エントリー

損保、警察、司法による、只の犯罪を制度度強制捏造、別の新設制度

  • 2022/11/30 07:52

東京海上日動、提携弁護士、警察の一部らにより「只の泥棒、強盗も”自分が所有者だと言えば、自由に凶行して通る、窃盗、強盗自由化”も、公に実現されて居ます」

この、憲法第29条から破壊させての、他者の財産窃盗、強盗の適法化実現は「他者の管理場所にある動産等を、何処にも合法根拠も無しで”xxの場所にあるxxは、自分が所有者だ”と言うだけで、窃盗、強盗して通せる、但し”立ち入り禁止”と掲示が有ると、窃盗、強盗が出来ない縛りが有ると言う、札幌地方裁判所、令和4年(ワ)第1930号、被告準備書面に記載された、実際の犯行自白と、窃盗、強盗しくじり理由の記載と、この所業は、東京海上日動、提携弁護士、警察の一部が、ワイエx商会社長と共謀して手を汚して、自供分を裁判で出した、被告準備書面に記載して有る、只の窃盗、強盗が正しい、と、実行犯らで書いて出した事実と」

裁判官、警察の一部で、正しい窃盗、強盗と、口頭で認めて居て「立ち入り禁止の掲示さえなければ、この手で窃盗、強盗して、合法に自己所有動産等回収だ!で通されるとの、実例作りが果たされた、流石損保が指揮、東京海上日動と、提携弁護士が指揮して、実例によって新設した、窃盗、強盗の制度化です、が」

地域課は「只の窃盗、強盗事件と扱い、機器設置場所と、盗犯自宅のパトロールに務めて居るんですよね、刑法規定を正しく適用させて、裁判にも実行未遂、自白準備書面も出して、損保、警察、司法創出、泥棒、強盗正当化の新制度作りを、なのに?」

「立ち入り禁止」と掲示して居なければ「他者の管理場所にある動産等を、自分が所有者だ、と自分で勝手に言うだけで、窃盗、強盗して正しい事と、法を犯して警察、司法ででっち上げで決めて、通してくれる実例です、が」

何しろ「実例を文面に書いて、裁判所に準備書面で出して、東京海上日動、提携弁護士、ワイエx商会社長の犯行との設定で、実行未遂を記載した書面も出して、裁判官、警察の一部が、窃盗未遂なのに、正しい泥棒で通してと」

これ等、損保が犯罪を制度化しようと、警察、司法を指揮して、犯罪の制度化実現、犯罪し放題実現!の再現事件ですが「地域課は、窃盗、強盗と扱い、再犯防止に動いて居ます、刑事三課盗犯係、枡谷警部補らは、この窃盗、強盗の新制度化損保、警察、司法犯罪の新設の合否から、逃げ回るばかりとなって居ます」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2023年02月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6744704
ユニークアクセス:5908206
今日
ページビュー:1069
ユニークアクセス:986
昨日
ページビュー:1315
ユニークアクセス:1292

Feed