エントリー

嘘吐き相手には

  • 2021/10/29 08:29

嘘吐き相手の対話?は「相手の嘘の狙いから、きちんと探り出す事が、先ず最大の目的としなければなりません、嘘吐きは”黒い目論見”が、常に嘘の裏に有るからです」

小樽に環境犯罪、不動産侵奪、農水省、北海道庁、今では小樽市役所も、直接共謀権力犯罪組織、の事件でも、道庁、後志振興局、小樽市役所が、嘘の羅列に狂奔し捲って居ます、目視で判別出来る、国有農地、民有地への「廃棄物土砂大量投棄犯罪、違法な国道造成、不特定多数の使用に、法を犯して供させて居る、この一連の、行政犯罪を糊塗しようと、行政権限悪用で、嘘の羅列を重ねて居ます」

この狙いが、当社によって暴かれて「腐り切った権力者達は”話し合いを”と、馬鹿の一つ覚えで吐くだけを重ねているが、要するに、難の理解力も無い、解決能力も無い事の吐露、が事実です」

話し合いと言うのは「問題点の、双方の理解の程度の把握、どう言う現実逃避を狙って居るか?有る程度、正しく解決しようと思って居るのか?これらを、協議しながら探り当てて、虚言、責任転嫁で逃げる気と分かれば、法による、公式解決に動けば良い事です」

小樽の行政ぐるみ、環境犯罪、不動産侵奪犯罪は「農水省、北海道庁、小樽市役所が、今では公に共謀犯となっており”地元住民ぐるみのこの犯罪を糊塗しようと、住民と共謀して、でっち上げた、廃棄物土砂での宅地造成行為、建物建設工事凶行”と言う、虚偽そのものの犯罪を捏造にまで、公に走った訳です」

根本の、農水省、北海道庁と、地域住民共謀環境犯罪、土地侵奪犯罪が証明されてしまった事を、虚偽の犯罪捏造で、自分達の悪行の隠蔽工作目論見で、嘘で塗り固めた、違法な建設残土での宅地造成、違法な建物建築工事目的犯罪、をでっち上げたと言う事です。

この嘘を武器とさせて、農水省、北海道庁、小樽市役所共謀犯罪を、虚偽告発で抹殺に走って居る訳です。

話し合いで解決は「不法行為者が、ある程度協議に応じる場合だけで有り、嘘と法破り責任不当転嫁、自分達の法を犯した責任を、不都合な相手に不法転嫁の連中は、話し合いで解決の相手では無いから」

物理的に、動かせない事実が存在する、法を犯した行為は「法に反した側が”まともで無いなら、虚偽を吐き、不当な責任転嫁で、その場だけ逃げに走る”司法犯罪、x族テロ行為と同様に、です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年10月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561179
ユニークアクセス:5726869
今日
ページビュー:1559
ユニークアクセス:1547
昨日
ページビュー:1782
ユニークアクセス:1777

Feed