エントリー

過去に交通事故で怪我を負い、補償、賠償を受けて居れば、次の事故受傷から詐欺と捏造される

  • 2021/06/30 06:56

一回、車によって怪我を負わされて、補償、賠償を受けて居れば「二回目の交通事故受傷から”実際は過去の怪我が、強く残存して居るのである、交通事故で怪我を負ったは嘘だ、賠償金狙いの詐欺犯罪だ”過去、こいつは交通事故で受傷を負い、補償、賠償を受けた事実が有る、詐欺の証拠だ」

こう、損保、提携弁護士が指揮を執り、警察、検事、検察庁、刑事、民事裁判官、裁判所が指揮下に入って居て、実際通せて居る訳です、永の年月、この損保、提携弁護士が指揮する、医療証拠を刑事事件捜査で、故意に揃えない事で成功させて有る、この損保、提携弁護士用の、犯罪で構成して有る、刑事、民事事件でっち上げが、常時凶行されて、成功して居ます。

法治国家である以上当然ですが「車で人体に危害を加えられた、他の傷害事件で人体に被害を加えられた、被害者の立場の人には”人的被害に付いて、補償、賠償を受ける、正当な権利が有ります”が、損保、提携弁護士が指揮しての、警察、司法犯罪、一回、車等で傷害罪人的被害を受けて居て、補償、賠償を受けて居る人間は、二回目以降の傷害事件被害受傷は虚偽、怪我を負ったのは嘘、過去の怪我が強く残存して居るのが事実で、賠償金詐欺だ、過去にこいつは、このように傷害事件被害を受けて、補償、賠償を受けて居るんだ、この法螺が、常時正しい医学、賠償論だ、と通されています」

主治医、治療先に、故意に医学的証拠を揃える為の、捜査実施をしない事を常とさせて有り「この、損保、提携弁護士、共謀犯警察官、検事、検察庁、刑事、民事事件裁判官、裁判所共謀犯罪が、常時成功させられて居ます」

この、オカルト国家権力損保、提携弁護士の指揮下に入ってのカルト犯罪被害に対抗する為に「被害者、被害者側、弁護士は向こう側だから、他の仲間共々で”傷害事件の被害を、肉体的被害で受けて、治療、検査を重ねている”この医学的証拠を、事件で被害を被った後、カ月単位治療を重ねる、検査を重ねる受傷状態なら、カ月治療、検査を重ねてから、診断書を作って貰い、傷害事件の証拠で、警察に渡す事です」

それと「刑事、検事に、主治医、治療先への、医学的な、傷害事件証拠作成の為の捜査を、必ず行わせる事が必要です”あらかじめ、車による傷害事件は常時、被害者が車で人体に危害を加えられて、怪我を負い、治療、検査を受けて居る、医学的に正しい証拠は無い”と、常時捏造捜査で通されて居ますから」

しかも「傷害事件の被害者が、過去に車による人的被害を受けて居て、補償、賠償を受けて居る事を、損保、提携弁護士が知れば”二回目以降の交通事故等、傷害事件での受傷は虚偽、実際は、過去の交通事故事件で負った怪我が、強く残置して居るのが事実だ、人は一回しか、傷害事件の被害者になっても、怪我を負う事は無いんだ”このオカルト医学?で、実際通せているのだから」

損保が傷害事件加害者の、負った賠償債務を補填する立場で居れば「上記オカルト犯罪が、警察、司法、法務省犯罪で、常時通されるんですから”被害者側は、事件後カ月治療、検査を重ねるとされれば、カ月経過後、傷害事件の被害証明一部、診断書を主治医に作成して貰い、傷害事件の医学的証拠一部で出すべきです”上記、損保、提携弁護士が、警察、司法共謀、犯罪傷害事件抹殺捜査を常時指揮して、成功させて有る”犯罪加害、被害を潰す為に」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5680392
ユニークアクセス:4855169
今日
ページビュー:557
ユニークアクセス:551
昨日
ページビュー:1534
ユニークアクセス:1471

Feed