エントリー

東京地裁書店で販売、恐らく合法な、傷害事件詐欺捜査、賠償踏み倒しマニュアル

  • 2021/08/01 07:59

東京地裁の書店で、厳正な内容の審査を経て、広く一般に販売して来た?人身交通事故用、普通に走らせず、記載をなぞって来て有る、正しい筈のマニュアル本二冊。

;交通事故診療を巡る諸問題、損保職員、医師が、顔と身分を晒し、座談会を開いた内容の纏め本。

;医療調査・照会の留意点、順天堂大学、井上ひさし医師が手掛けた”損保職員用が主眼、医師の癖に、医師法から蹂躙させるマニュアル”です。

今後、少なくても「札幌方面東警察署、交通二課、刑事一課強行犯、刑事二課詐欺担当部署は、この二冊の”東京地裁の書店で、全て記載は合法と、お墨付きを与えて販売して来て”記載に沿い、人身交通事故事件詐欺捜査常時、詐欺捜査で、傷害事件を軽い,無かったと、主治医共々、診断書ででっち上げ、捏造して、軽い傷害事件、無いし、傷害事件は起きて居ない、こう捏造して、検事もこの熱意増捜査を指揮して、送致させて、捜査終結、送致、傷害事件は証明無し、処分は実質されず、で刑事事件終了、この詐欺捜査記録、詐欺処分証拠の写しを」

損保、提携弁護士が取り、詐欺の一翼裁判官、裁判所も共謀して、この詐欺捜査記録を、元は闇で使って「この詐欺捜査内容だと、傷害事件は無いから、対人賠償、補償は一切不要、被害者と主治医は、ほぼ全員、賠償金詐欺犯で逮捕が必須、こう捏造して有るが」

これを実行すれば、流石に社会問題になるから「詐欺事件捜査で、傷害事件を消して終えて有る事に、損保、提携弁護士、詐欺裁判官、裁判所は、故意に触れないようにして”赤本でっち上げ診断、賠償規程で、掴み金を投げ付けて、法に拠らず、賠償を終えた、と、更なる犯罪に常時走って通して居ます”」

人身交通事故事件捜査記録と、処分無し決定、これを使った、言い掛かりでも、刑事記録を見れば無い、債務不存在詐欺訴訟資料を、東京地裁書店で販売して居た、交通事故診療を巡る諸問題、医療調査・照会の留意点、二冊の本の記載各書と合わせれば、この二冊の犯罪マニュアル通り、傷害事件を軽い、起きて居なかった、と捏造した捜査から常時凶行も理解出来るし。

重い怪我を負った被害者は、事件後3ヵ月以内に、騙す、脅す手を使う、債務不存在確認訴訟で追い込む手で、賠償を打ち切り、正しい怪我を証明させず、逃げている事等も、良く理解出来ます、司法、警察、法務省、国交省、金融庁が、この一連の犯罪を、損保、提携弁護士の指揮下で凶行しています、この二冊のマニュアルを見て、事件記録、詐欺訴訟記録と合わせれば、良く理解出来ますよ。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703152
ユニークアクセス:4877488
今日
ページビュー:158
ユニークアクセス:158
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed