エントリー

ここ迄権力犯罪が

  • 2021/10/01 07:56

第三者行為傷害事実を抹殺するには「主治医にカルテ偽造させて、第三者行為傷害事実を抹殺すれば良い( ´艸`)実に良い手を構築出来た、主治医にカルテ偽造を命じて、常に従わせられて居るから、第三者行為傷害事件を、起きて居ない傷害事件だと、自由に捏造から出来ても居る、神の権力を手に入れられて居る」

医師法を、司法、警察、行政ぐるみで、法の破壊によって果たせて居る、主治医の医療行為、証明、診断等「損保、司法、行政が、カルテ他の偽造を指示、命じれば、応じて居るんだから、合法な訳も実は無い、偽造指示、命令に応じる程度の、出鱈目な国家資格、国家資格業務、国家資格者証明でしか無い、医師の医療行為、医学的証明等に、合法は無い、偽造に応じている程度の、出鱈目な代物だ」

この現実の、ここまでの詳細な立証、実例証拠公開の通り「傷害事件が起きても”診断書から偽造して、傷害事件が起きた事を消しているし、補充医療証拠を揃える捜査せず、の手が常態化させて有り”刑事事件捜査、送致段階で、傷害事件は、実は抹殺済みです」

この犯罪の手に加えて「合法対人賠償せず、逃がす為も有り、主治医にカルテ他偽造、行使支持、命令が出されて居て、偽造に応じるよう教育されて居るから、普通に?カルテから何から、言われるがまま”第三者行為傷害の治療、証明をせず、一般傷病等と虚偽カルテ作成他、に走って居ます”医師が、指示、命令通り、第三者行為傷害の治療記録、証拠を、一般傷病と偽造して、合法抹殺して居ます」

もう公とされて居て、隠蔽工作も不可能な事実です、今後は「第三者行為傷害受傷、第三者行為傷害の治療は、損保、司法、警察、行政、保険者等が医師に命じて、一般傷病の治療と偽造して、第三者行為傷害を抹殺させて通されて居る、傷害事件刑事捜査もしかり、この現実を大前提とさせて、傷害事件を扱うのですよ、主治医に第三者行為傷害カルテ等偽造させて、第三者行為傷害の治療、証明を消している、どうやって合法を果たして、第三者行為傷害事件で扱えるんだ?不可能ですよね、もう、主治医にカルテ偽造を指示、命じて行わせ捲って居ると公開された現実では」

根本の、第三者行為傷害との医学的証拠抹殺が、日常的に果たされて、通されて居るんです、他の、第三者行為事件だとする、合法な医学的証拠、無いですから。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年06月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6225446
ユニークアクセス:5393338
今日
ページビュー:1330
ユニークアクセス:1314
昨日
ページビュー:2654
ユニークアクセス:2653

Feed