エントリー

素人集団で障害事件捜査、審理が原因

  • 2021/07/10 07:11

人身交通事故事件、個人賠償適用、被保険者に個人賠償支払い、負った債務補填支払い、が適用となる、傷害事件、何を証明しなければならないか、ここから、素人以下の捜査、立証知識、能力しか、の交通二課(刑事一課強行犯刑事は、差が酷いし)警察官、検察庁交通課検事、交通部裁判官は、正しい傷害事件立証に必要な証明事項も何も、正しく知識も持って居ません。

で、何を実際しているかと言うと、闇で日弁連、弁護士会、弁護士連中、損保上との談合により「損保、共済が、傷害事件が起きて、賠償、補償金支払いが生じても、合法な賠償、補償金支払いせず済むように”損保、提携弁護士、共犯賠償式裁判官、裁判所が、一律に合法賠償、補償支払いした、と、公式偽装出来るように”傷害事件で有る立証を、刑事事件捜査で故意にしない手口で全j国統一、この手を常時使い、傷害事件加害者は、傷害事件証明無し故、刑事、民亊とも無責と、先ず刑事事件で決定させて」

この詐欺刑事事件捜査証拠を、民亊の賠償踏み倒しの、最大最高の武器で使い、常時通す、これを、闇談合で決めて有り、国中で凶行し捲れて居ます。

で「傷害事件で生じた、被害者への賠償、補償支払いは”原則全て、人的被害は証明無し故、詐欺請求”!こう捏造して有る訳です、損保、提携弁護士、詐欺賠償式、決定裁判官、裁判所に、合憲、合法を持って対抗する被害者側は、何時でも賠償詐欺冤罪で粛清出来る、この権力テロ、犯罪が、最上位で仕組んで有るのです」

西村経済産業大臣が「言う事を聞かない飲食店に、融資先金融機関は、融資を止める等圧を掛けるべき、等、本気で独裁者意識で発言した、あれと同じ構図です”損保、日弁連、提携弁護士、賠償詐欺常時決定裁判官、裁判所に、正しく立ち向かう被害者側は、詐欺傷害事件捜査を武器とさせて、賠償詐欺冤罪に何時でも落とす”独裁テロ司法、警察らの構図なのです」

ここまでの、闇のからくりを常時成功させて、日弁連、裁判所、弁護士、裁判官闇談合賠償”論のみ絶対”打撲一カ月、むち打ち三カ月、骨折六カ月、一応、これ等受傷の治療、賠償は、最高6か月迄出強制打ち切り、損保、提携弁護士、民事詐欺訴訟裁判官の腹積もりで、ほぼ賠償踏み倒しも自由自在、傷害事件は証明無し、が武器で、これで常時通せて居る訳です。

損保、共済職員に、対人賠償、自賠責補償、個人賠償支払い原因、人身交通事故事件、個人賠償適用傷害事件の「刑事訴訟法手続き捜査から警察、司法、法務省なのに、損保、共済、提携弁護士に”医学、科学、法に拠らず、刑事事件捜査から、総指揮を執らせると言う”狂った闇制度を作って有る故、理由は」

損保、共済、提携弁護士、民事裁判官、裁判所が、合法賠償を潰して通せるようにと、素人が事件捜査、立証、審理して居るのが現実なので「正しく傷害事件と捜査して、立証出来ないので”損保、共済、提携弁護士に、捜査指揮から、事件構成から、賠償踏み倒し迄、総指揮を執らせて有るんです”有能で有れば、あんな刑事事件捜査、出鱈目傷害事件立証せず捜査、送致が通る訳が有りません、あれを見ても、弁護士、検事、裁判官の頭では、何が間違い化も何も、全く、永遠に理解も出来ないから、損保、提携弁護士に、総指揮を執らせて従って居るのです」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703191
ユニークアクセス:4877527
今日
ページビュー:197
ユニークアクセス:197
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed