任を負った公権力として”医師法から遵守して、傷害事件が起きた事を、主治医への、医学的証拠を揃える為の捜査実施を、故意にしない刑事訴訟法詐欺手続き”これで送致が受けられて居る、傷害事件が正しく証明されず、送致が受けられる筈が有りません、起きて居ない傷害事件、と言う捜査ですから」

ですが「実際の刑事訴訟法手続き名目の、捜査事実なる代物は”医師法破壊、医学的に合法な、傷害事件が起きた証拠、証明を、故意に揃えない捜査、送致受け、この詐欺捜査で、不起訴、起訴して受理、刑事裁判遂行、有罪判決”が、闇で仕組まれて、これが常として有ります」

つまり「刑事訴訟法手続きを謳う、警察、検事、検察庁、法務省が”刑事事件の公務扱いで、医師法蹂躙、強制無効化を果たして通しており、刑事訴訟法手続きで、医師法強制無効化、破壊を実現させて有るから”民事の対人賠償に、医師法無効の強制化と言う、賠償詐欺、恐喝用の武器を作り、提供して有る、と言う事です」

つまり「対人賠償医師法蹂躙、言い掛り診断で踏み倒しし放題の現実は”刑事訴訟法手続きで先ず、警察、司法、法務省テロで、医師法の無効化強制、傷害事件詐欺捜査、送致受け、不起訴、起訴、判決を仕組み、常時成功させて有る”これが決定的な武器とされています」

傷害事件の捜査、送致、不起訴、起訴決定、判決に至る一連の刑事訴訟法手続きで「強制的に、医師法無効の徹底が仕組んで有る訳で”民事の対人損害賠償で、幾ら医師法蹂躙犯罪を、被害者の主治医に対して、大手を振って自賠責事業、労災事業、民間損保、共済、提携弁護士、裁判官、裁判所、健康保険、生活保護事業、監督すべき機関等が命じて、医師に手を汚させても”医師法違反から、刑事訴追を受ける恐れが全く無い、と言う事です」

逆側で言うと「この現実が、公に有る訳ですから”刑事訴訟法第105,149条の適用と、上記刑事訴訟法、民事訴訟法事件等で命じられて、手を汚させられて居る、医師法蹂躙犯罪事実”を、公式に組み合わせて使われれば、医師、医療機関に、医師法違反、医療法、健康保険法違反だので、調査、捜査出来る訳は有りません」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745613
ユニークアクセス:4919490
今日
ページビュー:2838
ユニークアクセス:2794
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed