エントリー

傷害事件の証拠抹殺、詐欺捜査が、賠償踏み倒し成功の武器

  • 2021/08/01 09:14

傷害事件の捜査で常時、検事が指揮を執り、傷害事件を証明する、医学的証拠隠ぺい、抹殺捜査を常時指揮して居ます、最低限、虚偽の、何かで怪我を負い、一週間の加療を要する、この、傷害事件加害側賠償踏み倒しを成功させるが、多少掴み金を投げ付ける為の、詐欺捜査証拠?で、傷害事件を実質抹殺して、賠償踏み倒しを成功させて居ます。

刑事事件、人身交通事故事件の捜査で「傷害事件は証拠無し、こう、故意に捏造捜査を、法務省、司法、警察が、損保、提携弁護士の指揮を受けて、常時捜査捏造で送致して居る、全ては、対人賠償を踏み倒し出来る、刑事事件捜査、送致、処理と言う、絶対の、捏造の武器作りをして、使って賠償踏み倒し出来るように」

この一連の犯罪を、公然と凶行出来る根拠は「東京地裁の書店で、内容の合法さを証明して?販売して、損保、警察、弁護士、検事、裁判官が活用、内容通りの違法行為を常時実行マニュアル、医療調査・照会の留意点、交通事故診療を巡る諸問題、この本に記載して有る通りの、法律上犯罪行為の数々で、上記国家権力が、損保の犯罪指揮を受けての、権力の悪用テロ、犯罪項の数々です」

この一連の犯罪を、昨年8月11日に起きた、札幌方面東警察署勤務警察官が、意識を飛ばして、私が乗るトラック後部に激突して、私が重い怪我を負った傷害事件でも、警察官が勤務する、東署交通二課ぐるみ、強行して、検事もグルで犯罪処理、怪我をした証拠無し、傷害事件は無かった、詐欺捜査で送致して。

主治医複数による、各受傷、怪我の症状の強い残存、検査記録画像でも、異常が証明されて居る、医学的根拠証拠を、法を無視して潰して「傷害受傷は虚偽、よって、対人賠償、補償は不要で、加害者警察官、加入損保共栄火災は、逃げて通って居る通りです」

この、詐欺捜査記録ですから「被害者の私が、主治医とも、賠償金詐欺犯罪者です、私と主治医らが、賠償金詐欺で摘発されなければなりません、当然ですが、ここ迄仕組まれて居る、賠償支払い潰しが目論見、傷害事件抹殺詐欺捜査が恒常化されている以上、傷害事件被害者は、一円も賠償、補償金を受け取れません、詐欺で逮捕されます」

昨日と今日の文書の、国交省、各損保から、法も明記して、文書回答が来る回答要求事項は、過去と今後の、これ等国家権力、損保の指揮下で凶行犯罪に、一定の、法を持った答えと処分、に繋げられると。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703342
ユニークアクセス:4877678
今日
ページビュー:348
ユニークアクセス:348
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed