エントリー

ダミーで弁護士委任も強要

  • 2021/07/19 15:29

今年3月29日の,重量物転倒による、人身被害事件、重過失傷害事件の加害責任者に、個人賠償特約が適用出来る、よって「損保が弁護士費用を拠出して、原資は保険料で、加害責任者、被保険者に”委任者である加害責任者、被保険者には、弁護士を指揮する権限を持たせない、この強制条件で”弁護士法違反の弁護士を、刑事、民事事件共、実際は損保が弁護士を指揮して、出す事を飲め、と強要もされて来て居る」

この、複数の違法、犯罪を飲まないなら『個人賠償特約で、被保険者が負った賠償債務金支払いを、法を犯して拒絶とも、法を犯して強要、脅迫もされて居る、被害者に与えた、賠償被害金を、中間示談した分支払い、債権を移動させた上で、個人賠償に支払い請求も行って有るが、この、法による保険金支払いも拒絶続行、あくまでも、虚偽の弁護士委任を飲む事と、虚偽で被害者を、刑事、民事共に、加害者無責との、言い掛かりで訴える事が条件、と強要」

これ等、損保、提携弁護士からの、弁護士法違反等に手を染めろ、法を犯す事に合意しないなら、個人賠償保険金は払わない、との強要行為を、金融庁に先ず、訴えを「被保険者が出しても居ます、ダミーで弁護士を委任しろ、実際は損保と提携弁護士が、被保険者の意思と偽り、刑事、民事事件を、言い掛かりで被害者相手に、無責を通すと訴える事も合意の内だ、等の強要事実の訴えを、既に出したとの事です」

ここまで公にされて居る「弁護士法違反、保険業法違反他、損保、提携弁護士、法務省共謀犯罪です、成功すると思って居るのが愚かですよね、強引に飲ませて、損保、提携弁護士が共謀して、被保険者、加害責任者の意思を受けた、言い掛かりでの訴えだ、これを凶行しても、被保険者、加害責任者は、自分の意思では無い、損保と提携弁護士から、ダミーの弁護士選任の強要と、言い掛かりで被害者を、刑事、民事とも訴える、自分が自分の意思で,言い掛かりで被害者を訴えた、と偽れ、逆らうと、個人賠償特約で、保険金支払いしないからな、とも脅されて、言う事を聞いただけ」

これを、公式の場でも証言もする、でしょうから、加害責任者さんは、損保、提携弁護士、司法、金融庁らが共謀の犯罪事実、証拠です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703121
ユニークアクセス:4877457
今日
ページビュー:127
ユニークアクセス:127
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed