エントリー

自己防衛の為に、現実認識から心をそらして、自己を保って置いて、逃れた後からが

  • 2021/10/13 12:23

内乱、テロ、戦争が起きて、自分も日々、死に直面し続ける、殺されるであろう境遇に、日々置かれて居て、自分では逃れる術が無い日々が、長く続き、明日は殺される可能性が高い、夜が明けるのが怖い日々を、一日刻みで続けさせられた、運良く、自分は救い出された、奇跡的に生き延びられただけ。

こう言った、極限状態に、長期間置かれて、自分では逃げられる可能性は、全く無くて、他の囚われ人等は、次々隣地等を加えられて、虐殺され続ける境遇の中で、自分を殺す、現実認識から、心を逸らして、自分の正気を保ち続けた上で、奇跡的に、絶望以外無い境遇から救い出されただけ、生き延びたのは、たんに運が良かったに過ぎない、これをきちんと理解出来た上で、奇跡的に生き延びられた事を、数十日後位に、現実として認識できる精神状態に回復、改善出来てからが。

絶望の中で、救い出される可能性を信じる事にして、日々の絶望を、心から排除して、自己を保ち続けた日々が、一気に現実認識を備えて、襲い掛かって来るんですよね、夜寝る前、就寝中等特に、眠ると絶望から、実は救われて居ない朝が来るのではないか(;'∀')と、恐怖の極限状態に陥り、朝まで、まんじりとも出来ない夜を重ねる、等を経験し続けるのですし。

不眠が積み重なり、意識を失うと「薬で意識を殺して、意識不明になるのであれば良いが、不眠が続きすぎて、睡眠状態に落ちたのであれば”救いが全く無い、日々明日まで生きられるか?この絶望の日々を送った”幻影が、一気に襲い掛かって来て、絶叫と共に飛び起きる事も、長い年月重ね続けます」

寛解するには、等無いですし、誰にもそんな事も分かる訳が有りません、同じ極限の絶望に置かれて、日々奇跡的に生き延びられただけで、何れ自分が、虐殺対象となる日が必ず来る、究極の絶望の状況から、心を殺して現実逃避し続けて、自己を保っただけ、奇跡的に救われただけで、虐殺される今日は、自分にも来て当然で、逃れる術は一切無かった、この状況に置かれた人達に、寛解など訪れ無いです。

精神科、心療内科で出す、睡眠導入剤って「意識を殺して、意識がある状態を無くする薬で、夢を見る等無い、夢を見る事で、症状悪化を招く”心を殺す事が、睡眠状態になると、出来ず、見ると心が壊れかねない過去の、絶望の日々を、夢で再現してしまうから”とか」

絶望の日々から、偶然救い出された人は、その後から「夢にうなされる日々も来てしまい、意識を殺して、夢等見られない、意識を殺す、薬が切れて、意識が戻る日々も送る事と、生きて居る限り、認知が悪化して、記憶が消えるまで、なったりすると」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年01月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5949397
ユニークアクセス:5120987
今日
ページビュー:1290
ユニークアクセス:1277
昨日
ページビュー:2328
ユニークアクセス:2269

Feed