エントリー

司法犯罪マニュアル、主治医にも配布で

  • 2021/11/28 08:22

司法が合法認定して、刑事、民事事件、特に損害保険が適用となる、らしい?傷害事件となれば「常時活用、適用させて有る、診療録から偽造の手で、傷害事件を軽いと捏造や、傷害事件自体抹殺を、医学的に?常時果たせて居る、診療録、診断書、レセプト等偽造強制、司法犯罪、警察犯罪マニュアルの内”これら偽造を当たり前”とさせて有る記載を、昨年8月11日と、今年3月29日の、傷害事件重度受傷被害事件の、複数の主治医と勤務済、派遣先へも提供致しました」

傷害事件が起きてから「特に加害側が、加入損保に対して、対人加害行為賠償責任により、保険金請求する事件となれば、この診療録から偽造を主治医に命じる、主治医も積極的に、傷害事件は軽微と捏造、傷害事件は虚偽と捏造の手口と実践マニュアルは、同様の傷害事件に付いて、主治医と勤務先全てと、事件両方の当事者に、きちんと交付して”損保が合法な賠償をせず、逃げられるように”診療録等偽造を、警察、司法ぐるみ、監督官庁ぐるみで、常時行って居る”これを、公式告知して」

合法な第三者行為傷害の治療、証明から「犯罪と、強制でっち上げで決めるから禁止だ、軽微な怪我や、怪我は無いと、診療録から偽造を常に行う以外認めない、加害者は、この偽造により、軽い処分か無責、冤罪として逃がすし、被害者は、重い第三者行為傷害受傷と偽り、賠償金詐欺を目論んだ、行った咎で刑事犯罪者にも仕立てられる、黙って賠償を諦めろ!こう、公式通告、脅迫するべきです」

この国家権力共謀、極悪人道テロ犯罪、一気に公式犯罪に格上げされています「損保、監督官庁、警察、司法が共謀しての、合法な傷害事件立証、扱い叩き潰しが常、合法は犯罪、根拠は”司法が合法認定、交通事故医療を巡る諸問題、損保担当者様用、医療調査・照会の留意点、ここに記載、実行している、犯罪手口の数々”が、合法犯罪との根拠です?」

この二冊の司法が合法と認定、記載本販売、損保、司法、警察、監督官庁、医師らで常時凶行、診療録から偽造が手口で、この犯罪マニュアルで、刑事事件も犯罪扱い、傷害事件は軽微か、無いと捏造、この権力犯罪マニュアル、今後は「該当の傷害事件の場合は絶対に、この犯罪マニュアルを、主治医、両方の事件当事者にも渡して、記載通りの罠に落とす以外認めない、これを通告するべきです、当然でしょう、被害者が行う事では無いです、罠に落とされるのに、更に余計な手間暇、危険を重ねさせられる謂れも無いです」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年08月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6377987
ユニークアクセス:5544640
今日
ページビュー:15
ユニークアクセス:15
昨日
ページビュー:3472
ユニークアクセス:3445

Feed