エントリー

いいだけ付け上がらせた結果、損保が提携弁護士を指揮して、刑事、民事事件指揮迄

  • 2021/07/10 06:47

無能、無知、無責任、正しく知識向上も拒否、ここまで無能、無知な法曹資格者、司法機関、法務省職員、警察、報道カルト等と言う、こうなって当然の原因により「損保が賠償、補償責任を負う、人身交通事故事件、個人賠償特約(火災保険も同様ですが)適用、交通事故以外の傷害事件の、刑事訴訟法捜査も含めて”指揮を執るのは、賠償、補償責任を負う損保、共済が、被保険者、傷害事件加害者の場合、被保険者が弁護士を委任したと、白紙委任状を送り付け、被保険者、傷害事件加害者の意思は強制無効、これを条件とさせて、損保の提携弁護士を、自分の意思は無関係で委任した、と、警察、検事、刑事、民亊担当裁判官、裁判所、法務省全て共犯で承知、の上で」

賠償、補償金支払い責任を負っている損保が「賠償、補償支払いを逃れられるように、傷害事件は証明されて居ない、と、でっち上げ刑事事件捜査を指揮して、法務省、検察庁、検事、裁判所、裁判官、警察が、傷害事件は証明されて居ない、よって傷害事件容疑を掛けられた、被疑者なる者は、刑事、民亊共に無責、こう、常時”人身交通事故事件は交通二課が”今後は、個人賠償適用傷害事件も、被疑者、被保険者の傷害加害事実抹殺目論見”同様の、損保が提携弁護士を指揮して、傷害事件の証拠隠ぺい、抹殺刑事事件捜査指揮”を常時と動き出して居ます」

共に「損保、共済が”法に沿い、傷害事件で発生した、賠償、補償金支払いを逃れられるように”傷害事件の立証を、損保が提携弁護士を傀儡で動かして、捜査を捻じ曲げて通す、実際人身交通事故事件は、これが常と出来ているし、と言う、実際に起きている、損保、提携弁護士が、司法、警察、法務省、国交省、金融庁を闇で支配出来ている故、凶行が常時の現実です」

自賠責、任意自動車保険、個人賠償特約の支払いを、大手を振って潰すには「傷害事件と立証しない事が、最も効果的な手です”刑事事件捜査で、故意に傷害事件との証拠、証明をしない、させない、警察にこの必須捜査を、故意にさせて居ない、検事、検察庁、裁判官、裁判所、法務省が、闇でこれを指揮して有る”」

この法務省、司法犯罪も、総指揮を執って居るのは「日弁連、弁護士会、弁護士連中と、共犯報道カルト等です”正しい捜査能力、知識も何も、この国家権力構成員は、持ち合わせても居ないし、持つ為の知識取得等努力もせず、損保、共済に、総指揮を、提携弁護士を傀儡で動かして、取らせて、このカルト犯罪、傷害事件は立証無し、被疑者は刑事、民亊とも無責常時決定、損保は合法賠償、補償不要勝ち取り、が常に成功して居ます」

何度も言いますが「刑事記録から、当事者は写しを取れます、閲覧出来ます、賠償に使うと言えば、写しが取れます、傷害事件と証明せず、を確認するべきです」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703158
ユニークアクセス:4877494
今日
ページビュー:164
ユニークアクセス:164
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed