エントリー

経済事犯事件は、国税、税務署上層部に、犯罪利得、脱税事実を持ち、徴税目的調査を求めれば

  • 2022/10/02 07:32

一昨年8月11日に起きた、北海道警察所属、山本巡査による、一方的追突傷害事件でも、幾つもの損保、司法共謀の、対人賠償犯罪で踏み倒し、これ用の犯罪が手掛けられて、通常成功させられる、筈の悪事だから、犯罪責任逃れさせられている通りです、主治医の医療行為、診断を、自賠責事業、損保職員、らしい、身分不詳者が「虚偽の後遺傷害等の受傷との診断だ!犯罪診断と、一審判決で、後遺症に該当する受傷も、判決に書いて居ないから?判決が正しいので、後遺症に該当する受傷は虚偽だ、犯罪診断を武器、犯罪判決も加えて、こう犯罪者診断?に走り、後遺症を潰す暴挙を重ねている通りです」

そして「山本巡査、加入する共栄火災、斉田提携弁護士、一審裁判官は”自賠責の範囲を超えて、189万円、対人賠償金支払いした、30万円弱過払いだった、もう債務は無い”と、虚偽の訴訟提起して、地裁裁判官は、司法詐欺訴訟事実、証拠を出されて逆上して、口頭弁論開始、審理潰しで、事実無根で、訴訟提起内容が全て正しいと判決!」

で、控訴の提起して「189万円支払いは、被害車両が加入の、東京海上日動自動車保険、人身傷害特約が、自賠責基準に準じた補償金額一定額を、加害者不払い故、仮支払いした、との証拠を出しており、又”この立て替え支払いした、対人賠償金の一定額を、加害側から法廷内外で回収する、と記載した証拠も出している通りです”」

法に沿うと「山本巡査、共栄火災、提携弁護士斉田、一審裁判官は「確信犯で、対人賠償債務詐欺抹殺目論見の訴訟詐欺を提起、詐欺訴訟と承知の上で、合法な訴訟提起、提起内容で有ると、詐欺と確信犯判決!で有り、国が犯罪行為責任を、正しく法に沿い、取らせる責任を負って居る、司法疑獄犯罪と証明されている事件です」

この経済事犯の一端犯罪も「税務署に訴えて有り、189万円を支出したのは山本巡査、共栄火災、東京海上日動の何処か?の調査証明と、加害側が拠出なら、が前提で、30万円過払いだ、との主張に合法根拠が有れば、損害賠償金受領では無いから、納税対象金取得扱いとなると、北税務署が伝えている通りです」

この、山本巡査、共栄火災、斉田弁護士、地裁裁判官が共謀の「経済事犯事件も”税務署に、徴税目的調査の求めを出して、犯罪利得と言う資金は、誰が、何処に流したのか?証明させて、犯罪利得と主張する根拠証拠を、当事者から出させて、徴税対象資金か否か、虚偽の経済事犯事件捏造化も、正しく立証させれば良いのです”」

法を犯して得た収益なら、刑法第19、刑事事件で扱わない、犯罪の類いの収益は、刑法第20条を適用させて、全額没収か、徴税実施が法の規定だから。

この事件は、絵に描いた訴訟詐欺で有り、故意に訴訟詐欺を提起して、詐欺と承知で、合法な訴訟と詐欺判決を下して居る、司法疑獄犯罪事件です、税務署も徴税目的調査に、司法疑獄経済事件でっち上げも、徴税目的調査をさせないで、成功させて有るだけだから。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年12月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678322
ユニークアクセス:5842927
今日
ページビュー:1270
ユニークアクセス:1263
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed