エントリー

経済事犯事件でっち上げも、司法犯罪で常時事実と捏造判決、証拠無しで成功ですから

  • 2022/10/02 09:05

経済事犯犯罪でっち上げで国保告発、訴訟提起も、日常の司法共謀犯罪です、犯罪弁護士のしのぎと言う理由で?無知な法曹資格者が共謀して、経済事犯で有る事の事実、証拠無しで、経済事犯事件をでっち上げれば、合法無しで、正しい経済事犯だ、と判決を、刑事、民亊とも下す、司法疑獄テロ犯罪制度です。

昨年3月29日の、高温焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件でも、幾つものでっち上げた経済事犯事件が、被疑者の息子犯罪者相続人と、東京海上日動と、提携遺産預金泥棒合法無く適法だ、弁護士会決定実行辯護士等で、犯罪と証明されて居る、悪行の数々が凶行されて来て居ます。

被疑者が死去後、こいつらが共謀犯で「被疑者が遺した、相続税対象の遺産資金隠匿、巨額隠匿して、数千万円脱税に走りました、東海、提携弁護士が、被疑者の息子相続人、xxエス商会社長が企んだ、巨額脱税目論見での、高額の遺産資金隠匿、巨額脱税に走った理由は、高額の対人賠償金支払いを潰す為の犯罪を成功させる為には、合法な相続税納税手続きを取ると破綻して、拙いから、巨額の相続資金隠匿、巨額脱税にも加担したと」

;事件原因の焼却炉は”被疑者が個人資金で購入して、息子が社長の法人に納品した”証拠で証明されている事実ですが、合法な相続税申告、納付を行うと、この事実、証拠により、被疑者が加害責任者だ、と正しく決定するんで”焼却炉はxxエス商会が所有者だ、被疑者は無実だ、焼却炉はxx商会が、被害者か、被害者経営法人に、無償で提供した機器の筈だ、被疑者に刑事、民事責任は無いんだ!この法螺主張が、根底から崩壊するから、巨額の相続税脱税にも加担して居ると。

;当事者間示談書、部分示談を交わした示談書x枚も”偽造の対人賠償示談取り交わしだ、示談金部分示談済み分支払いも嘘で、実は資金貸付か、贈与資金だ、加害者に対人賠償責任等無いんだ”この法螺主張で、残りの高額賠償踏み倒しに走って居る悪事も”正しく相続税申告手続きして、相続税高額納税すれば、既払い示談金200万円位は、徴税対象外の、損害賠償金受領と、正しく証明されるんで”高額の遺産金隠匿、高額脱税への加担犯罪も、東海、提携弁護士は、加担した訳です。

;当事者間示談書は偽造だ、この言い掛りにしても”部分毎の示談締結で有り、どの示談書を、何故偽造とでっち上げられるのか”示談書の数分の特定と、偽造と言う証明が必要だし、既払い分の示談金も、貸付金、贈与金との証明が必要なのだけど、一切そんな証明も無いですし”示談金で既払い資金、貸付と言うなら、息子は相続遺産金、未払いの相続遺産金と申告が必要だけど、そんな申告も無いし、贈与金と言うなら、証拠を添えて、贈与税徴収せよ、と税務署に訴える筈が、出て居ない訳で、只の犯罪行為者でしか、極悪な犯罪行為者連中だと。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年02月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7348293
ユニークアクセス:6501837
今日
ページビュー:437
ユニークアクセス:433
昨日
ページビュー:717
ユニークアクセス:715

Feed