エントリー

素因の競合、言い掛かりの極み、弁護士用の司法犯罪

  • 2021/06/30 15:33

車で人体に危害を加えられると、素因の競合なる、要するに「損保、提携弁護士が、傷害罪責任を消せている、言い掛かりでの、傷害罪抹殺虚言に走る訳です”他の怪我、病気が、過去に有った事を見つけ出せた”交通事故で怪我を負った訳では無い!オカルト詭弁が、実際通せています」

この、オカルト損保、提携弁護士犯罪、合法賠償を、好きなように踏み倒せて、通されて居る、車で人体に危害を加えても、人は死傷しない、別の怪我、病気が原因だ、素因の競合なる、オカルト損保、提携弁護士、裁判官共謀診断が常に通って居る、理由は。

人身交通事故事件の、刑事事件捜査で「基本、車で人体に危害を加えた、怪我を負った事を、故意に医学的証明せず、この詐欺事件捜査が、絶対的武器とされて居るからです」

車で人体に危害を加えた事件は、基本傷害罪事件である証明、主治医、治療先へも捜査をしない不文律、と闇で仕組んで有り「加害者は、この警察、司法犯罪の武器、刑事事件犯罪捜査記録写しを使い、素因の競合”車で人体に危害を加えた事件で、被害者は死傷した事実、立証無し”刑事事件捜査でこう捏造して有り、事実で通されて居る、よって、死傷原因は、車での、人体への危害では無く、素因の競合、別の傷病、受傷が原因だ、これで通せているのです」

令和2年8月11日の、警察官が意識を飛ばし、トラック後部に突っ込んで来て、乗員が怪我を負い、治療を重ねたが「治癒せずで、治療費他を打ち切りされて、後遺症審査請求手続きを取ったら」

令和2年8月11日の、車が突っ込んだ事件で、突っ込まれたトラックの乗員は怪我を負ってはいない、平成20年10月21日に、居眠り運転のトラックに突っ込まれて怪我を負い、後遺症が下りている、この時の怪我が、重く残存して居て、悪化した事での怪我だと、人身傷害損保が、自賠法規定による決定だと、この決定を出して居ます。

素因の競合、賠償論、と言う実例です「この、オカルト診断が絶対、賠償論が絶対だ、で通されて居る事実が有るのに”加害者は無責だと、公式に、車で人を死傷させた事件の初めに、何故か警察、司法は、扱って居ません”オカルト犯罪だと、知って居るからです、車で人体に危害を加えても、人は死傷して居ない、詐欺刑事事件捜査で、この捏造捜査をでっち上げて送致して、不起訴、略式起訴、過料制裁で逃がして、正式刑事裁判をせず」

民事の賠償で、この詐欺捜査資料、決定を武器で使い、加害者刑事、民亊とも無責、よって賠償は不要だ!を、常時成功させて有るのです。

このオカルト素因の競合、賠償論を、3件の人身交通事故事件の、自賠責への請求書類等を合わせて使い、素因の競合が正しいか、言い掛かりか、自賠責事業から、答えを出して行きます、刑事事件捜査にも、大きく反映されるし、冤罪らしいから、素因の競合が正しいらしいんで、昨年8月11日の傷害事件加害者も、冤罪らしいし。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5680468
ユニークアクセス:4855241
今日
ページビュー:633
ユニークアクセス:623
昨日
ページビュー:1534
ユニークアクセス:1471

Feed