エントリー

司法犯罪マニュアルの手も、刑法第160条適用です

  • 2022/01/04 15:55

東京地裁書店でも販売「交通事故医療を巡る諸問題、損保担当者様の為に、医療調査・照会の留意点」医師法違反他犯罪の手引きマニュアル、この記載の手、実行事実も、刑法第160条違反が適用です。

@人身交通事故被害者の、警察用の診断書は、加害者の点数への配慮と、賠償潰し目論見で、どれも7日~10日の加療として有ります、警察用診断書は、警察も信用して居ません、この診断書は、あくまでも”行政用に出す診断書”で、公には出さない診断書で、加害者教育が必要です、賠償用の診断書は、別に作って発行して居ます~~

※この診断書は”行政用の診断書で、警察も信用して居ません”別に、賠償用の診断書も作り、発行します”刑法第160条が、確実に適用される犯罪行為です、この手口記載マニュアル、損保担当者と医師が、身分と顔を晒して対談して、本に纏めて、東京地裁書店でも”合法な手口マニュアル”として、販売して、全国統一犯罪、として来て有ります、完全に、司法、警察他、国家権力犯罪、刑法第160条不適用で、強引に成功させて有る代物と言う証明、証拠です。

債務不存在確認訴訟、ここに出される医師法第20条違反、鑑定書?も、刑法第160条適用犯罪です、そもそも「交通事故人身被害者の主治医による、医療行為、診断は虚偽、賠償金来の偽造、詐欺だ、訴訟提起、受理、審理が犯罪です、刑法第160条を正しく適用とすれば」

主治医が患者と共謀して、軽い怪我、実は怪我は虚偽で、交通事故で重い怪我を負った、と言う設定で、医療費他賠償金詐欺を働いて居る「となるように”国中統一で、虚偽で7日~10日しか治療を要しない怪我、この診断書で統一して有る、犯罪マニュアル記載の手で、国中統一の犯罪診断書作成、行使です”」

どっちにしても「刑法第160条適用です、司法、警察用に、主治医は虚偽診断書を作り、発行して使わせて居ますから、司法でっち上げ犯罪マニュアル記載事実に、実行のみ事実が有る通り」

そして、この事実も、刑法第160条が適用の犯罪です。

@対人賠償用には、別に”交通事故の怪我の程度に沿った診断を付けた診断書も作成して、発行して居ます”この記載、事実は、自賠責事業、交通事故労災事件では、労災事業とも共謀して、警察用偽造診断書と違う、同じ傷害事件受傷で、内容を思いっきり違えた診断書を、公務所用に造り、発行して居る事実の自白、実行している事実です、共に公務所相手の犯罪です。

@で、労災事業も”症状固定と、医学に無い診断?を、自賠事業共々ででっち上げで付けさせて、表向き傷害受傷治療を、症状固定は治癒、と偽って終わらせた事にして”司法犯罪マニュアルにも記載、別の傷病名をでっち上げたカルテを作り、第三者行為傷害治療を、自己負担と健康保険詐欺で続行させて居る、刑法第160条適用、医師法第17条違反適用、健康保険医療費詐欺の事実、証拠です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年06月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6225353
ユニークアクセス:5393245
今日
ページビュー:1237
ユニークアクセス:1221
昨日
ページビュー:2654
ユニークアクセス:2653

Feed