エントリー

幾つもの罠、犯罪の仕掛けを

  • 2021/07/14 07:41

車によって怪我を負わされた、当たり前ですが「整形外科以外の受診、検査を認めない、人身交通事故で怪我を負った後、損保、共済、提携弁護士が常とさせて有る、医師、人身交通事故受傷被害者相手の権力犯罪事実です」

人身交通事故事件が起きたなら「実際に負った怪我、怪我による症状を隠す、抹殺する事が唯一、と、刑事事件捜査段階で、闇で決めて有るので”受診した、整形外科等主治医が、実際の怪我は不明と承知で、受傷原因は見て居ないから不明、日数を掛けて自覚症状の現出も鑑みて、受傷部位、怪我で発祥した症状を証明が必要だが、それをしない闇の規定により、一週間の加療を要すると”事実でも無い、闇で決めてある診断書のみ発行、これで車が原因の、傷害事件との医学的証拠は無い、刑事事件捜査で逃がせるからくりです」

損保裏マニュアルの記載「実際の受傷、予後の経過は”事故から三カ月以上経過しなければ、本当の受傷部位、事故で負った怪我の症状は分からない”が、そんなに賠償して居られないから”社会的行為として、事故から三カ月以内に、治療費を含めた賠償支払い拒絶としましょう”この記載でも分かる通り、損保、共済、弁護士連中、裁判官、検事、警察、法務省役人は、受傷後すぐ、事実無根の受傷治療診断書で、軽微な受傷、傷害事件捏造に走り、重い受傷の傷害事件は起きないと、捏造常時を仕組んで有るのです」

車で人体に危害を加えられた、整形外科しか受診させない「人体への危害事件で”整形外科だけで、受傷が全て証明出来る訳が無い”神経症状、視力低下、脳への傷害等、多岐に渡るのだから」

この辺り前から「法を犯す傷害事件抹殺目論見、刑事事件犯罪捜査、医療証拠抹殺常時の手で、傷害事件を常時消して居る捜査、この詐欺捜査記録で送致を命じて有り”証明させて居ない、車による傷害事件、つまり、傷害事件は無い事件”との捏造捜査記録で、傷害事件で刑事訴訟法扱い、詐欺事件扱いの極致なのです」

傷害事件と言う事実を「医療証拠を故意に揃えない、違法捜査を恒常化させて有るから、ほぼ全部の傷害事件、人身交通事故事件を、傷害事件は証明無し、よって刑事、民亊とも加害者は無責決定で逃がして有る、損保が賠償を常時踏み倒せる武器作りが理由で、良くもまあ、ここまで企んで、強行して居る物です、刑事事件捜査記録、刑事訴訟法手続き内容、結果証拠で事実立証出来ます」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703117
ユニークアクセス:4877453
今日
ページビュー:123
ユニークアクセス:123
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed