エントリー

加重診断?正気の沙汰では有りません

  • 2021/10/01 07:17

国の強制保険事業である、労働者災害補償保険法事業、これを”適当になぞっただけの、自賠責事業、任意損保犯罪事業”医師法徹底破壊、が武器としてある、犯罪で構成された国の強制保険事業と、自賠責事業を偽って居る、任意損保事業と言うのが実際です。

この「医師法蹂躙犯罪事業で仕組まれて居る、主治医の診断等法を破壊して叩き潰して、通せて居る手口の一つが”加重等と言う、オカルト犯罪診断です”加重とは?」

;加重とは「過去に同じ被害者が、労災、自賠責から、後遺症認定を受けて、一時金を、掴み金で支払って貰えて居た情報が、たまたま労基、自賠責、任意損保事業で見つけ出せた時限定で”今回の労災、自賠責、任意自動車保険適用の、第三者行為傷害事件と、被害者、主治医が言う事件は違う、過去に負った第三者行為傷害を見つけた、過去に負った怪我が、強く残存して居るのを、今回の第三者行為傷害事件での受傷だ、と虚偽診断して、医療費、賠償金詐欺を働いたと決定した”これを、国の強制保険事業から、実際行って居る、オカルト犯罪診断で、合法な治療、診断を、実際に叩き潰して通して居る、国家権力犯罪なのです」

当然ですが「こんなオカルト行為に、合法は微塵も有りません、当たり前ですよ”今回の、第三者行為傷害受傷との診断、治療は虚偽だ、過去に同じ被害者が、労災、自賠責から、後遺症一時金支払いを受けている情報を、偶然見つけ出せた、よって”加重診断?が正しい診断で、過去の怪我が強く残存して居る事に付け込み、今回の第三者行為傷害事件で、怪我を負い、治療して居る、と嘘を吐いたと決定した、医療費、賠償金詐欺だ!現実にこれを行い、公に通している異常さ、21世紀の日本で、本当にここまでのオカルト犯罪が、公に、厚生労働省、国交省が、司法、警察等と共謀して、損保が犯罪指揮の頭で、成功させて居るのが実際です」

この「加重等と言う、オカルト犯罪診断で、合法な第三者行為傷害の治療、証明、診断を、強制的に潰して通して有る、国家権力犯罪の手で、札幌方面東警察署勤務警察官が、一方的追突傷害事件を起こしたが、被害者が過去に、追突されて怪我を負った事件を、偶然見つけた東海が、自賠と組み、加重診断!で加害者責任を潰したけれど」

高温焼却炉転倒下敷き事件被害に、同じ被害者が遭った事で、加害者が被保険者、日常生活賠償支払い責任を負った等回、提携弁護士は「加害責任の5割以上を、昨年8月11日の、追突傷害事件加害者、山本x一巡査が負って居るんだと、刑事事件、民事事件で主張して、支払い潰しに走って居る事で」

この警察官、加重なる、オカルト診断で「昨年の追突傷害事件加害責任逃れが成功しても、高温焼却炉転倒傷害事件では、加害者責任を負う事となって居ます、天網恢恢疎にして漏らさず、と言うべきか」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年06月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6225286
ユニークアクセス:5393178
今日
ページビュー:1170
ユニークアクセス:1154
昨日
ページビュー:2654
ユニークアクセス:2653

Feed