エントリー

医師法破壊、素因の競合で果たすべく実例、複数の傷害事件が絡んで

  • 2021/07/01 06:32

昨年8月11日に起きた、札幌方面東警察署留置管理勤務、警察官による、運転中に意識を飛ばして、信号を待って居た私の乗るトラック後部に、急発進して激突した、傷害事件で、加害者、加害者加入損保は”詐欺刑事事件捜査を承知なので、ほぼ賠償せず、逃げて通って居ます”車で人体に危害を加えても、人は怪我を負わないと、捏造で常時刑事事件捜査を通し、送致、検事はあらかじめ、このやらせ傷害事件無し!捜査記録で送致を承知だから」

傷害事件と、故意に証明せず送致、と言う、傷害事件容疑加害者は無責との、送致捜査資料により、実質無罪決定、この事件でも通されている通りです「この詐欺刑事事件捜査、実際は無罪決定、写し証拠が有りますから”加害者には、傷害事件刑事、民亊共、加害責任は無くさせて有るんです”」

で「トラックに掛かって居る、任意自動車保険、人身賠償特約で、一定の補償を受けたけれど、賠償論規定?が絶対とされており、治療途中で補償打ち切り、後遺症申請したら」

お前は平成20年10月21日に、追突されて怪我を負い、後遺症が下りているだろ!この怪我が強く残存して居るのが事実だ、昨年の追突事件で、お前は怪我を負って居ない、後遺症も当然無い、賠償詐欺だ!と、人身傷害特約、任意損保が独善で決定したと言う。

ですが「平成25年12月20日に、右折暴走車両に横っ腹に突っ込まれて、怪我を負って治療を重ね、治癒せず、後遺症申請して、後遺症が下りている事件は”違法な自賠責事業情報入手だから?情報を取る前提情報が無くて入手出来なかった”結果、とてもおかしな言い掛かり、素因の競合の持ち出し事件となって居ます」

昨年8月11日の、警察官による追突事件での、負った怪我の治療と、他院での各検査に付いて主治医3人から診断書を出して頂く手筈を取って有ります「医学的に、素因の競合と対決させる為です、この手と」

平成20年10月21日、平成25年12月20日、令和2年8月11日の、車による傷害事件受傷による、自賠責への補償請求手続き等書類全てを使った「後遺症再審査請求手続きも、上記診断書、人身傷害特約での決定書も合わせて、後遺症再審査を、自賠責事業で行って貰う手続きも取って有ります」

一体「どの傷害事件で負った怪我、が正しいのか?医学と賠償論、素因の競合、詐欺刑事事件捜査と詐欺処分せず決定と、併せて複数答えが出るでしょう」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703321
ユニークアクセス:4877657
今日
ページビュー:327
ユニークアクセス:327
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed