エントリー

診療記録偽造、損保、司法犯罪診断が強制適法で常時通って来た理由

  • 2021/11/01 08:12

法律の正しい規定、適用を、公式に軸に据えなければならない、特に「刑事、民事訴訟法手続きならば、絶対の遵守事項の筈、ですけれどね、現実には”医師が、医師と言う国家資格により、行った医療行為、主治医として下した診断、医学的証明行為”を、医師法第17,20条違反、犯罪診断をでっち上げると、損保、共済、法曹資格者がでっち上げればほぼで」

医師が、医師の国家資格で行った、医療行為と、主治医としての診断、医学的証明は、でっち上げ、犯罪行為、偽造だ、医師法違反、犯罪診断が適法で、医師法遵守行為は虚偽、でっち上げた犯罪だと、法曹資格者、司法機関、法務省、警察、報道カルト等で共謀して、強制確定させて来ています。

この、国家権力テロ行為を成功させて、通して有る武器は「合憲、合法に背いた所業と言う、動かぬ事実、証拠証明を”故意に問わず、問わせず”医師法違反犯罪診断が、確固たる適法診断であると、合法根拠ゼロで強制判決、決定を下して、犯罪こそ適法と、現人神も決めたぞ、絶対の正解だ!無条件で受け入れて、疑問も持つ事まかりならぬ、こう、大本営発表、犯罪診断が適法が正しいように、診療記録等偽造、合法な医療行為、診断抹殺強要、医師法違反に従わせて来れた」

この、法治国家日本は虚偽、中世と変わらない「オカルト医学?診断が”医師と言う国家資格と、国家資格者の医療行為、診断抹殺”を強制実行させて、常時勝てて来て居る、の現実でも、正しく事実立証されています」

そもそもですが「実際に施した医療行為、主治医による診断、医学的証明事実は”診察、治療毎に、診療録等に記載され続けるから”きちんと医療監視、医療機関監視を行ってりゃ、後で診療録、診断書偽造で第三者行為傷害治療抹殺、一般傷病治療と捏造等、証明されるんですよね」

それと「同じ傷病の治療で”いきなりこの日から、第三者行為傷害の治療だったのが、過去に遡る偽造、も常時で、一般傷病の治療と変えられて居るんだから”」

医師と言う国家資格者に、第三者行為傷害受傷抹殺の為だと言い、診療録、診断書等偽造、行使させるわ、第三者行為傷害による治療を、一般傷病の治療と、カルテ等を偽造させて捏造に従わせて、健康保険、生活保護費詐欺に手を染めさせているわ、極悪極まって居ます。

x族のひもの親が「適応障害だと、健康保険事業に、医師の診断書を添えて申告して、健康保険事業から、休業補償金を受け取って居ながら”軽井沢で接客業に従事していた嫌疑”は、この司法他極悪、公開犯罪事実が有る訳で、犯罪で扱えない訳でしょう、か?」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年05月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6152278
ユニークアクセス:5320823
今日
ページビュー:712
ユニークアクセス:711
昨日
ページビュー:2228
ユニークアクセス:2210

Feed