エントリー

ダミーの弁護士委任、実際の指揮権は損保、損保弁護士特約適用の条件

  • 2021/07/19 07:33

損保の任意自動車保険特約、何故か”個人賠償特約”自転車を含めた人身交通事故傷害事件、労災適用、労働災害傷害事件以外の、傷害致死事件責任を負う、損保に取って被保険者”の構成となった場合の特約も、弁護士を、刑事、民事共、弁護士費用を、損保が集めた保険料から拠出して、被保険者に就ける”形を取って居る、特約が有りますが」

この「被保険者となった者と、加入損保、被保険者に弁護士費用を拠出する契約の対象者も、に、刑事、民事共、損保が費用を拠出して、弁護士を就ける特約の実際は”損保が実際は、弁護士を指揮する事に合意しなければ、弁護士委任者に、弁護士指揮権無し、事件に関する指揮権無し”この条件に、闇で合意しなければ、弁護士特約は動かさないと言う、非弁行為が鉄則となって居ます」

当然ですが「被保険者の権利保護等はどうでも良くて”損保が提携弁護士、刑事、民事裁判担当裁判官らと共謀して、損保の賠償金支払いを、複数の法令違反、犯罪行為を、警察、検事ぐるみ成功させるも仕組まれて居て、常時合法賠償の踏み倒しを成功させて居る”これを果たす為の、犯罪を前提とさせた特約、が事実です」

合法な賠償を、法を幾つも犯して潰して居るから「被保険者が、自身の意思で、自身の権利を守る為に委任したと、建前上してある弁護士を、被保険者の意思で動かされると、破綻する危険が生じます、警察、検事、刑事、民事事件担当裁判官、裁判所、法務省ぐるみ、破綻の恐れが出ます、やらせの刑事、民事事件扱いが、成功出来なくなる恐れが生じるから、被保険者は、強制的に蚊帳の外に置く必要が有るんです、警察、司法、損保の共謀行為の外側に」

今年3月29日の、重量物転倒による、人身事故被害事件で「加害責任者、被保険者に対して、損保、提携弁護士は”文書は出せないで、被保険者の意思は無効と言う条件で、弁護士白紙委任状に署名、押印しろ、被害者を、賠償踏み倒し目論見で、言い掛かりで刑事、民事とも訴える、加害責任は無い”と対抗する、訴えるんだ、と、口頭だけで強要を重ねて居ます」

被保険者が、法律規定により、長期療養受傷なの被保険者の請求権を行使して、支払い請求を出して居るが「法律では無く、約款規定も無効化させて、支払いを拒絶する、損保の意思で動く、弁護士委任に応じて、言い掛かりで被害者を攻撃、訴えさせろ!”これを飲まないと、法は無関係で、合法支払いは拒絶だ、こう求めて居ます”」

この実例、法務省、弁護士会、弁護士、検察庁、検事、刑事、民事事件担当他裁判官、裁判所、金融庁揃って「拙い事実の現出でしょうね、表立ってやれない犯罪です”損保が弁護士費用を、集めた保険料から拠出するから、弁護士委任者、被保険者は、ダミーで弁護士委任者となるが、弁護士、事件を指揮する権限は、強制はく奪だ”公式にこれを強要し続けて居る、文書は出せる筈が無いが、さて法務省、司法、金融庁、どう逃げる」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703330
ユニークアクセス:4877666
今日
ページビュー:336
ユニークアクセス:336
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed