エントリー

損保、司法犯罪、傷害事件被害者診断、医学無視、賠償論、素因の競合

  • 2021/07/02 14:29

傷害事件、損保が賠償責任を負う傷害事件は「医学、主治医の診断は”警察、司法が、損保の下僕なので、医師法は無視、故意に適用除外とされています”」

で「賠償論、損保、司法が捏造した、第三者行為傷害による怪我の、でっち上げで決めて有る治療期間内しか、第三者行為傷害受傷治癒まで期間を、主治医の診断、治療を、医療費踏み倒し等を武器とさせ、潰して成功させる、要するに恐喝を行使して、この犯罪診断、怪我の治療強制打ち切りが、常に正しい治療期間限度である、のでっち上げを合法と偽装して有る武器となって居ます」

この犯罪診断、犯罪により、第三者行為傷害の治療を、強制的に打ち切って通って居る、賠償論に加えて「素因の競合、損保、司法犯罪医学?が絶対も、国中で”適法な医学的診断”と、合法を持たないが、強制適用され、通されている犯罪手法も、常時使われて、成功させられて居ます」

素因の競合とは「第三者行為傷害による受傷と言うが”他の怪我が治癒せず、悪化して居るのが原因である、今回の第三者行為傷害が原因の怪我は嘘だ”と、過去の怪我を持ち出して、医学では無い、恐喝、脅迫を、損保、提携弁護士が、被害者に対して凶行して来て”多くの場合、警察、法務省、司法犯罪だから、強引に成功させて有ると言う」

これ等の、単なる恐喝、脅迫犯罪、損保、提携弁護士、傷害事件担当裁判官、民事事件担当裁判官ぐるみで手を染めて、犯罪を重ねて成功させて来てある、恐喝他犯罪なのです。

この損保、警察、司法極悪犯罪実例証拠が、公的機関などにも、広く配布もされて行って居ます、当然の事として「傷害事件で被害者とされた人達も、合法な医学的根拠、これを捜査機関、担当に、強く求めて証明させるべきでは、賠償論、素因の競合等と言う、恐喝、脅迫に屈せず」

傷害事件で被害を加えられた、重い怪我だった被害者の多くは「事件発生、被害者は治療を続けて居る、カ月経過後診断書を作成頂き、賠償論、素因の競合なる、国家権力犯罪診断撲滅目指して動くべきでしょう」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703139
ユニークアクセス:4877475
今日
ページビュー:145
ユニークアクセス:145
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed