エントリー

弁護士犯罪国家日本

  • 2021/07/04 08:12

まともな思考、知識を持って居れば「車で人体に危害を加えても”損保、提携弁護士が、賠償踏み倒しを常時成功させられるようにと、人体に危害は加えられる事は無い”等、警察、司法、法務省が、闇ででっち上げ刑事事件捜査手法を捏造して、常時この傷害事件抹殺刑事事件捜査、詐欺捜査を成功させて有る事が、テロ行為と理解しますが」

正義等と、本気で、己らの所業に付いても、正しく認識する思考力と知識、まともさを欠いた弁護士集団は「まるで理解、判断も出来ないでいます”傷害事件、傷害致死事件で有る事を先ず、医学的に立証せず、傷害事件、傷害致死事件で扱える訳が有りませんが、本当にこの大前提も、分かる頭が無いのです」

交通事故事件の正しい捜査、立証も、まるで出来る知識、思考力、判断力から欠落して居る、警察官、弁護士、検事、裁判官、法務省役人「でっち上げた事故状況、ブレーキとタイヤの制動性能は、1960年から不変だ!本気でこの、事故状況捏造常時に走っているし、被害車両の乗員が、怪我を負った事の立証に必要な、主治医、医療機関への”長期治療なら、カ月かけての医療証拠を揃える捜査実施”これも、故意にせず」

傷害事件の捜査と言うけれど「事件の立証は出鱈目、科学的な合法事故事実証明無し、捏造捜査による、事件確定に、医学的な、傷害事件で有る立証無し、これですからね、事故証明は間違い、傷害事件との立証されておらず、も合わさって居ますから”これで正式刑事裁判を行っても居る”カルト宗教裁判、裁判ごっこでしか無いです」

多くの刑事事件捜査で「刑事罰則適用を、正しく果たせる捜査など、行われて居ませんよ、刑事、法曹資格者に”刑事罰適用事件毎に、正しく事件を立証して、齟齬を来さない、合法を果たした刑事事件立証捜査など、ほぼ無いのが実際ですから”」

刑事訴訟法適用事件、と言うけれど「捜査担当刑事、検事、裁判官、弁護士連中には”何を、どう立証すれば良いか”等、多くの部分で知りません、分かりません、証明が必要な事項を、正しく答えられる、証明出来る先に、刑訴法照会を掛ける、捜査に行き、証明を得る等、何もせず、間違った捜査で終わらせて、送致して、出鱈目な刑事事件処理を恒常実行して居る、事件の捜査記録で証明出来ています」

知らない事は「分かる先、相手に確認して、自分も理解しなければ、刑事罰則を正しく適用出来る捜査完遂など、果たせる訳が無いです、当たり前の事です」

そう言えば「紀州のドンファン事件、殺人事件だと言う証拠も無く、強引に逮捕したけれど”長期交流して、自白させる以外、殺人事件だと、強引に通せる証拠も無い”が証明されているようですね、でしょうね、遺産目当てでも無いしね、後妻業とも出来ないし」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703114
ユニークアクセス:4877450
今日
ページビュー:120
ユニークアクセス:120
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed