エントリー

医師法と素因の競合、賠償論と、この対決、素因の競合が勝って来た、刑事事件捜査、送致、処分が詐欺故

  • 2021/07/01 06:10

人身交通事故事件、傷害、傷害致死事件です、個人賠償特約適用事件のうち、傷害事件、傷害致死事件が起きた後「闇で損保、提携弁護士が、刑事事件詐欺捜査の指揮を執り、刑事、検事、検察庁、刑事、民事裁判官、裁判所が”損保、提携弁護士の指揮下に入り、対人賠償を踏み倒せるように、傷害事件の被害者は、第三者行為傷害被害を、人体に受けたが、人体に被害は受けて居ない”と、主治医、治療先への、医学的人体被害証明、証拠を揃える、必須捜査を故意にせず」

第三者行為傷害危害を、人の体に加えても、人は死傷したりしない、山のような「詐欺犯罪傷害事件捜査、捏造捜査、送致、犯罪処分ほぼせず、障害事実が無いと、偽装事件捜査で、常時でして有るから、これで決定を重ねて居るんです、後は」

この、やらせ刑事事件捜査証拠、処分実質無し、傷害事件は無い故、と言う、刑事訴訟法手続き証拠の写しを「事前に、こうなるように、国中統一で仕組んで有る、詐欺刑事事件捜査証拠、詐欺実質無責処分証拠の写しを”損害賠償を踏み倒す武器で、損保、提携弁護士に、写しで提供するからくりです”後は」

民事事件裁判官、裁判所も加わり「お前が第三者行為傷害事件で、人体に危害を加えられて、治療を重ねた等は嘘だ”この刑事事件捜査記録、決定が証拠だ”お前はこの傷害事件で、怪我を負った事実、証拠は無い、賠償詐欺だ、掴み金だけくれてやる、それで諦めろ!」

こう、常時と言えるだけ「損保、提携弁護士が、詐欺傷害事件捜査を指揮して、この警察、司法犯罪刑事事件捏造捜査、詐欺処分実質無し決定、この詐欺刑事事件扱い証拠写しを悪用させた、刑事、民亊とも無責、多少の掴み金だけ、被害者偽装犯?に投げ与えて賠償終了を、ずっと成功させて来ています」

この犯罪に加えられてあるのが「素因の競合と言う、オカルト損保、提携弁護士、裁判官による、犯罪第三者行為傷害抹殺用診断?です”第三者行為傷害被害で、被害者は怪我を負う事は無い、他の怪我、病気が原因だ!”お前が過去に、こう言う怪我を負い、賠償を受けた事を探し出したぞ、この怪我が悪化して、怪我の症状が続いているのが事実で、今回の傷害事件でお前は怪我を負ってはいない、賠償詐欺だ!」

これに走ると、通せて居ると言う、医師法、医学の否定、オカルト犯罪が、損保、提携弁護士の警察、司法刑事、民事訴訟方式により、成功させられて居ます。

これを成功させて有る、最大の武器が「傷害事件と言う事を、主治医、治療先への捜査をせず、の手で抹殺して、加害者刑事、民亊とも無責証拠作りだけに勤しむ、犯罪刑事事件捜査、傷害罪事実無し、実際には決定なのです」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703151
ユニークアクセス:4877487
今日
ページビュー:157
ユニークアクセス:157
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed