エントリー

根本の原因、人身傷害事件無責捏造の武器は、違法を重ねた刑事事件捜査に有る

  • 2021/06/29 10:01

損保、提携弁護士、民事裁判官、裁判所による、定番とされている犯罪「車で人体に危害を加えた事件、を中心として”傷害事件で、被害者が人体に怪我を負った事実、証拠は、刑事事件捜査証拠、記録上無い”主治医、医療機関に対して、第三者行為傷害被害での受傷”の、強い可能性、医学的証拠を、故意に揃えず、傷害事件被害を常時抹殺して有るからだ、よって、第三者行為傷害加害、被害は存在せず、賠償責任、賠償件は無い!と、常時でっち上げ決定、判決が下せても居る」

極悪非道を超えた「他者により、人体に危害を加えられて、死傷した、傷害、傷害致死被害の抹殺、この犯罪抹殺刑事事件捜査、捏造捜査証拠を使った、合法賠償踏み倒し常時、権力テロです」

傷害事件が起きた事を、医学的証拠隠滅、抹殺を常に成功させる、警察、司法、法務省犯罪の手が、常時凶行されて居る、恐ろしい警察、司法、法務省共謀テロ犯罪です。

ここまで損保、提携弁護士、民事裁判官、裁判所用の、傷害加害、被害抹殺、刑事事件詐欺捜査と言う武器を、常時捏造して、成功させて有り、損保、提携弁護士、民事裁判官、裁判所に悪用させて、傷害事件は刑事、民亊共存在せず、賠償不要を成功させて有る事を、都合4件の傷害事件を組み合わせられて、合否判断を、国土交通省自賠責事業、任意自動車保険事業、主治医、治療先医療機関作成証拠、正しい傷害事件捜査証拠を揃えて、合否を判断させられるのです。

平成20年10月21日の、追突人身交通事故での受傷が、今も強く残存して居る、平成25年12月20日、令和2年8月11日の、人身交通事故事件での受傷は虚偽、この、人身傷害特約任意損保による、独善決定、自賠法も持ち出した決定が、合法化違法、でっち上げた自賠法を持った決定か?と、この3傷害事件、全部医学的証拠を故意に揃えていない事実と、併せて合否が証明される訳です。

そして、消された平成25年12月20日の、右折暴走車両による、人身被害事件での後遺症も下りた事件も、全て組み合わせて合否が証明されますし「3月29日の、重量物転倒による、人身事故の責任の一端も、3件の人身交通事故受傷の怪我の、どれが影響を与えたのか、この件も、一定答えが出る訳です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5680422
ユニークアクセス:4855195
今日
ページビュー:587
ユニークアクセス:577
昨日
ページビュー:1534
ユニークアクセス:1471

Feed