エントリー

司法犯罪実例、証拠を、公に使うと、同様の犯罪は、訴追不可能も生まれる

  • 2022/10/03 08:54

損保が警察、司法を指揮下に置いて、必要な犯罪の指揮を執り、公権力が、唯々諾々と、損保が死した権力犯罪凶行に、常に走るから、損保、自賠責、労災事業は、大手を振り、対人賠償支払いを、権力ぐるみ犯罪で、常に踏み倒し出来ている、公開して有る事実です。

こう言った、司法、警察が共謀犯での、犯罪を正当と、職権を悪用して捏造して、損保等指揮、犯罪指揮に従い、合法を犯罪とでっち上げる、犯罪なのに、適法犯罪と、強制でっち上げ判決で逃がす、最後の武器は、司法犯罪適法判決!事件事実証拠を、同様の事件で、正しい事実、証拠を武器とさせて使えば。

被疑者設定者を逮捕!して、外部からの、正しい救済の手を、身柄拘束と言う、冤罪で自由を奪うと言う、警察、司法犯罪で、冤罪なのに自由を奪い、冤罪で有罪に落とす、警察、司法テロから救われる、正しい司法、警察他、同様の犯罪の制度化事実、証拠等を入手も出来なくさせて、冤罪を自白等させるか、無罪証拠は使わせず、やった、やらないだけで、刑事裁判、民事裁判共、冤罪を成功させる為の罠、で、こう言う争いごっこさせて、罠に落として成功、が通らない状態。

昨年3月29日の、焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件でも、加害責任者が加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償と、弁護士特約を、法人に届けた、故人が購入焼却炉だから、自家用自動車保険は不適用なのに、違法適用させて、高額の対人賠償金を、法を犯した手で不払い成功目論見で。

東京海上日動札幌損害サービス第4課、永井課長、伴担当、今は木村課長補佐と、提携弁護士連中、被疑者死後は息子が結託して「焼却炉は、被害者か、被害者経営法人が、実は購入した(刑事が被疑者に、こう自供を強要していた)被疑者から無償で貰った機器だ(息子相続人、東海、提携弁護士がでっち上げている、税務署は否定済み)よって被害者は、被疑者が購入の機器と嘘を吐き、被疑者が加入、東京海上日動自家用自動車保険に、詐欺目的で違法請求した、詐欺事件だ!」

こう、損保東海伴の捜査指揮で、被害者を冤罪で、損害保険金詐欺犯に落としに「被疑者に、実は被害者が購入したz焼却炉です、故意に事故を起こして、被疑者がこうにゅと嘘を吐いて、被疑者が加入の東海自家用自動車保険に、被害者が、損害保険金詐欺目論見で請求したんです」

こう、虚偽自白させようと、昨年12月3日まで、虚偽自供を取り、被害者を損害保険金詐欺犯に、冤罪で落とそうと、走って来た、高額の対人賠償を踏み倒す目論見で、ここまでの犯罪に走って来た訳です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年12月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678248
ユニークアクセス:5842853
今日
ページビュー:1196
ユニークアクセス:1189
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed