エントリー

誰が指示したのか?疑問が

  • 2021/11/28 09:47

刑事裁判中ずっと、自分はちゃんとブレーキを踏み続けたが、スピードがどんどん上がり続けて、人身交通事故を起こした、ブレーキを踏んでいる自分の足も、目視で確認も行った、間違い無い、こう言い張り続けて、実刑の有罪判決が出て、控訴せず、収監されたあの上級国民ですが。

実刑の有罪、禁固3年の実刑が確定した事で、与えられた勲章も没収されたあの方、収監前にきちんと「自分がアクセルとブレーキを踏み間違えて、人も殺してしまい、申し訳なかった、と、素直に認めて謝罪しましたが、じゃあ”あのとんでも主張は、自分の意志では無くて、言わされた言葉、では無いのでしょうか?」

誰が、本人も考えても居ない、あんな主張を重ねさせたのか?一番考えられるのは「加入している、任意自動車保険事業者、の意を受けた、提携弁護士では?合法賠償を、少しでも減じる為に、責任転嫁の為に、あんな言い訳を、ずっと続けさせたのでは?と思えるんです?」

あの加害者さん、初めから素直に「ブレーキとアクセルを踏み間違えた結果、重大な人身交通事故を起こしてしまった、被害者に申し訳なく思う、と謝罪して居れば、実刑3年は、多分科されなかったのでは?と思えます?」

本人は、収監前の言葉で有れば、あんな言い訳など、初めから考えて居なかったのでは?ああ言わされた、と思えるんですが?

昨年8月11日の、現職警察官一方的追突傷害事件にしても「任意自動車保険、自賠責保険が、言い掛かりで合法賠償を踏み倒す目的で、犯罪を重ねた事で、加害者の警察官は、出世コースから外されたし、自主退職を?に追い込まれているようです、加害者責任、行為者責任が、自分に降り掛かった結果です、が」

本人には、ここまでの犯罪を重ねて”任意損保、自賠責事業が、合法な損害賠償金支払いを逃れられるように”と考えて、悪事の限りを重ねて、走って来たとは、思えないです、何のメリットが有りますか?自分の人生が、結果責任で、思いっきり破綻したのだし、不利益以外無い状況に陥った訳だから。

損保、提携弁護士、裁判官らの手で、不当な犯罪行為者責任を、加害者が責任を負う形、で強引に負わされて居る、これが現実です、任意損保、自賠責事業が、法に背いた不払いを、犯罪によって成功させると、悪事の限りを司法、警察共々凶行、犯罪を加害者にも強要により、人生を思いっきり狂わせられて居る、現実に落とされて居ると?

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年01月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5949115
ユニークアクセス:5120711
今日
ページビュー:1008
ユニークアクセス:1001
昨日
ページビュー:2328
ユニークアクセス:2269

Feed