エントリー

これで法治国家の警察、司法、法務省

  • 2021/07/03 07:56

憲法、法律破壊、賠償論で医師法を破壊させて有る、損保、共済、提携弁護士、民亊の裁判官、裁判所が「犯罪人身交通事故、傷害事件被害者への、合法賠償踏み倒しを、常に成功させられて居る、絶対的証明公文書、詐欺で構成刑事事件捜査記録、賠償論が正しい医学、であるかのように、闇で仕組まれて居る、合法な医学的、傷害事件と証明する、医療証拠を故意に揃えない手で」

この詐欺捜査恒常実行で、車で人体に危害を加えた、損保が賠償債務補填する傷害事件の場合も「人の肉体に危害を加えても、被害者は死傷しないように”刑事事件詐欺捜査、医学的傷害被害証拠を、故意に揃えず事件捜査終わらせて送致、傷害事件は立証されておらず、加害者は刑事、民亊とも無責確定、刑事事件捜査による”このオカルトを、常時正しいと捏造させて有ると言う」

正気さの欠片も見出せませんが「この詐欺事件捜査恒常実行、常時成功を武器とさせて”自動車運転処罰法特例、軽い被害であれば、刑事罰の適用を逃れる”この特例だけを、基本適用とさせて有ります、傷害事件は無し、よって加害者は、刑事、民亊共無責と公式捏造、決定”後は」

この、詐欺刑事事件捜査証拠、無責決定証拠を、損保、提携弁護士に差し出して「民事の裁判官、裁判所ぐるみで”傷害事件被害は嘘だ、刑事事件捜査証拠で証明されて居る、賠償詐欺だ!”この司法詐欺も成功させて有る訳です」

公権力が、憲法、法律蹂躙刑事、民事訴訟法、事件犯罪扱いに常時手を染めて、傷害事件被害者に対する、対人賠償踏み倒しを、加害者責任抹殺と言う、捏造証拠作りと悪用を持ち、常時成功させて居ると言う事です。

賠償論が絶対の医学、医師法は無効だ、正気の沙汰では無いけれど、これが現実です、法務省、司法、警察が、損保、共済、提携弁護士の、対人賠償踏み倒しが常時成功する、捏造証拠作りと悪用、常時成功とさせて居る、現実に行われて居る、権力テロ実態です。

他者の預金泥棒、遺産、遺産預金泥棒適法と捏造常時、相続遺産分割除外説でっち上げで、この犯罪合法化が果たせた、との法螺で、他者の預金薄み放題、遺産、遺産預金盗み放題を、一昨年暮れまで国中で凶行、金融機関、監督官庁、国税、報道カルト、法務省、法曹権力が、本気で凶行、この犯罪を正しく暴いて証明して、再犯潰し、金融機関からこの犯罪を認めた証拠も、私は入手、どうにも出来なくなり、一昨年暮れに、強制的に止めた、司法他犯罪共々、これがこの国家権力の実態、犯罪恒常実行集団の実態です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703170
ユニークアクセス:4877506
今日
ページビュー:176
ユニークアクセス:176
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed