エントリー

過去の人身交通事故事件受傷が、一生”治癒せず”と、医学無視で武器で通って居る

  • 2021/06/29 15:32

一回交通事故で怪我を負い、補償、賠償を受けると「一生”その後の交通事故受傷、第三者行為傷害被害受傷で、一回受けた交通事故が原因の、怪我が強く残存して居る”その後の第三者行為傷害受傷は虚偽、賠償詐欺だ!こう、実際でっち上げられ、決めて通されています」

こう出来て、常時成功させられて居る理由は「傷害事件で有る事を、被害者の主治医、治療、検査先医療機関への捜査を故意にせず、医学的に証明しない手、これを武器とさせて有るのです”傷害事件、傷害事件加害、被害の、医学的証明は無いと、常時捜査捏造の手で、仕組み、成功させて有る”この手口が武器です」

ですから「傷害事件の証明を、故意にせず、傷害事件は無いと捏造で通して有る、この刑事事件記録を武器とさせており”一回だけ、車で怪我を負わされた、刑事事件で違法捜査に走り、証拠、証明は無しで”補償、賠償を、掴み金をぶつけて行って置く、但し、傷害事件で負った怪我、この立証は無しで」

これを行って置いて「二回目以降の、傷害事件加害、被害は”全て一回だけ、傷害事件と、口頭で言うだけ?の事件被害で、補償、賠償を受けた”事件の怪我が残存して居るのである、二回目以降の、傷害事件での受傷は嘘、賠償詐欺だ!これを成功させて有ると言う」

この、極悪な刑事事件でっち上げ、捏造捜査、刑事記録を武器とさせての、警察、司法が、損保、提携弁護士用に手を汚して有る、権力犯罪の手を「公開で、3件の人身交通事故事件で使い、成功させようとされています、昨年の一軒の事件は、加害者は警察官、事件捜査は、警察官が勤務する警察署、と言う構図での、権力犯罪事件です」

この傷害事件と、平成25年12月20日の、車による傷害事件は、共に受傷など負って居ない、平成20年10月21日の、追突被害交通事故で負った怪我が、強く残存して居るのである、こう、医学的根拠証拠を、故意に揃えていない事を武器とさせて、損保、警察、司法が、何時も通り共謀犯となって居て、事実と強制捏造に走って居ます。

昨年の、追突による受傷、治療、治癒せずで治療打ち切りに付いて、主治医複数から、詳しい診断書も出して頂く手筈となって居ます「平成20年10月21日の、追突による受傷なのか?医学的証明書が、ちゃんと出るから、警察、検事の捜査、違法捜査へも波及します、一気に、大きく波及します」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5680291
ユニークアクセス:4855072
今日
ページビュー:456
ユニークアクセス:454
昨日
ページビュー:1534
ユニークアクセス:1471

Feed