エントリー

社会主義に染まり切った法曹権力

  • 2022/11/10 16:20

司法試験は「国家資格なのですが”思想統一が?”故でしょうか?面接試験も有りまして、学科試験で合格点を取っても、面接試験で落とされる場合も、法曹権力の、社会主義志向、思想統一に、危険がと思われる受験者は、と言う仕組み?」

法曹は「基本的人権、個人の財産所有権は、根本からの、種としての部分と言える、自由主義経済を説いても全く通じる訳も、の部分からしての、通じる事は無い、日本国憲法の規定、社会の制度です」

全体主義、共産主義独裁国家権力が、社会主義制度で強制支配、この制度を、この国の制度と偽り、強引に通して居ますので「賠償論以外認めない、司法犯罪も、遺産泥棒に成功すれば、盗めた遺産資金は泥棒が所有権を得る、相続遺産分割除外説捏造、この詐欺が絶対!司法犯罪も、強引に、唯一の制度と捏造されて、通されて居る訳です」

事実はノンバンク融資を、物品貸し出しリース事業だと、嘘で塗り固めて、ノンバンク資金貸付事実を潰して、物品リースと強制偽装させ、通すのみ、ファイナンスリース名目、犯罪貸金事業、極悪非道を超えた、国家権力の現実です。

この詐欺リースの手を、1930号事件でも、逃げ道が失われた被告と提携弁護士、裁判官が共謀して、悪用に走って居ます、詐欺リース司法犯罪を、焼却炉窃盗を正当と偽るべく、被疑者の息子と東海、提携弁護士が、訴訟詐欺、窃盗に走り、泥棒と訴訟詐欺合法無しで正当化に、泥棒未遂も準備書面に書いて出した事と合わせて、詐欺リースの司法犯罪の手、これで正当化捏造にも走って来て居ます。

当然ですが、正当化も出来る訳が無い、司法詐欺判決で、強引に正当化を果たそうとの狙いですが、詐欺リースにしても、物品貸し出しも何も嘘故、詐欺リース物品は、詐欺リース貸金は、購入して居ない、物品貸し出しして居ないが、物品を貸し出したと、口頭で言うだけ、嘘だから。

の手口を、焼却炉窃盗に走り、成功させようと暴走に走る”理由とさせて”が再現されて居ると言う、司法犯罪が凶行、実例です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年02月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7348310
ユニークアクセス:6501854
今日
ページビュー:454
ユニークアクセス:450
昨日
ページビュー:717
ユニークアクセス:715

Feed