エントリー

傷害事件でも、損保と顧問弁護士が、加害者無責を事件捜査で捏造させられると

  • 2021/06/07 07:18

人身交通事故事件は「太陽光発電への投資、を謳った詐欺の広告塔、小泉元首相ら、法務省、警察庁、法曹権力等が、損保の支配下にはいり”公の制度作り?に走り、交通事故で怪我を負う被害者は居ない”常時これが成功するように、医証偽造と事実証拠隠滅、交通事故で怪我を負った被害者は、実質居ないと捏造する事が常、と仕組み」

人身交通事故事件の捜査は「被害者が交通事故により、怪我を負い、治療継続中、この証拠、証明せず、事件後20日位までに、上記詐欺で、虚偽だった人身交通事故事件、とした、捜査記録を作成して、送致する不文律の徹底に成功せて、今に至って居る訳です」

通常の、対人加害事件、傷害事件で有れば、次の対人交通事故事件、常時加害者は無責、交通事故で怪我を負った被害者は、実質ゼロで存在せず、と常時捏造して、確定、とはなって居ません。

他者から犯罪を受けて、受傷被害を負った被害者の主治医へ、捜査員が補充捜査も掛けるし、受傷原因にしても、徹底して、怪我を負わせられた正しい根拠等の証明にも動きます、人身交通事故事件のような”交通事故が原因で、被害者が怪我を負い、治療中と、故意に証拠を作らせず、証拠負揃えず”交通事故が原因で、怪我を負った被害者が、実質存在しない事件証拠、記録だけ作り続けて有る、よって加害者は、常に実質無責で決定、正式刑事訴追はしない不文律としてある、被害者は賠償詐欺犯罪者、損保は対人賠償自由に踏み倒して、これを果たす為、詐欺犯被害者に、どんな言い掛かり犯罪攻撃しても、犯罪責任を負わない、正義の損保、顧問弁護士だからだ、これで常時成功とは、出来ないです。

人身交通事故事件は「正しい事件捜査を、故意に、常時しない不文律で、交通二課が捜査を担って居ますが”初めから、交通事故で怪我を負う事は無い、加害者は無責、実質無責だ”このでっち上げを、捜査で捏造するからくりでの、やらせ捜査です、指揮する損保、顧問弁護士が、対人賠償踏み倒しを、公然と果たせるように、が目的の、刑事訴訟法捜査でっちあげ常時犯罪です」

他の傷害罪事件は「今後、損保が、個人賠償適用加害者、傷害罪加害者も、人相手の加害行為で怪我を負う人間は居ない、こうでっち上げて通せるように、加害者に刑事、民事共”損保が弁護士を指揮して、傷害罪加害は虚言、人相手に攻撃を加えて、怪我を負う人間は居ない”ように、刑事一課捜査員に、事件捏造捜査を常時行わせて、傷害罪、傷害致死罪加害者も、常時実質無責、正式訴追せず、被害者は賠償金狙いの詐欺犯罪者と、この手で常時決めて、損保と弁護士、違法で、賠償潰し用追加犯罪で追い込みも、常時成功、こう出来るのか、のスタート時点です」

損保が集めた損害保険料から「賠償支払いを、犯罪によって潰す目論見で、損保の指揮で動く以外認めない、刑事、民事事件弁護士を、加害者に就けて、事件を違法捜査しても居る、極悪非道な現実が、悪化の一途を辿り続けて居ます」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745740
ユニークアクセス:4919617
今日
ページビュー:0
ユニークアクセス:0
昨日
ページビュー:2965
ユニークアクセス:2921

Feed