エントリー

損保と公権力が共謀、賠償金踏み倒し用犯罪を常とさせて有る

  • 2022/10/03 07:53

損保、警察、司法、国土交通省、厚生労働省、金融庁、法務省ら共謀、損保が公権力を指揮、この形、組み合わせ、指揮、命令系統での犯罪は「損保、損保の下僕自賠責、労災事業が”合法な対人賠償、補償金支払いせず、おおっぴらに、犯罪を公権力が指揮して凶行、を武器とさせて、踏み倒して通せるように”これを全ての目論見、とさせた、損保が指揮、公権力が唯々諾々と、損保の下僕、犯罪実行担当で凶行三昧、が真実です」

損保、合わせて自賠責、労災事業が「合法な対人賠償、補償金支払いせず、犯罪を武器とさせて、大手を振って踏み倒して逃げられるように、この手の犯罪のノウハウは、損保しか持って居ないから、損保が公権力を、対人賠償、補償金踏み倒し目論見犯罪実行、指揮役で動かして、公権力が賠償踏み倒し、が正しいと決めた!と偽装を成功させて有ると」

通常は、この損保が賠償踏み倒し目論見で、警察、司法、医師、自賠責、労災事業、健康保険事業の、賠償踏み倒し用総指揮を執り、これ等共犯公権力が、損保様の犯罪指揮を、無条件で受けて、各々が、対人賠償、補償金踏み倒しを成功させる為の犯罪に、常に走って成功、が仕組まれて居るのだけれど。

犯罪でしか無いから「この、対人賠償犯罪で強引に踏み倒し、を成功させて有る、一連の公権力が、犯罪で対人賠償踏み倒し目論見犯罪実行、には、合憲、合法は微塵も無いので”証拠の合否で争う事を、強引に潰して来ているし、どうしようも無い、対人賠償犯罪で踏み倒し、が暴かれた等の事態の危険が生じると、損害保険金詐欺冤罪をでっち上げて”不都合な被害者側を、粛清して逃げて来て居ます」

この、損保が指揮、警察、司法、報道カルトが共謀の、損害保険金詐欺冤罪も「損害保険金詐欺を狙いました、損害保険金詐欺を働きましたと、事実証拠無視で、自供させて、自供しなくても、総指揮を執る損保、提携弁護士が”こいつが当損保に、損害保険金詐欺目論見請求したんだ”と告訴告発すれば、警察、検事、刑事、民亊担当裁判官が共謀して、損害保険金詐欺冤罪で粛清常時、ここまでのテロが仕組まれて有るから、常時この損保指揮、警察、司法他、公権力テロも、常に成功させられて来て居る訳です」

損害保険金詐欺冤罪捏造も「詐欺と言う証拠等、一切不要で”詐欺に手を染めました、と、虚偽自白させれば詐欺確定”だし、自白させられ無くても、損保、提携弁護士が、損害保険金詐欺事件、と告訴告発すれば、普通は詐欺で有罪に落とせて来た訳です、警察、検事、検察庁、刑事、民亊担当裁判官、裁判所、主治医、自賠責、労災事業も、犯罪の総指揮は、損保が執って居るからです」

この国家テロ犯罪権力が、損保犯罪指揮下に入れられて居ないのが「国税庁、税務署です、下はどうにか出来ても、上は、損保用犯罪の指揮下に入れられて居ませんが”昨年の重過失傷害事件で、東京海上日動、提携弁護士は、被疑者死後、相続人犯罪者と共謀して、警察、司法も共謀して、巨額の遺産資金隠匿、高額脱税にも手を染めた訳です、合法な徴税実施となれば、合法な高額対人賠償しなければならないから、相続税脱税で逃げる必要が生じたからです」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2023年02月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6744681
ユニークアクセス:5908183
今日
ページビュー:1046
ユニークアクセス:963
昨日
ページビュー:1315
ユニークアクセス:1292

Feed