エントリー

医師法蹂躙が武器、自賠責、任意損害保険犯罪は

  • 2021/10/21 10:16

医師法破壊、医師が国家資格により、行って居る医療行為、診断も、合法破壊によって叩き潰せて居る、テロ犯罪行為が、第三者行為傷害加害者側合法賠償叩き潰し用、これを目的とさせて、日本中で凶行出来て居て。

このテロ犯罪の仕上げは、法曹資格者、司法、警察、法務省が共謀犯、損保の下僕でですが、犯罪強制適法を、法の破壊で常時決めて、押し通す手で果たす事のみ、重ね捲って居る訳です。

今日の文書の記載に有るように「厚生労働省は、北海道庁医務薬務に連絡も寄越して”私への言伝も加えて、医師法蹂躙、犯罪第三者行為傷害賠償叩き潰し犯罪撲滅の体制づくり”を今後行う、と連絡して来て居ます、平成18年10月にです」

この約束、国としての約束は「厚生労働省で医師を雇用する、この法律の制定と施行、で止まって居ますが”少なくても私は、厚生労働省が北海道庁と、私に対して約束した、医師法を守った第三者行為傷害賠償手続き実施、厚生労働省責任で”の約束当事者です、昨年8月11日の、一方的追突傷害事件受傷被害の内、後遺症審査請求で、厚生労働省に、正しく過去の約束を果たして頂きます」

厚生労働省は、北海道庁を通じて、私にも「厚生労働省で、法整備した上で医師を雇用して、第三者行為傷害受傷患者の、賠償に係る診療情報合法管理、扱い、審査を果たす機関作りを果たします、厚生労働省が雇用した医師が、この審査等を正しく行う、審査機関作りと、審査機関による、合法審査実施を果たします、こう約束して居るのだから。

約束は、正しく守って頂きますし「医師法蹂躙を武器とさせた、犯罪診断で医師法蹂躙、医師が行う医療行為、診断違法とでっち上げで決定、この犯罪被害も防ぎます」

しかしまあ、良くもここまで極悪非道な、損保の下僕に堕ち切った法曹資格者、司法、法務省他、テロ犯罪で国中染め上げた物です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年05月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6152421
ユニークアクセス:5320966
今日
ページビュー:855
ユニークアクセス:854
昨日
ページビュー:2228
ユニークアクセス:2210

Feed