エントリー

公序良俗に、完全に反している、人身加害行為で被害者言い掛かり攻撃、実刑を喰うよね

  • 2021/06/05 06:39

交通事故辯護士相談ダイヤルに(刑事事件で、弁護士費用拠出も出来る筈、検索で)「弁護士費用拠出特約には”加害者の弁護士費用を、民事事件に限定とは、特に決まって居ない”刑事事件加害者弁護士費用も、出せない訳では無い、特に決まった特約では無い故」

こう書いて有ります、又「あろう事か”損保任意自動車保険で、加害者に刑事弁護費用も拠出する”損保、任意自動車保険商品、特約も出ている、との事ですが、完全な反社会的事業でしょう、人を死傷させて、刑事事件加害行為者となったら、広く国民から集めている保険料収入から、対人加害行為者に、刑事、民事弁護士費用を拠出するって、公共性を完全に蹂躙して居ます」

この件「自動車が原因の対人加害行為事件では”主治医に治療記録、診断書を、実際の受傷、受傷程度無視で、怪我の原因を常に不明と故意にさせて、これを常時成功させる為に、主治医への受傷原因証明、補充医療捜査絶対せず”を武器で上記使えており、自動車が原因の対人事件では、死傷被害者が出る事は無い、上記の手で、山のように刑事事件証拠?判例を作って有る故だ、この刑訴法詐欺実例証拠、が大前提で、交通事故対人加害事件で、任意自動車保険特約に、加害者に刑事、民事弁護士費用を拠出出来る、として居る訳です」

交通事故事件加害者は、車の事故で被害者が死傷する事は無いと、山のように、常時判例を積み上げられて居るから「無責が大前提として有ります、よって”自動車による、対人加害事件加害者は、冤罪被害者と言う、でっち上げ設定が大前提なのです”ですから、交通事故人身加害者は、本当は存在する訳が無いので、冤罪に落とされそうになって居る、人権犯罪被害者と言う、でっち上げ設定者なのです」

無責の交通事故人身加害者ですから「公共性を旨とする、任意自動車保険で、刑事、民事共に、集めた保険料から、無責の対人交通事故加害者に、弁護士費用を拠出して、刑事、民事事件弁護させる事は、正義に適った事業、と言うでっち上げ設定です」

この話でも、実に飛んでも無い警察、司法、法務省テロ犯罪ですが「個人賠償責任保険適用対人加害事件は”加害者は無責と、犯罪を重ねて闇設定は、されて居ませんよ”でも、人身交通事故事件、加害者は無責闇で犯罪を重ね、判例を常時作って、これが合法と捏造と、同じ刑訴法詐欺で通る、と錯覚したんでしょうね」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745456
ユニークアクセス:4919333
今日
ページビュー:2681
ユニークアクセス:2637
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed