エントリー

個人賠償適用、傷害事件は、人身交通事故とは別、損保が人身交通事故事件情報悪用は、犯罪です

  • 2021/07/01 07:21

人身交通事故事件は「初めに”自賠責事業と言う、国の補償事業が適用される”任意一括損保、共済が、自賠責事業手続きも代行して、あくまでも”自賠法による、国の補償事業の手続き代行役で”」

こう言う設定となって居ます、が「任意自動車保険、共済事業者が”自賠責事業で保管、一括保管して居る、自賠責事業での補償手続き、被害者らの情報を、任意自動車保険、共済事業で悪用、賠償を言い掛で踏み倒す武器で使う目論見で、自賠責事業の情報を違法に抜き、損保、共済自賠責部署が共謀しての犯罪情報入手”悪要は、自賠法違反、個人情報保護法違反、この情報悪用で、合法賠償潰しに凶行は、恐喝、脅迫、強要犯罪です」

もっと悪質なのは「個人賠償特約が、傷害事件加害者、被保険者に、負った賠償金補填責任を果たす為、適用される傷害事件で、合法賠償支払いを逃れる目論見で”損保、提携弁護士が、自賠責、任意自動車保険適用、被害者情報を違法入手して”素因の競合だだの、傷害事件で受傷は虚偽、賠償詐欺だだのと、実際の通り、言い掛かりの武器で悪用して居る事実です」

損保、共済、提携弁護士連中は「傷害事件で、損保が賠償被保険者への支払い責任を負う事件で”幾つも法を犯して、被害者の診療情報、自賠責、任意自動車保険適用情報を、闇で入手して”賠償踏み倒しの武器で、詐欺刑事事件捜査記録、傷害事件は医学的に無い、捏造事件記録と、この詐欺捜査資料で、傷害罪は無い決定証拠”共々、傷害事件被害者恐喝、脅迫等に、実際悪用し捲って通されています」

人身交通事故事件も含めて、個人賠償が、傷害事件加害者側に適用の事件は特に「こう言った、損保、共済、提携弁護士が指揮を執っての”合法賠償踏み倒しを成功させて有る”複数の犯罪により、傷害事件加害者は、刑事、民亊とも無責”と、実際して貰えて居るから、加害者責任も無いのですよ、実は」

人身交通事故事件の捜査記録から、当事者は写しを取り、検証して下さい「被害者が車によって、人体に怪我を負わされて、長期治療を施されて居る、医学的証拠から無いから、傷害事件は、違法捜査で故意に立証せず、で捜査を終えられて、送致されて居ますから、だから損保、提携弁護士は”個人賠償適用傷害事件も合わせて、傷害事件加害者責任は、実際には無い!”こう打って出て、刑事、民亊共、実質加害者無責で通せて居るんです」

この犯罪と「過去に自賠責で補填を受けた、自賠責保管、違法流出禁止情報の、犯罪目的取得に成功すれば、素因の競合だ、との言い掛かりも、常に通されて居る訳です」

医学を破壊させた「傷害事件で受傷を負ってはいない、過去の怪我が強く残存して居るのだ、今回の傷害事件で怪我を負ったは嘘、賠償詐欺だ、これも通せて居ると言う」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703146
ユニークアクセス:4877482
今日
ページビュー:152
ユニークアクセス:152
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed