エントリー

x族らの憲法違反他隠蔽工作の手と

  • 2021/11/18 08:52

x族らの本音、本性、本当が、あの連中絡みのとんでも行為事実露見続々、憲法、法律違反、犯罪の類い行為の糾弾続々、への、逆上、逆恨みの連鎖と、事実隠蔽国策の数々、事実を捻じ曲げて、責任転嫁を目論んだ所業により、事実が何処に有るか等、良く知悉させて頂いています、時代を完全に錯覚しただけの、中世の独裁王侯貴族気取りので、事実が瞬時に国際発信され続ける今の時代で、何時までも中世と同様ので、嘘の羅列で通る訳も無い事も何も、一生理解不可能だと実感させられて居ます。

備わって居ない資質、知識、公徳心事の理解、処理の為の思考、判断能力、必要な知識の取得、それの為の深い努力等々、綺麗に欠け切って居る血統一族と、平民を伴侶とした、外から入った血統の、の惨状、同類しか選ばない、樹木希林が言って居た通りで、笑えない実態を日々。

小樽で起きて居る、環境犯罪、国有農地、民有宅地侵奪、廃棄物土砂大量投棄、堆積で、違法な国道造成、不特定多数の使用を、頑として止めない国家権力等、この権力犯罪でも「犯罪責任隠蔽、犯罪行為是正逃れ、犯罪行為責任を、不当な手で転嫁に暴走、これ等が繰り広げられ捲って居ます」

損保、司法犯罪の一つ、第三者行為傷害で、被害受傷者の受傷の事実から、診療録、診断書の偽造等の手、実際の受傷より、事実無視で、思いっきり軽微な怪我だと、常時捏造した医療情報偽造、行使のみ行って有る、この犯罪が、闇の制度で作られており、刑事罰免責、或いは、実査の加害行為を、思いっきり軽い加害行為と偽って有り、軽い刑事処分で逃がすのが常、裁判所販売マニュアル記載事実と、実際個の通りしか行って居ない事実の通り。

それに加えて「第三者行為傷害で受傷を負った、法の規定では被害者を”診療録、診断書偽造で、軽微な怪我、無いし、虚偽の受傷と医療証拠捏造の手”も組まれて有り、虚偽の第三者受傷自己申告で、事実と証明する医証は、抹殺、偽造で無効とさせても、も仕組んで有るので」

合法な損害賠償は、ほぼ潰して、行わず逃げています、そして「最後のこれ等犯罪の手口悪用が、虚偽の受傷、損害申告で、賠償金詐欺を働いたと、事実無根、偽造証拠で陥れて通しても居る事実、このテロも有ります」

合法な証拠、証明によって、正しく事件事実立証して、正しく理論構成して、正しい事実、証拠と、これを持った正しい理論構成で、第三者行為傷害事件を、刑事、民事共、不整合、矛盾、虚偽無く処理を完遂させる、この憲法、法律規定の原則の、真逆が常に、損保、警察、司法、法務省、金融庁、財務省、厚労省、国交省の共謀犯罪多数凶行が武器の大きな物で?

事実として、第三者行為傷害事件の加害者、被害者共、不当な手段でxx対象と??

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年08月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6377925
ユニークアクセス:5544578
今日
ページビュー:3425
ユニークアクセス:3398
昨日
ページビュー:4508
ユニークアクセス:4488

Feed