エントリー

白紙の弁護士委任状も常

  • 2021/07/20 07:36

損保の弁護士特約の適用事件の扱いで「ダミーでしか無い条件で、損保、提携弁護士は”弁護士を委任させて居ます”実際には、損保、提携弁護士、裁判官、裁判所が、傷害事件抹殺を果たさせた往査記録だけ、常時作らせて有り」

この手を最高の武器とさせて、傷害事件は証明されて居ない、この刑事事件記録が証拠だ!何処にも傷害事件の証明は無いだろう、言い掛かりの傷害事件、傷害事件被害の訴えだ、賠償詐欺だ!

こう、常時公式訴訟詐欺、賠償詐欺を成功させて有るんです「ここまで極悪な、傷害事件抹殺前提、詐欺事件捜査で終結、送致が常と仕組んで有るから”債務は存在しない”と、常時訴訟詐欺、被保険者はダミーの弁護士委任者、実際には、損保、共済が、非弁行為者で提携弁護士、裁判官、裁判所と共謀して、賠償踏み倒しを常時成功させて有る、訳です」

債務は存在しない、こう、常時訴訟を提起出来る、根拠は「大手を振って主張出来ない”刑事事件詐欺捜査を闇で常時成功させて有り、傷害事件が起きた事を、主治医、治療先への医療証拠を揃える捜査をしない手で”常時抹殺するので、傷害事件は起きて居ない以上、賠償は発生しないと言う、警察、司法詐欺犯罪の設定なのです、が」

さすがに損保、共済、提携弁護士、裁判官、裁判所挙げて「ほら見て見ろ”何処にも傷害事件が起きた、医学的証拠が無いように仕組んで、終結させて有るだろう、刑事訴訟法手続きで( ´艸`)”起きて居ない傷害事件で、対人被害の賠償が発生するか、賠償債務は存在して居ないんだ”と、大手を振って主張した、債務不存在確認訴訟は、拙くて出来ない訳です」

これを、大手を振って行い続ければ「幾ら愚かな平民でも”傷害事件を抹殺する捜査が、常時、損保が合法賠償せず逃げられるように、を目論みとさせて、行われて通されて居る”これに気付いてしまいますから」

この刑事、民事事件犯罪の実際は「大手を振って持ち出して、使うのは拙いのです”で、賠償論だの戯言を吐き、赤本でっち上げ治療、賠償期間を使い、合法根拠無しで、判決を下す事を重ねて居ます”何しろ、詐欺刑事事件捜査で、傷害事件を故意に立証して居ないのだから、法律上は、対人賠償は却下、賠償詐欺で摘発が正しいのだから、全案件で、でも」

これを行うと「物凄く拙い、国際問題化します、損保、共済、警察、司法、法務省挙げての”対人賠償を踏み倒す目論見での、刑事,民事事件詐欺犯罪ですから、傷害事件の刑事記録と決定内容、この詐欺賠償踏み倒し用証拠で、債務不存在訴訟詐欺が行われた証拠、併せて検証すれば、事実が良く分かります”」

法を踏まえて、警察、司法、法務省ぐるみ犯罪証拠である、傷害事件捜査記録と決定、賠償詐欺訴訟記録を検証すれば、事実が正しく証明されています。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703249
ユニークアクセス:4877585
今日
ページビュー:255
ユニークアクセス:255
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed