エントリー

憲法、法律で、厳重に律せられて居る設定の、国家機関、国家権力の筈が

  • 2021/10/06 14:58

日本国憲法から始まり、憲法、法律で、厳しく律せられて居る設定の筈の、現実には、憲法破壊を当然とさせて居る、独裁テロ国家権力だったと、現人神の眷属、と言う設定だけど、ほぼ誰も信じても居ない独裁権力者達と、国が”現人神と言える、憲法、法律を持ち、合憲、合法を、たちどころに証明する、絶対神との設定の権力集団が、実際には、我欲しかない俗物以下の、自己狂信者集団だと、この連中自身の悪行で、自ら事実立証して居ます。

己らの悪行、独裁者気取りで凶行している「法の外側の所業を、独裁国家権力気取りで実行し放題、単なる俗物以下の、犯罪者集団である事を、自らで、テロ犯罪に、で証明し続けて居ます」

普通の大和民族の一員であれば、ここまで愚かで無様過ぎる、単なるテロ、犯罪には手を染めません、犯罪者としてみても、最低レベルの、ですから、ですが「この程度でしかないから、こんな程度の低い、無様な犯罪を、平民には想像も付かない、高度の国家権力テロだ!と、本気で思い上がり切って、蛮行に走ると言う」

犯罪がしくじれば、恫喝、方向づらしの為の情報操作に、司法、警察、行政は、走って居るだけです、第三世界の麻薬カルテルと、警察、司法の連中の所業、意識程度は、同種のだ、と実感した訳で。

もう、嘘、偽造捏造、証拠隠滅と偽造三昧で、司法他国家権力が、たかが損保毎きの下僕に凋落し切り、憲法、法律破壊テロ、に走り続けて居る所業隠蔽も無理。

司法他、国家権力共謀テロ、犯罪を暴かれて、この一連の犯罪の、法に拠る合否の答え等を、時効犯公権力が出す筈が、全く答えも出て来ない現実です、法に縛られて居る、当然の筈の国家権力の実態は、言い逃れられない合憲、合法破壊、テロ集団だと暴かれてしまい、居直りによる、犯罪適法強制判決で逃げる道も、もう実際閉ざされて居ますから。

権力が手を携えて、犯罪に狂奔し捲って居る事実、証明証拠に、何の正しい対抗策も持って居ません、無様過ぎる現実です、言い訳も何も、全く出来ない惨状に堕ち切り、法を備えた答えも、出て来ないんですよね。

無知無能な人間なのに、現人神、全能の人知を超えた存在だと、実際を隠して崇め奉ってりゃ、勘違いが何処までも高まるばかり、の結果なのです、損保毎きの下僕に堕ち切って居て、全能の神と、自分を狂信して、裸の神、無能の権化と証明されて逆恨み、どうしようも無い連中だ。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年08月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6377813
ユニークアクセス:5544466
今日
ページビュー:3313
ユニークアクセス:3286
昨日
ページビュー:4508
ユニークアクセス:4488

Feed