エントリー

2022年10月の記事は以下のとおりです。

根本の事実、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約、適用不可能で、損害保険金詐欺冤罪でっち上げに

  • 2022/10/31 15:13

根本の事実「ワイエ〇商会に納品した焼却炉で、個人が購入したからと、購入者個人が加入の、自家用自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約は、適用不可能です」

つまり「どう足掻いても”東京海上日動、提携弁護士向井諭法律事務所、弁護士(廣部・八木法律事務所も同じ)被疑者の息子、ワイエ〇商会社長がでっち上げた、被疑者が加入の自家用自動車保険、日常生活賠償に対する、損害保険金詐欺行為冤罪、成立不可能と言う事です”適用は不可能の、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約なのだから」

この損害保険金詐欺冤罪、根本から詐欺冤罪でっち上げの、根拠自体無い訳で、損害保険金詐欺冤罪でっち上げれば、強引に詐欺罪に陥れている警察、司法のテロ実態証明実例です。

更に「被害者が、加害者被疑者が加入の、自家用自動車保険、日常生活賠償に対して、対人賠償金請求を行い、詐欺を目論んだ、この冤罪も”被害者には、被保険者資格が存在しておらず、請求出来る訳が有りません、この詐欺冤罪も、成立不可能なのですし」

被疑者が東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約に「東海が、適用出来ると書面も発行しており、示談済みの分の対人賠償金を、被疑者は被害者に、部分支払いして、東海に支払い請求した証拠も、被疑者は捜査機関に提供して有ります、東海に損害保険金支払い請求したのは、加入者の被疑者で有り、傷害事件被害者では無いのに」

事実証拠ゼロに加えて、適用不可能の、被疑者が加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約に、傷害事件被害者が、実は被害者が購入した焼却炉を、故意に倒して下敷きになり、怪我を負い、損害保険金詐欺請求した詐欺事件、ここまで全てでっち上げと、証拠が捜査機関にも揃って居る、詐欺冤罪をでっち上げて、被害者を陥れよう、と謀略を重ねて来て居るんです、東海、被疑者の息子、東海提携弁護士、東署、二階堂検事等は。

ここまでの詐欺冤罪でっち上げ、が成功するのでは、どんな言い掛かりを付けても、詐欺冤罪に落とせ放題出来ます、一つも詐欺の要件を満たせて居ないのに、損害保険金詐欺冤罪に落とされる所だったんだから。

この、損害保険金詐欺冤罪、冤罪に落とせる必要要件ゼロ!での詐欺冤罪も、損害賠償金を、犯罪で踏み倒す目論見による、警察、司法ぐるみの強引な詐欺冤罪でっち上げです、被疑者の息子と共謀犯で、高額の被疑者死去による、遺産資金隠匿、高額相続税、贈与税等脱税にも、東海、提携弁護士、警察、検事が加担して、この詐欺冤罪を、強引に成功させようと、脱税共々成功させようとして来た訳です。

極悪非道を超えた、警察、司法ぐるみの詐欺冤罪、巨額脱税、対人賠償恐喝踏み倒し目論見犯罪です、対人賠償を、ここまでの権力ぐるみのテロ、犯罪に手を染めて、踏み倒そうとテロに走って居ると言う。

損害賠償金不払いを成功させられれば、どんな犯罪も、警察、司法、行政が共謀して、犯罪適法も果たさせて

  • 2022/10/31 09:03

損害賠償債務不払い、これを成功させる為に、警察、司法、行政等が共謀犯となって居て、必要なテロ、犯罪の限りを尽くし放題して、犯罪行為責任抹殺を果たさせても居る、ただの公権力テロ、が、司法犯罪を成功させて有る武器です。

損害賠償債務を、犯罪によって踏み倒す為には、どんなテロ、犯罪も認められて居る、この手口には「損害保険金詐欺冤罪に、被害者を陥れて粛清!この司法テロも入って居ます、損害賠償債務を、犯罪に手を染めて叩き潰す、損害保険金詐欺冤罪も、犯罪で賠償踏み倒し成功用の武器、で使われて居ます」

昨年3月29日、重過失傷害事件でも「加害者加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約、弁護士特約、被疑者が個人加入の自家用自動車保険を、法人に届けた焼却炉が原因の傷害事件なのに、東海、提携弁護士が、適用可として適用させて」

愚かしい事にこいつら、被疑者の息子、ワイエ〇商会社長もグルで「事件原因の焼却炉は”ワイエ〇商会の帳簿に、リースと書いて有る機器だから、ワイエ〇商会が機器の所有者だ”この機器は、証拠も無いが、被害者か被害者が経営する法人に、無料で渡した機器の筈だ?よって被疑者には、刑事、民事責任は無いので、被疑者の息子にも、対人賠償債務支払い責任は無い!」

こう言った主張を、簡裁、地裁に移行裁判書面にも記載して、出して居るけれど「こいつらの主張でも”被疑者が加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約、不適用と自白して居る訳です”まあ、被疑者は捜査機関に、焼却炉納品先、ワイエ〇商会となって居る証拠も出して有る訳で、被疑者が加入、自家用自動車保険は不適用、は確かですけれど」

東京海上日動、証拠も有り?被疑者が加入、自家用自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約不適用と承知の上で、この特約を稼働させて居ます、保険業法違反、弁護士法第27条適用、弁護士法違反犯罪も、自供もして手を染めて居る訳です。

そして「被害者相手の、東海による、損害保険金詐欺冤罪でっち上げの訴え、被害者が違法に、被疑者が加入の自家用自動車保険に、対人賠償保険金支払い請求した、この詐欺冤罪の訴え東署刑事一課強行犯、二階堂検事等が、虚偽の詐欺犯罪の訴え、東海に保険金支払い請求したのは、被保険者の被疑者との証拠も、被疑者は警察に提出済みの上で、この詐欺冤罪でっち上げに乗り、被害者を詐欺冤罪に落とそうと暴走ですから」

他にも複数、全国ニュースとすべき、こいつら共謀の犯罪を凶行しています、でっち上げ、嘘だった、犯罪者責任を免責されて逃げて終わる、で済む事が狂って居ます。

狐出現

  • 2022/10/31 08:29

昨日、自宅に設置してある防犯カメラに、蝦夷狐が自宅の前を通る映像が、まあ「8月に自宅すぐ側の空き地、駐車場に、狐が居たのを見て居たから、この場所と自宅は、歩いて数分の距離だから、狐が自宅も通って当たり前でしょうけれどね(;'∀')」

作業場に行く通り道、伏古川の左右、川の中に、多数の樹木が育って居たのですが、先日この樹木と草を、端から端まで、切って撤去しました、理由は恐らく、北側で豊平川に繋がって居るこの川の、北側の途中の近く、東豊高校近くに、羆が先日出現して居るので、川を伝い、東区の街中、密集場所に、羆が川を伝い、出現するのを防ぐ目的と思います。

豊平川で言うと、上流は定山渓方向から、下流域は、当別側から、川伝いに羆が、住宅密集地や、商業施設地域に出没する実例が、どんどん増えて来て居ますので、川岸の見晴らし確保が必要となって居ます。

作業場の辺りは当然、豊平川のすぐ側で、東豊高校辺り、中沼町、篠路辺りと並ぶ、羆出没危険地域です、何時羆が出現しても、全く不思議はない場所になって居ます。

春熊駆除を、あの屑知事が止めさせた事で、ここまでの事態を招いた訳です、道庁の赤字を、一気に十倍以上に拡大させて、理由は「道庁の労働組合と結託して、道庁職員が、仕事もせず、休みを劇tレ基に増やすわ、出鱈目な手当てを増やす(確か、札幌から隣接の市、町に行くだけで、出張手当も出した、等)イベントで大赤字を出すわ、道の財政破綻を招かせて、知事を止めて、国政に出た、遺産泥棒の共謀弁護士事務所の」

北海道も、道庁職員、札幌、旭川市長、市職員等も、公共の利益等、論外のばかりに堕ち切っており、もう実際には駄目だと思えます、子、孫の世代には、日本国の一部かどうかすら、危ういでしょうしね。

そこに持って来て、野生動物天国、日本中ですが、農業も何も、もう駄目でしょうね、野生動物の食糧生産農地、とされて来ている現実ですし、家庭菜園ですら、野生動物の食料供給場所化されて居るのだから。

ここまで稚拙な嘘を、これで通って来たのが司法の現実

  • 2022/10/31 08:07

昨年3月29日の、重過失傷害事件に絡んでも、幾つもの警察、司法が、損保東海、提携弁護士の犯罪指揮下に入っての、捜査機関、司法テロ実行に走って来て居ます、狂った只の権力犯罪です。

;加害者が加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償と、弁護士特約を、法人に届けた証拠がある、事件原因焼却炉、の傷害事件で、東海、提携弁護士が、保険業法違反、弁護士法第27条適用犯罪行為、東海資金背任流用等で行って来て居る。

;この日常生活賠償特約に、賠償債務金一部示談分支払いして、保険金支払い請求手続きを取ったのは、被疑者、被疑者しか被保険者に該当せずだし、この証拠も、捜査機関に被疑者は出して有るのに”被害者が東海日常生活賠償に、対人賠償金詐欺請求した、被害者が詐欺を働いた事件”とまで、でっち上げた詐欺事件捏造にも、東海、提携弁護士、被疑者息子が捜査指揮を執り、詐欺冤罪でっち上げを成功させようと、警察、検事ぐるみ暴走して来て居る。

;被疑者の息子、ワイエx商会社長と、東海自動車保険部署、提携弁護士は”事件原因の焼却炉は、ワイエ×商会の帳簿に、リースと書いて有るから”ワイエ×商会が所有の焼却炉で、被害者か、被害者経営会社に、ただで提供した機器だ、証拠は無いが、よって被疑者には、刑事、民事責任共無いので、被疑者の息子相続人にも、損害賠償債務支払い責任は無い!当事者間示談書も偽造だ、示談済み分示談金支払いも嘘、貸付金だ、等も、証拠無しで出鱈目主張して居ますが。

;こいつらのでっち上げだと”被疑者が加入、自家用自動車保険、日常生活賠償と弁護士特約、適用出来る訳が無いです”ワイエ×商会が、事件原因の焼却炉を所持して居るんだ、との主張、言い掛かりだから、違法な自家用自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約適用、背任罪、保険業法違反、弁護士法第27条適用犯罪他、自供ですし。

;当事者間示談書は偽造だ、示談済み分示談金支払いは嘘、貸付金だ、被害者が被疑者加入、自家用自動車保険日常生活賠償に、対人賠償金支払い請求した、等の嘘を、公に吐いて居るが”被疑者は捜査機関に、ワイエ×商会に焼却炉納品証拠、自家用自動車保険適用出来ます、東海が被疑者に発行書面、示談書一部、示談金支払い証拠、被疑者が東海に、示談金支払い分、支払い請求した証拠を出して居ます、東海、被疑者の息子、提携弁護士、東署刑事一課強行犯、二階堂検事は、嘘との証拠が揃った上で、ここまでの虚偽による犯罪、冤罪でっち上げに走って居るんです。

無責任、脱法犯罪凶行が認められて居る、司法犯罪の制度化でっち上げ理由

  • 2022/10/31 07:45

法曹資格者、司法公務には、無責任、脱法、犯罪公認が認められて居ます、憲法、法律規定破りですし、こんな司法の犯罪適法でっち上げ、犯罪を凶行し放題特権も、闇で与えられて居て、二は、憲法、法律根拠も有りません、只、国家権力間の、闇談合で認めて有る、文書等で認めてはいない、代物です。

損害賠償債権債務は「同一の事件で、一回しか損害賠償請求を認めて居ない、司法テロの現実ですが、こんな司法犯罪賠償、何処にも合憲、合法との根拠、証拠は無いですし”公式文書化して、憲法第29条、民法第709,715条法を犯して強制無効化が正しい”とでっち上げで決めて有る訳でも有りません、あくまでも、弁護士用が主眼の、合憲、合法無し、弁護士、検事、裁判官、刑事、民事訴訟法手続き上だけでの、阿吽の呼吸での詐欺行為です」

当然ですが「一の事件が原因で、複数の損害が発生して居て、複数の損害賠償金支払い請求を起こしても”公式に、一回しか損害賠償請求を認めない、判例で、これを強制的に通して有る”都は、公式文書に記載して、強制適用など行って居ません、犯罪だから拙い訳です」

こう言った、司法がでっち上げただけ、で成功に持ちこんで有る、司法犯罪制度では「絶対に合憲、合法を武器とさせて、正しい事実、証拠を揃えて、正しい答えを物理的、法理論で証明して、正しい方が勝つ、を、法曹資格者、司法は、強権発動に走ってさせない事と、闇で決めて通して居ます、司法犯罪だと、公にばれて証明されるんで」

同じ構図で「第三者行為傷害加害事件ですけれど、加害側が医療費も不払い、理由無しでの経済的窮乏目論見、不払いに走られて、健康保険を緊急避難で仮に使った事で、発生して居る、医療費債権債務踏み倒しの手も”第三者後遺障害による傷病の治療”この診療記録を、一般傷病による治療だと、診療録から偽造させて、偽造して”公的資金立て替え支払い債権債務踏み倒し、を、強引に成功させて有る訳です」

傷病原因を、司法テロか外も加えられて、第三者後遺障害による傷病、この事実を捻じ曲げて”一般傷病による治療”と、診療記録偽造から、主治医、医療機関、保険者、生活保護部門が共謀犯で手掛けて、成功させて有ると言う構図です。

マフィア、犯罪組織の手、上が無言で指示を出すと、実行役が、邪魔者を潰すあれと同じ、ですよ、司法犯罪の制度化が成功している理由は。

合法な主張、訴訟提起理由、判決と言う証拠、証明も無し

  • 2022/10/31 07:21

債務は存在しない事の確認訴訟「の設定ですが?債務は存在しない、と訴えた根拠証拠、法を備えた理論構成は無し、只の訴訟詐欺提起、詐欺訴訟提起を、合法無しと承知で”勝訴だ判決を常に下して居る”」

当然、存在して居る、損害賠償債務、債権と承知で、法曹権力が主導、詐欺訴訟提起、詐欺と承知で、適法な訴えだと、言うがまま、詐欺勝訴判決だから「正しい勝訴判決、となるように”関係する、該当事件が原因で、発生して居る損害賠償債務、債権全てを、根拠無しで強制抹殺!”までして有る、司法恐喝の手が仕組まれて、適法と偽装されて居ます」

この事実が有るから「絶対に”合憲、合法を証明した、債権、債務が正しく存在して居る事実を、使わせる事を叩き潰す訳です”やらせの訴訟詐欺提起、詐欺訴訟提起が正しいと、合憲、合法破壊で常に、訴訟詐欺が正しい判決を下す設定、迄仕組まれて居る、司法テロ犯罪が、合憲、合法を証明する事実証拠、理論構成を使われると、破綻しますので」

債務不存在確認訴訟を、詐欺で提起すれば「詐欺訴訟提起と承知で、合憲、合法破壊、詐欺訴訟提起が、正しい根拠無しで適法だ判決を、詐欺の共犯者裁判官だから、常時下す”司法冤罪が、常に成功させられて居るのと、根本は同じ”合憲、合法を持って争う事を、強制叩き潰し”司法テロで、詐欺訴訟が適法判決のみ常時下して、正当化を捏造、手口は同じです」

一昨年8月11日、山本巡査一方的追突傷害事件、加害側は、実際には一円の対人賠償債務金支払いもせずで「189万円も対人賠償金を支払ったが、30万円過払いだった、もう債務は無い詐欺訴訟提起、詐欺訴訟と承知で、適法な訴えだと、そのまま判決で勝たせた、嘘の訴訟提起と承知です、加害側、弁護士、裁判官共に」

で「公訴提起して、189万円仮支払いは、被害者乗車車両に掛けて有った、東京海上日動自動車保険、人身傷害特約が、対人補償金仮支払いしたお金と、東海からも証拠書面が出た訳ですが、控訴事件証拠でも出されて居ますが」

山本巡査、共栄火災、提携弁護士斉田は「一審判決が正しい!これだけですよ、債務無し訴訟提起、30万円過払いだった、も含めた、詐欺訴訟提起が正しい、との根拠?主張は、理由にもならない、詐欺集団と言う証明も果たされて居る事実です」

後遺症却下理由、人身傷害特約東海、自賠責窓口損じゃの、後遺症却下理由も「頚椎変形、視力激減との、主治医らの診断は虚偽、かかる後遺症に該当傷害被害事実無し!で却下、医師法第17条違反犯罪診断で、合法な主治医の診断潰しは、医師法第31条1が適用、刑事罰適用の犯罪、と指弾されて、最後の逃げが」

後遺症が有ると、一審で主張しなかったから却下だ、審理せず強制結審、詐欺訴訟適法判決、との事実無視で、で最後の前の、後遺症却下理由は”一審判決で、後遺症を認めて居ないから”と変わって居ますし、最後の後遺症審査請求は、握り潰されて居ます。

損保が指揮、司法犯罪の犯罪解説を少し

  • 2022/10/30 14:03

損保が指揮する司法犯罪も、犯罪でしか有りませんから、犯罪が適法だ、との法螺決定、判決が、正しく合憲、合法なのか?これを、絶対に糾弾もさせないからくりとされて居ます。

闇ででっち上げただけの、司法犯罪制度が”根拠”の決定、判決が、常に正しいんだ!合否証明は問わせない、逆らうと司法冤罪粛清に落とすぞ!魔女狩り裁判、宗教裁判と同様なのが、日本で行われて居る、刑事、民事訴訟法手続き、決定、判決だ!が真実故。

昨年3月29日、重過失傷害事件、東京海上日動、提携弁護士向井諭事務所、弁護士、被疑者の息子、ワイエx商会社長の相続人、東警察署、二階堂検事「本当は?事件原因の焼却炉は”ワイエx商会が所有の機器だ!被疑者が所有者と言うのは嘘だ!ワイエx商会の帳簿に唯”リース”と書いて有るんだ、だからワイエx商会が機器の所有者で、被害者か、被害者経営法人に、ただで提供した機器だ?被疑者は冤罪だ!」

こう、事実無根と証明された言い掛かりを、事実とでっち上げるべく暴走して居るけれど「であれば、被疑者が加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償が適用出来る、弁護士特約も適用出来ると、公に認めて、弁護士特約を被疑者、息子に適用させて、被疑者に対人賠償金請求もさせた、この連中は、幾つもの違法行為を手掛けて居る訳です」

「法人が所有者、の機器の事故なら、被疑者加入、東海自家用自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約は、適用不可ですし、この主張であれば”こいつら揃って、東海自家用自動車保険、日常生活、弁護士特約違法適用、ワイエx商会社長も、損害保険詐欺実行犯の一角”ですしね」

この連中、ほぼ何も、自分達の言動が、どう犯罪、違法行為鴨、何も無知故理解出来て居ないんでしょうね「民事裁判にも”焼却炉はワイエ×商会が所有の機器だ、被疑者は冤罪だ!”等記載して、出して居るが、だったら東海、提携弁護士、ワイエ×商会社長、お前等保険業法違反、東海資金背任流用、自家用自動車保険詐欺犯だぞ」

こんな愚かな犯罪者達が「根拠無しで、示談書は偽造だ、既払い示談金支払いも嘘だ、貸付金だ!ともでっち上げているが、犯罪を複数実行犯連中が、この嘘も吐いているに過ぎない、幾つの嘘、でっち上げ、犯罪に手を染めて居るのやら、と言う事」

先ずは「整合性を取る為”遺産資金隠匿、脱税、相続税、贈与税脱税犯罪、改めて納税手続きを取り、証拠で出せ、それと”東京過剰日動、自家用自動車保険、日常生活賠償、適用の可否を答えろ!既に弁護士特約、日常生活賠償を稼働させている事実を持った上で」

司法犯罪制度の闇を知り、対抗策を

  • 2022/10/30 10:00

司法犯罪は、合憲、合法破壊、テロ、犯罪を武器とさせて有るから「表に出さず、司法の闇で、根拠ゼロ!で強制力を行使させて、成功させて有る事柄も、加えて有るんです」

損害賠償債務を、合憲、合法破壊により、強制踏み倒しして、通して有る、債務不存在確認詐欺訴訟、この訴訟詐欺、法曹権力詐欺犯罪にも、幾つもの犯罪が組み込まれて、成功させて有ります。

その重大な司法詐欺訴訟には「詐欺で債務不存在と訴える手口故”債務は存在しない、訴えに根拠証拠は無し”詐欺訴訟で仕組まれている事実、から存在して居ますし」

この損害賠償債務を、詐欺訴訟で強制抹殺、司法詐欺には「この訴訟詐欺一つを提起すれば、合憲、合法強制破壊を用いて、同じ事件で生じている、損害賠償債権債務を、根拠ゼロで、強制全抹殺させて有る、司法恐喝も加えて有ります」

つまり「債務不存在確認詐欺訴訟を提起すれば”一指揮全部、合法に負った債務を根こそぎ踏み倒せて居る、と言う事です”一切債務が無い立証無しで、どの債務化も証明不要で、司法恐喝で、事件が原因の債権債務全てを、司法恐喝で、強制抹殺して、通して居ます」

同様の司法犯罪の手は、他にも幾つも有ります、司法犯罪、相続遺産金、遺産預金泥棒制度でも「泥棒に成功した遺産金、遺産預金は、泥棒側の弁護士が、盗みに成功する都度、遺産目録を偽造して、泥棒出来た遺産金を、遺産目録から抹殺して、裁判官に出せば、遺産目録偽造再提出が出る度、裁判官が”遺産金は正しく盗みに成功した、よって、盗めた遺産金は、偽造遺産目録通り、遺産から抹殺された!”と、犯罪決定するからくりでして」

泥棒された相続人等が「遺産資金が盗まれた、自分の相続分を返せ!と、正しく訴えても”泥棒に成功した遺産資金は泥棒が所有権を得た、不満がある、遺産泥棒被害者相続人は、損害賠償請求で、盗まれたと言う遺産資金の回収手続きを取れ”と、詐欺決定されるけれど」

盗みに成功した遺産資金は、泥棒に成功する都度、泥棒側弁護士や、弁護士自身が泥棒の場合も、盗みに成功する都度、遺産目録を偽造して、遺産資金から窃盗額を抹殺して、裁判官が認めて有るから「損害は存在せず、損害賠償は却下されるからくりですよ」

zxcvbn

  • 2022/10/30 08:41

令和4年(ネ)第153号
債務不存在確認請求控訴事件

控訴人  〇川孝一

被控訴人 佐藤利〇

補助参加人       印

                                 令和4年10月31日

札幌高等裁判所 第3民亊部3係 小松田朗広書記官 御中
TEL011-350-4781

               補助参加人 意見書

1、本件控訴事件は、被控訴人側が提起した、訴訟原因となった、人身交通事故事件に於いて加害者にはもう、対人賠償債務は存在せずとの、合法を証明した根拠、証拠も無しの訴訟提起と、この合法根拠無し、訴訟提起内容を、正しい訴訟提起と、同じく根拠証拠なく、一審で判決が下った事に対して、対人交通事故傷害事件被害者の控訴人が、正しく対人賠償債権が存在する事を、事実証拠も揃えて証明して、一審判決は間違いで有り、事実立証出来て居る、控訴人側が持つ、被控訴人に対して持って居る損害賠償債権は、正しく複数存在するので、合法に証明出来た、控訴人側が、被控訴人に対して有して居る、対人賠償債権の存在を認めよ、との目的による、控訴提起で有る、補助参加人も、控訴人から、本件対人賠償債権の一部譲渡を正しく受けて居る、被控訴人に対しての、債権者の一人である。

2,世の中の国民の大半は、憲法、法律が正しく守られて居ると思っており、まさか損害賠償債務を負った側が、損害賠償債権者、被害者のみを、合法根拠無しで、債務不存在と訴えれば、本件事件のように、何らの債務不存在事実証拠無しで、債務は無いと判決が下り、関連する同じ事件で生じている、損害賠償債権債務全てを、法に拠らず強制抹殺される等、知る由もなかった事実である。

3,この、訴訟詐欺と見做すべき司法手続き?被害を防ぐ為に「控訴人と補助参加人は、本件債務不存在確認での、一審根拠無しで敗訴は間違い、この過失傷害事件では、これだけの損害賠償債権を、控訴人側は持って居ると認めさせるために、控訴手続きと、補助参加手続きを取って居るのである、何しろこの債務不存在確認訴訟で、正しい事実、証拠を揃えて、控訴人側の債権存在証拠で出し、対人賠償債権の証明をなし、控訴事件で認めさせなければ、合憲、合法に存在して居る、控訴人対人受傷被害者が正しく持つ、対人損害賠償債権、傷害事件で負った怪我に付いての医療費、休業損害、傷害部分慰謝料、治療に際しての交通費、本件傷害事件で負った、重い怪我に付いての後遺症逸失利益損害、後遺症による慰謝料を、合憲、合法に拠らず、法曹資格者、司法の只の考え?で、存在せず、と、法に拠らず強制確定されるのだから」

4,合法根拠無しで、対人賠償債務を違法に踏み倒す目論見を持ち、加害側は、債務不存在確認訴訟を提起したが、言い掛かりでの債務不存在確認訴訟提起と見做せる、一切債務不存在との証拠も出て居ない現実があり、一審判決の根拠にも、債務無しとの合法、合理的事実証拠、法理論は存在しない通りであり、この事実は、憲法第29条、民法第709条の蹂躙で有り、訴訟詐欺と見做すべきと、債権者の一角である、補助参加人は、事実証拠により考えて居る、控訴審判決では、債務の存在の有無に付いて、憲法第29条、民法第709条、医師法第17条の、正しい遵守を備えた事を証明した判決が必要と訴える。

5、当然であるが、この債務不存在確認事件控訴審裁判だけで、訴訟原因傷害事件で、被害者控訴人側に生じた、対人賠償債権全てが無効化される等、認められない事も申し添える、又、被控訴人側に対して、被控訴人側は、一切対人賠償債務は存在せず、との主張を公に立証した根拠証拠の提出を、裁判官は行わせるよう、再度求める、債務は存在せずとの証拠が無いなら、言い掛かりを持った、対人賠償債務踏み倒し目論見、詐欺訴訟提起と言うのが答えなのだから。

対人賠償犯罪で踏み倒し、債務不存在詐欺訴訟の闇のからくりは

  • 2022/10/30 08:15

只の司法テロ、債務不存在で訴訟提起、対人賠償を負った、加害側が、司法詐欺権力と共謀しての、合法な対人賠償を、テロ犯罪で踏み倒し出来ている、合憲、合法破壊実現させて有る、司法犯罪訴訟詐欺。

この訴訟詐欺、提起された被告、被害患者側は「出鱈目な詐欺訴訟をし掛けられたら”詐欺訴訟提起された時点まで、が原則対人賠償請求を、司法詐欺犯罪権力が、法の破壊で対人賠償の権利を、不法に認める時期とさせて”反訴しろ”反訴しないと、対人賠償は、法に拠らず踏み倒されて終わるんだ!”」

この手もでっち上げて有る訳です、じゃあ「訴訟詐欺に付き合うが、反訴しないとどうなるか?と、合法に背いた只の詐欺訴訟提起、これを正しく証明もすれば”裁判官が、審理を強引に潰して、詐欺訴訟提起が全て正しい!と、犯罪判決を下す”からくり迄仕組んで有りますし」

この詐欺訴訟提起、詐欺訴訟が正しいと、でっち上げで判決確定で「同じ事件で生じている、他の債権債務も、法の破壊で根こそぎ強制抹殺までして有るんです、だから”この訴訟詐欺、詐欺債務不存在確認訴訟に対抗を、詐欺裁判で行うなら、他の債権債務も、被害者が証明する事が必須事項なのです”」

この司法詐欺訴訟提起「この訴訟詐欺のみで”他にも存在、生じている、対人賠償債権、債務を、法の破壊で根こそぎ強制抹殺、迄仕組まれて居るのだから”この詐欺訴訟、債務不存在確認訴訟で、後遺症の等級と、後遺症が原因で発生した、逸失利益、慰謝料、医療費も、被害患者は、証明しておく必要が有るのです」

これを果たす事で「訴訟詐欺一つで、他にも存在、発生して居る、対人賠償債権債務を、法を破壊して、全て不存在とでっち上げで決めた!他にこの傷害事件で生じた、対人賠償債権債務は、根拠ゼロで無いんだ!と、司法テロで強制でっち上げ決定して居る、司法詐欺、恐喝に対抗する為です」

ページ移動

ユーティリティ

2022年10月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6744729
ユニークアクセス:5908231
今日
ページビュー:1094
ユニークアクセス:1011
昨日
ページビュー:1315
ユニークアクセス:1292

Feed