エントリー

主治医の医療行為、診断で、傷害保険、生命保険は通る、医師法による、ですが

  • 2021/10/13 08:18

一般的な傷害保険、生命保険は「主治医の医療行為と、診断内容により”保険の適用の合否が判断されるし、規定が満たされたと主治医の診断書、証明書で顕されて居れば”保険金支払いされます、原則こうです、法律に拠る、保険の適用の合否判断と、合格なら、保険金支払いがなされるのです」

労災事業も「建前上は”特に厚生労働省と、国の行政機関統合によって、変わってからは特に”あくまでも、主治医、医療機関の医療行為、県債、診断、証明が、労災適用の可否根拠で有り、支払い合否の根拠とされています、医師法等の正しい遵守の鉄則、によっています」

所が「自賠責事業、任意自動車保険事業、第三者行為傷害事件で、加害側が対人賠償債務を負い、保険会社が賠償債務補填責任を負った場合となれば”医師法破壊、主治医の医療行為、診断、証明に、合法は無い、医師法違反、犯罪診断、賠償踏み倒し目論見の、言い掛り診断が、常に主治医の医療行為、診断を叩き潰せて通って居ます”」

この所業に、合法は一切存在して居ませんが「損保の下僕に落ちている、法曹権力等が”芭蕉論、赤本診断、素因の競合診断をでっち上げて、医師法破壊で、この犯罪診断が適法と、合法無しで判決を下し捲り”」

でも「犯罪診断が適法とはならないから”主治医に、犯罪診断が適法判決を突き付けて、第三者行為傷害受傷の治療を、一般傷病と偽造したカルテ作成を命じる手で”犯罪診断適法判決が、正しい診断だったと、犯罪で偽って成功させて有ります」

この犯罪事実も含めての「法務省、最高裁広報の、事実による公言”憲法、法律、閣議決定は全て間違いだから、効力は無い、守る必要は無いんだ”弁護士、検事、裁判官が、憲法、法律に拠らず、独善で決めれば、正しい答えとなるんだ、この答えが出されて居ると言う事です」

多くの平民は「国家権力集団の多くは”憲法、法律規定の正しい意味も分からない”ので、憲法、法律順守等不要、これを凶行している事も、知らないんですよね、憲法、法律規定を、事実に添えて、憲法、法律違反と指摘、指弾しても」

法務省他役人、法曹権力、報道カルト、政治権力構成員の大半は、本当に分からないから、通じさせられる訳も有りません、憲法、法律も何も、まるで理解不可能な頭で、絶対神と据えられて居る事を悪用させて「憲法、法律蹂躙、犯罪の制度化をでっち上げて有るんです」

今、x族による憲法第1,4,8,88条破壊、独裁恐怖国家支配集団実現、に暴走事実も、同じ理由ですよ、憲法、法律等、碌に知らない、文言、効力等分からないで、独裁権力行使テロ、に走っている結果です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年01月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5949333
ユニークアクセス:5120925
今日
ページビュー:1226
ユニークアクセス:1215
昨日
ページビュー:2328
ユニークアクセス:2269

Feed