エントリー

出鱈目な帳簿と

  • 2022/09/23 13:04

私、従兄は、勤務する会社が、一時三百億円以上の、提携事業者との連結で売り上げに達して居て、この経理を一手に仕切って居たから、経理は詳しいと思って来ました、が。

北税務署の、統括国税調査官から言われた「xxxス商会の帳簿、出鱈目で、焼却炉に付いても、どう言う扱いか、全く不明」

こう言われて、唖然とした訳です、まさかそんな、出鱈目な帳簿記載としていたなんて、幽霊法人で、事業実態も無いのに(;'∀')

そんな帳簿を武器として?焼却炉は私か、ハウスリメイクに、従兄が提供した機器だ、従兄は被疑者では無い、冤罪だ、よって、対人賠償責任も無いから、当事者間示談書も偽造で、対人賠償金支払いも嘘で、本当は貸付金だ、等、札幌市相手と、訴訟詐欺裁判所相手で、打って出ているとはねえ((´∀`*))ヶラヶラ

阿保過ぎてまあ、従兄の息子は元々この程度、だから当たり前だし、東海、提携弁護士連中も、同程度か、それ以下?どっちもどっちの程度、と。

税務署、統括国税調査官とすれば、呆れるばかりの事件捜査実態と、この連中が共謀しての、詐欺でっち上げ、示談書偽造、対人賠償支払い偽装でっち上げ他、の現実だと。

まともな公権力、巨大事業者では全く無い、こんな程度の連中が、巨大独裁権力を持てて居る訳で、まあ国税も、最近まで「司法他国家権力、損保の下僕国家権力やらの、さらに下の下僕になって居て、犯罪収益を、法を犯して見逃して、犯罪収益への課税逃れで、犯罪で利得を得たら、無税で逃がす事への直接加担!のみに狂奔して来たのだから、他の国家権力や、損保事業者犯罪に、偉そうなことは言えない訳だ、国税査察による、この司法、損保犯罪への査察実行潰し事実も有るし、遺産預金泥棒の、司法ぐるみ犯罪利得への徴税潰し事実と合わせて、言い訳出来ない組織だしね」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年10月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561081
ユニークアクセス:5726771
今日
ページビュー:1461
ユニークアクセス:1449
昨日
ページビュー:1782
ユニークアクセス:1777

Feed