エントリー

多くの犯罪を、損保、提携弁護士が、捜査機関も指揮して隠蔽、抹殺工作等も

  • 2022/11/24 11:53

初めの犯罪は、自家用自動車保険、日常生活賠償特約への、私による詐欺請求事件でっち上げ、東京海上日動自家用自動車保険、従兄が加入の、この損害保険特約に、私が詐欺目的で、支払い請求したと、東京海上日動、提携弁護士、捜査機関が、虚偽の詐欺事件をでっち上げて、私を陥れに走った事件、が発端です。

ですが、この東京海上日動自家用自動車保険、私は被保険者不適格だと、従兄、重過失傷害事件加害者が、対人賠償債務支払いした分に付いて、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償に、支払い請求出来る損害保険だ、と、何度も教えたが、東京海上日動、提携弁護士、警察等に、この程度すら理解に至れる、も備わって居ないと言う、で。

刑事二名-東京海上日動から聞いて居て、捜査指揮を受けて居る、お前は金に困った従兄に頼まれて、故意に傷害事件を起こして被害者になり、お前が従兄が加入の、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約に、支払うよう請求手続きを取っただろ!東京海上日動から聞いて知って居るんだ!捜査指揮は、東京海上日動が執って居るんだ!!

で「被疑者が捜査機関に、証拠で出して有った物の中に”焼却炉は、被疑者の息子ワイエ×商会社長になって居る法人に納品した”との証拠と、被疑者に東京海上日動から文書で”自家用自動車保険が、当事者xxxx、xxxxで適用出来ます”と認められて居るし、被疑者は当事者間示談書も、示談済み分支払い証拠も、被疑者が東京海上日動に、既払い分支払い請求した証拠も出して有りました”」

つまり「東京海上日動、提携弁護士、警察による悪行は、正しい事実、証拠により、暴かれて居ると言う事でも有ります、ここまで損保東京海上日動、提携弁護士、捜査機関犯罪を、公式に表で証明すれば、太刀打ち方法、向こう側には、テロで粛清位しか」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年12月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678270
ユニークアクセス:5842875
今日
ページビュー:1218
ユニークアクセス:1211
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed