エントリー

個人賠償特約、培養踏み倒し用武器が、人身交通事故事件と違い、無いので必死

  • 2021/06/20 08:04

自転車を含めた交通事故事件、労働災害、労災適用以外の「傷害事件も含めて、加害責任者、被保険者が負った賠償債務を補填する、個人賠償事業は、卯木の損保、提携弁護士犯罪特権が使えません」

損保が持てて居る特権、”人身交通事故事件の場合、自賠責事業が先行、国の補償事業が先行”こう言う構図なので、損保が国の補償事業を、正しく代行する建前、現実は全く違って、犯罪を凶行出来る武器に悪用、国の事業代行特権で、ですが、個人賠償特約が、傷害事件加害者、被保険者が負った賠償債務支払いする、この保険が適用となる事件では、加害者被保険者、被害者、傷害事件被害者に対して、個人賠償損保は、被保険者が負った債務の補填以外、出来る事は有りません”自賠責事業は適用出来ないので”損保、提携弁護士は、国の補償事業委託を受けて居る、この強権が使えないんです。

この事実を、私に証明されて「加害責任者、被保険者に”個人賠償特約が適用出来る、弁護士特約を動かすから、弁護士からの白紙委任状を送るから、損保が事件を指揮するが、被保険者が弁護士を委任して、事件を仕切ると嘘を吐き、傀儡で弁護士委任状に署名、押印しろ!”この手口も公開で弁護士法違反、損保、提携弁護士共々、等証明されて、成功の可能性がほぼ消えていて」

個人賠償特約損保は、被害者への「あくまでも法の根拠の無い、任意の調査も、被害者に対して蹴っており、被害者は行為で調査会社の調査は合意したけれど、損保が蹴って、もう被害者と損保に、関わりを持つ事は無い通告も出して下さり、縁が切れている状況が生まれて居まして」

個人賠償特約損保、提携弁護士は「被保険者相手に”文書も出せず、法律根拠も示せず、何か知らないが、調査させろ、誰相手かも言えず、調査させろ、調査に応じないなら、被保険者が賠償債務支払いして、個人賠償に請求を寄越しても、法の根拠は無いが、支払いに応じないからなと、口頭で迫って居ると言う”」

でも「損保として、これ等要求、通告を、文書にして出せない訳です、何処にも合法根拠が無いので、つまり”言い掛かりと言う事です”契約違反、これに尽きる所業です、正業では全く無い、犯罪商売と言う証明です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745650
ユニークアクセス:4919527
今日
ページビュー:2875
ユニークアクセス:2831
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed