エントリー

弁護士用犯罪被害は隠ぺい、抹殺で、被害者毎消している、預金泥棒も同じ

  • 2021/10/04 06:57

一昨年暮れまで、弁護士用の犯罪だからと、公然と泥棒を認め続けて来た、最高裁大法廷も、平成28年12月19日の最終決定、強制力を持たせた最終決定で、以後採用禁止と強制決定も下して有った、相続遺産分割除外説なる、遺産、遺産預金泥棒は、この後も続行されて来ました、私が詳細に、この司法犯罪の闇の手口、犯罪を、実例証拠も添えて、公開で暴いた事で、昨年から、同じ法の下で、犯罪合法から、犯罪と扱いを、こっそり変えた、司法、警察、金融機関、監督官庁共謀、報道カルトも直接グルの、他者の財産泥棒。

平成15~16年に、最高裁小法廷でも、個人の財産所有の権利を認めて有る、憲法第29条規定も、本当に意味不明故、公式にでっち上げただけの、遺産、遺産預金泥棒入手制度「相続遺産分割除外説等をでっち上げた、司法が、単純な泥棒を、説だのでっち上げて、最高裁小法廷が、正しい遺産泥棒だ、まんまと盗めた遺産、遺産預金は”相続が完了するまでの間は、泥棒に成功する度、遺産目録を偽造して、窃盗に成功した遺産を、相続遺産から、弁護士、裁判官が共謀して、強制抹殺して通す”この犯罪を、平成15~16年に、最高裁小法廷も、公に認めて」

司法、警察、金融屋、監督官庁、国税、報道カルト、政治他共謀の「公式他者の財産、預金泥棒の制度化を果たさせて有った、狂った現実が続けられて来た訳です、この犯罪、刑事訴訟法手続き、民事訴訟法手続き問わず、公式な泥棒正当化、を重ねられて来たんですよ、平成28年12月19日、最高裁大法廷が、強制力も持たせて、民法第896条違反を軸とさせて、強制的に禁止と決定を下した後も、個人に財産所有の権利も、日本国憲法、法律で認められて居る事も、法曹資格者他が、本当に知らない、理解不可能だから、最高裁大法廷最終毛亭の意味も、誰も理解出来なかった結果でです」

で、私が、この国家権力犯罪を、詳細に、実例証拠も揃えて、公開犯罪証明した事で、逆恨み、逆上、犯罪者責任逃れに暴走し捲った、札幌犯罪弁護士会、札幌の裁判官、裁判所、道警は「正しく犯罪を証明して、再犯を防いで、最高裁大法廷最終決定の正しい意味も、公開で証明した私を”合法故犯罪者だ!”と決定、判決を下して、粛清に走った訳です」

結果、国の上が、強制力を行使して、最高裁大法廷最終決定後3年以上経過した、一昨年12月頃、最高裁大法廷最終決定で統一化させた訳です、泥棒強制禁止措置です。

この結果「司法泥棒の責任抹殺を目論んで”昨年から、他者の預金泥棒は、犯罪と変わったけれど”その前の、同じ泥棒は、犯罪責任免責で逃がし捲って居ます”司法犯罪責任逃れが目論見です」

この事実を先ず踏まえてですが「北海道新聞は”昨年からの、他者の預金泥棒実例で、行為者と被害者に取材して”悪い事をした、騙された自分が悪いだのと、方向を故意に変える特集を出して居ます、大元の犯罪、他者の預金泥棒、遺産預金泥棒、被後見人の財産、預金泥棒を、司法、警察が指揮して凶行三昧、加害者擁護、被害者抹殺の現実を隠蔽して、司法犯罪を隠す為の、恣意的特集、情報操作でしょうね」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年06月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7452896
ユニークアクセス:6604597
今日
ページビュー:189
ユニークアクセス:189
昨日
ページビュー:979
ユニークアクセス:965

Feed