エントリー

どんどん司法ぐるみの詐欺犯罪事実が

  • 2022/09/22 08:23

訴訟詐欺の一つが、対人賠償を、犯罪を重ねて強引に踏み倒す、司法が損保の傀儡故、詐欺刑事、民事手続き、訴訟手続き名目で、事故捜査もでっち上げ、虚偽で加害者責任減免、抹殺、被害者の主治医に、医証を偽造させて、受傷をカルト捏造、傷害被害受傷は虚偽、等の偽造医証発行、証拠採用のみ、加害者の刑事、民事責任目出度く抹殺成功(〃艸〃)ムフッ

これ等の司法、警察、行政等共謀の、公式犯罪シリーズ!なんですよね、今日の文章にも記載してある通り、まあ、債権犯罪抹殺!の手口の極悪司法犯罪事実も加えて、只のごろつきです。

ここまでの犯罪に走らなければ、この司法犯罪も成功しない訳です、犯罪でしかない司法犯罪ですから、犯罪を重ねて、合法が犯罪で、犯罪が適法だと、強引にでっち上げで判決を重ねて、強制制度化を果たすしか、方法が無いからです。

この対人賠償債務を、司法犯罪判決で、強引に全部踏み倒しさせて有る司法テロの手口は「対人賠償債権の譲渡を受けた、被害者以外の債権者達が”おいおい、自分も対人賠償債権を、被害者から譲渡を受けて、持って居るんだぞ”何を勝手に、被害者しか対人賠償債権を持って居ないと偽って、他の対人賠償債権全部を、訴訟詐欺で強制無効化しよう、と詐欺を働いて居るんだ!自分も正しい債権者だ、公式に債権者で打って出たぞ」

この公式手続きを、訴訟詐欺が終わる前に行われれば、司法詐欺国家権力も、息詰まる訳ですよ、何しろこの訴訟詐欺成功って「破産事件の手口も、違法に強制組み込みした手口ですからね、どう言う手口課と言うと」

※破産事件の場合、債権者で、債務者が告知しなかった債権者が居るかどうか?言って来菅、破産事件の提起告示を行って、他の債権者が訴訟終結、破産決定まで出て来なければ、破産廃止の決定で、他の、名乗り出なかった債権者の債権全て、強制無効として居ます。

この、違法な破産事件手続きを、訴訟詐欺に取り入れて有り、被害者だけを、債務不存在詐欺訴訟で訴えて、判決確定させれば、他の債権者の債権も、強制無効化決定!と言う、極悪司法詐欺の手が講じられて居ますが。

この訴訟詐欺の途中で「対人賠償債権の一部は、自分が債権譲渡を受けたから、被害者債権者には無関係な債務だ!と、訴訟詐欺に証拠とも出されれば、譲渡済み債権は、訴訟詐欺対象から除外するしか有りません、破産事件でも、破産手続き中に、除外して居た債権者が正しく名乗り出られれば、債権者として、正しく扱う以外認められないように」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年12月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678356
ユニークアクセス:5842961
今日
ページビュー:1304
ユニークアクセス:1297
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed