エントリー

司法犯罪は、言い掛かりを付けて、言いがかりの真偽を正しく証明せず、出鱈目判決で成功

  • 2022/05/15 07:27

司法犯罪、只の犯罪だから、合憲、合法は微塵も存在して居ません、でっち上げただけの訴え、言いがかりを、事実証明せず、強引に判決で『正し言いがかりだ、言いがかりが正しいので、合憲、合法、正しい真実は、犯罪となった!」

こう、合憲、合法無しで「犯罪合法判決を、やらせで下して、司法犯罪の制度化を、強制的に成功させて行く訳です、以後は”司法がでっち上げただけの、犯罪の制度化が正しい、合憲、合法が犯罪だ”判決を重ね続けて、司法テロ制度を確定させて有る代物です、当然ですが、只の犯罪だから、犯罪である事を立証される事も出ますが」

「司法がでっち上げただけの、只の犯罪だ!司法でっち上げ犯罪である事は、傷害致死傷罪加害者責任軽減、抹殺テロだと、被害者主治医に医証を偽造させて、捜査機関等に提出させて、刑法第160条不適用、医師法第17条違反行為故、医師法第31条2、刑事罰適用の犯罪!共に強制不適用迄仕組んで、この司法極悪犯罪も、成功させて有る、他者の預金泥棒、遺産預金泥棒、司法極悪泥棒制度は、他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられれば、口座名義人が、自分の預金を正しく引き出したように、手続き書類偽造、防犯カメラ映像隠蔽、帳簿も捏造等を重ねて、正しい他者の預金泥棒だと、強制決定、判決を下し捲って、預金泥棒正当化を通しているに過ぎない、と言う現実だし」

ファイナンスリースを謳う、ファイナンス貸金用の融資詐欺犯罪では「ファイナンス貸金が”多様な物品を先ず購入して、購入物をリース貸出して居る、との嘘を大前提とさせて有るが”貸金は、物品リース等出来ないし、そんな物品リース事実も有りません、只の物品購入資金融資契約だから、物品は融資を受けて、物品購入した客が所有者です”これが真実だから」

ファイナンス貸金が「リース貸出物品を購入した、との証拠は無いし、リース貸出と偽る物品所有事実も有りません、只の融資詐欺ですけれど、笑えない事実として”裁判所、弁護士会、弁護士事務所、警察、金融屋、税務署、会計検査院、財務省他国の行政機関、地方行政機関等、あまたこの融資詐欺に引っ掛かっている現実ですから((´∀`))ケラケラ”阿保過ぎてまあ」

この融資詐欺、馬しか過ぎる貸金と官公庁、司法機関、法曹権力、国税庁、地方自治体、警察、報道カルト等揃って「一定額を超えた”動産物品には、物品が所在する(半年以上とか)地方自治体に、動産所有事業者は、償却資産税納付が必須”と、地方税法で決まって居るから、これを知ってりゃ”貸金が物品リースしてると言うなら、貸金に、貸し出しを受けている物品?に付いて、物品が所在する市町村に、償却資産税納付している事実証拠を出させなければ駄目だった、訳だし」

そもそも地方行政機関、お前の所に「詐欺リース物品に関わる償却資産税納付、貸金が行って居ない事に気付けよ、愚かな国家権力集団だ」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7433575
ユニークアクセス:6585653
今日
ページビュー:909
ユニークアクセス:886
昨日
ページビュー:547
ユニークアクセス:538

Feed