エントリー

2022年10月16日の記事は以下のとおりです。

犯罪を制度化したと、司法独裁権力が

  • 2022/10/16 18:54

須×氏が委任した弁護士も「合法による、人身交通事故賠償請求訴訟を行うと、裁判官の心証を悪くするから、従来通りの、犯罪賠償制度で訴訟を行え!とかを要求、拒めば下りるぞと、これも定番の」

これが民事裁判で、裁判所、裁判官が「本人訴訟で戦うなら、合法を破壊させて、敗訴させryぞ!弁護士を使って司法犯罪制度訴訟に変えろ!と強要もする理由です」

本人訴訟で戦われると、合法な訴訟で戦われるから、弁護士、裁判官、裁判所は拙いんですよ、事実証拠、法理論で争わせない、司法犯罪制度で、裁判ごっこに興じて、闇で司法犯罪制度判決を、事前にでっち上げて有るだけ、が真実だからね。

本人訴訟で、合法を持って訴訟を行われると、弁護士を就けた側、弁護士は「何の合法事実証拠、証明も果たせず、裁判官と闇談合するばかり、抗弁など、元々言い掛り、でっち上げしかない輩故、正しい訴訟等、出来る資質も思考、知識、判断能力も無いのだから、これしか出来ない訳です」

無知無能、治外法権がほぼ全て、只の破落戸、xx者、テロリストの言動の輩です、法律で正義を実現、資質も知識も能力も、遵法意識も欠落し切って居るんだから、不可能に決まって居ます、備わって居ない物は、発揮出来る訳が無いんですから。

人の本質、資質、遵法意識の有無、犯罪に禁忌が有る無し、これ等を見て、計って、何を目論んで居るか等を読み、対抗しなければなりません、事実がどうか、これを判断材料としなければ、法曹権力の実態、只のテロ犯罪国家権力、この事実により、不当に陥れられるだけです。

損保如きの下僕、損保カルトの信者が実際の法曹資格者、司法機関、法務省、国交省、厚労省、金融庁、財務省、警察が実際なのですからね、合法の破壊が司法犯罪、損保が指揮する司法、警察、行政犯罪成功の武器なのだと、現実を正しく理解して、把握して、法律で対抗し続ける、これを徹底できる国民、ほぼ皆無だから,損保が指揮、司法テロ犯罪が常に通される国家、が加速の一途なんですよね、国民の実態が招いている司法テロ国家、ですから。

極悪犯罪が証明済み

  • 2022/10/16 08:14

被疑者が加入の、東京海上日動自家用自動車保険、札幌損害サービス第4課、永井課長、伴担当が仕組んだ「東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償に、被害者が詐欺狙いで、対人賠償債権請求を行った、事件原因の焼却炉は、被害者が購入した機器なのだが、金に困った被疑者と組み、損害保険金詐欺を働いて居る、この詐欺冤罪も、被疑者が捜査機関に出して有った、被疑者の息子が社長の、ワイエx商会に機器納品書類で、根本から嘘と証明されて居ます」

又、提出済み証拠で「東京海上日動日常生活賠償に、既払い分対人賠償金支払い請求したのは被保険者、加害者で有り、被害者が詐欺狙いで請求、も嘘と証明されて居ます」

当事者間示談書は偽造だ、この、被疑者に対する相続人、ワイエⅩ商会社長の嘘も「示談書複数は、被疑者と被害者から、捜査機関に渡されており、表向きの重過失傷害事件捜査で、この示談書複数を、偽造だのとされて居ないし」

被疑者の息子、相続遺産資金隠匿、高額脱税実行未遂者の、億近い遺産資金隠匿、巨額脱税未遂犯罪告発、北税務署の調査も入る等して「被疑者(と被害者)が金に困って、被害者が東海相手に、損害保険金詐欺狙いで違法請求した、この被疑者息子の嘘も破綻しており、示談済み分一部示談金支払い、も嘘で、貸付した金だ、との、こいつらの嘘も”未回収の相続遺産金、相続税支払い対象資金”等、北税に申告して居ないし」

示談書が偽造だ等、刑事告訴も提起して居ませんから、そして「札苗交番、小林巡査長他を、偽造示談書で金を脅し取られそうになって居る、等嘘を吐き、合法な債権回収を、犯罪扱いさせようと謀った事で、地域課”も”示談書を提出要求したから渡して有り、刑事課共々、地検も一緒に、示談書の真贋捜査して居ると言う状況ですが」

全く示談書が偽造だ等、捜査機関から言っても来ていません、そもそも「被疑者の息子、巨額脱税、冤罪でっち上げ訴え他犯罪行為者と共犯者に”示談書がでっち上げだ、示談金既払いは嘘、実は貸付金だ、被疑者(と被害者)は金に困り、東海自家用自動車保険日常生活賠償特約に、被害者が詐欺狙いで請求した、これ等の嘘には、何の正しい根拠も無いのですから、嘘だと暴かれて居るのだから」

対人賠償不払い目論見の損保、捜査機関テロ、損害保険金詐欺冤罪でっち上げ凶行、損保指揮司法テロ犯罪と、遺産資金泥棒で闇取得、犯罪利得は脱税出来て、全額泥棒が所有出来る司法犯罪、が共に凶行されて居る、極悪な損保、犯罪者、警察、司法、行政共謀テロが惹き起こされて居ます。

司法の定番犯罪を

  • 2022/10/16 07:53

相続遺産金、遺産預金は「泥棒に成功すれば、泥棒が無税で盗みに成功した遺産資金すべての所有権を得て、逃げられる司法犯罪、相続遺産分割除外説、によって、司法が成功させてきた権力犯罪、被疑者の息子も、被疑者死去後、警察、検事、東洋海上日動、提携弁護士も共謀犯で加担して、億近い?被疑者の相続遺産資金隠匿、巨額脱税に組もして来た訳です」

ですが、この司法犯罪も、令和2年からは、ほぼ成功させる事は無理、犯罪で取得した遺産資金も、税務署に通報すれば、遺産預金先金融機関は、税務署に該当預金情報を渡さなければならなく変わっているし。

税務署はもう、遺産資金、預金泥棒に成功した資金も、正しく国税徴収法から適用させて、徴税されるように変わったからです。

この、遺産資金は盗むと泥棒が、無税で自己所有金と出来る、司法犯罪も、合法が通される事で破綻しており、今では遺産資金泥棒で逃げる、司法犯罪は成功せず、遺産資金への合法徴税実施、合法化実現も、泥棒の共謀犯東京海上日動、提携弁護士連中、警察、検事、恐らく裁判官連中も、正しく理解も出来て居なかった筈です、だから被疑者の息子の嘘、当事者間示談書は偽造だ、被疑者と被害者は金に困り、東京海上日動自家用自動車保険から、損害保険金詐取を目論んだ等の嘘に、対人賠償保険金不払い目論見で、乗った訳でしょうし」

この被疑者の息子、相続人と共謀して「金に困った被疑者、東京海上日動自家用自動車保険加入者、対人賠償債務を高額負って居る加入被保険者と被害者は、金に困っており、東京海上日動自家用自動車保険相手に、詐欺請求した、との法螺を正当化する目論見も有り”高額の相続遺産資金の隠匿、巨額脱税犯罪へも、東海、提携弁護士、警察、検事等は加担したと言う”」

億位の遺産資金が有るんだから、金に困った自分の父親と被害者は、東京海上日動自家用自動車保険に対して、損害保険金詐欺狙いで詐欺請求した、この被疑者の息子と共謀の嘘は、成立しないのですから。

で「こいつ等は、高額の対人賠償金支払いを潰そうとの黒い目論見で、損害保険金詐欺冤罪でっち上げ、被疑者被保険者(と被害者)は、金に困って損害保険金詐欺を働いた、被疑者も金が無かったから、との嘘を事実と偽る為、被疑者の息子と共謀して、被疑者の億位の遺産資金隠匿、巨額脱税へも加担、犯罪に走った訳です」

司法犯罪制度が重なった結果

  • 2022/10/16 07:24

司法が犯罪を正しい、とでっち上げて、犯罪によって成功させて来て居る、損害賠償請求手続き、遺産相続手続きが重なった事で、個別事件を凌駕した、極悪警察、司法共謀テロ、犯罪に発展して居るのが、昨年3月29日に起きた、焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件に係る、東京海上日動、提携弁護士、警察共謀の極悪犯罪、被疑者死後は、相続人の息子と東海が、犯罪の指揮を執り、警察も犯罪に追従して、を惹き起こして居る訳です。

対人損害賠償支払い責任を、被疑者は負った事で、被害者と数通、示談金支払いを約した示談契約書を交わして居ますし、示談済み分ずつ、示談金支払いも行っており、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償に被疑者、加入被保険者は、既払い分の支払い請求を行って行って居ます。

しかし、この請求も受けて居る東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償担当部署、担当の永井課長、伴担当は「被疑者が生前は、この連中独善で”損害保険金詐欺を目論み、被害者が損害保険金支払い請求して居る”と、虚偽の損害保険金詐欺事件を、証拠も事実も無しででっち上げて、東警察署刑事一課強行犯、平野巡査部長に、詐欺事件だ、捜査しろ!と訴えた事を受けて」平野巡査部長と係長、検事は、事件当事者双方から、東海がでっち上げた詐欺冤罪は嘘!との事実証拠も得て居ながら」

証拠の意味も理解出来ず「東京海上日動伴らの捜査指揮下に入り、損害保険金詐欺冤罪を、警察、検事職権悪用で、事実とでっち上げ確定に暴走したと言う」

東京海上日動と提携弁護士に事務所、所属弁護士は、この損害保険金詐欺冤罪でっち上げが、警察、検事、刑事、民事訴訟法手続き担当裁判官の共謀テロにより、公に事実と、冤罪との証拠を握って決めて貰えて、対人賠償保険金踏み倒しが成功する、と目論んだ訳です。

この犯罪を成功させる為だと言う理由で「被疑者死後は、相続人の息子も犯罪に加わり、共に、こいつが相続する、億近くの遺産資金を隠匿して、高額脱税を成功させる為の犯罪共謀実行!等の犯罪も重ねて来て居ます」

対人合法賠償叩き潰し用、被害者を詐欺冤罪に落として不払い成功の手と、遺産資金は盗めれば、納税も逃れられて、泥棒が所有資金と、犯罪判決、決定で常時決めて通せて居る、この司法犯罪が組み合わされて、公の司法、警察テロが再現されて居ます。

こいつらは、合法等微塵も果たす意思も無い故、犯罪の限りを公然と尽くし捲り、対人賠償犯罪で踏み倒し、相続遺産資金を盗み、脱税も成功させて、被相続人が負った、対人加害行為者賠償責任、契約も、強引に潰そうと謀って居る訳です、公権力グルものテロで。

合法破壊が常、刑事、民事事件、訴訟、法曹権力のこれが現実

  • 2022/10/16 07:08

合法による刑事、民事事件扱いの実現、これを先ず求めなければならない、恐ろしい現実ですが、これがこの国の法曹資格者、司法機関、現実です、事件を正しく理解出来ない、無知無能さが惹き起こして居る、中世の独裁国家の亜流、日本の司法、警察、行政テロの現実を惹き起こしている理由です。

この現実の恐ろしさが「合憲、合法を根底に据えて、刑事、民事事件を正しく扱う、公権力の行使を果たす事が不可能、を招いて居ると言う現実の恐ろしさです」

正しさが全く通らない、何故ならば「法曹資格者、司法機関、行政機関構成員、警察に、合憲、合法とは、を理解出来る素養が欠落し切っている故、が答えだから、正しい事が通らない訳です、合憲、合法、違憲、違法、犯罪を、無知故区別できないのですから」

証拠を正しく揃えて、正しく証拠を検証して、合法な証拠か?でっち上げた、犯罪を糊塗する為の捏造証拠か?等も何も、素養が欠落し切って居るのですから、合憲、合法実現など果たせる訳が有りません。

東署の刑事さん方も今では「自分達があまりにも無知だから(損保、弁護士、裁判官等も含めた)他者の言うがまま、正しく無い方向に、警察権行使を行ってしまったりして居る、これを認め出して居ます」

人の話をちゃんと聞ける法曹資格者も、司法犯罪制度に合憲、合法は無い事実を、法律規定も添えて告げられて、理解して、法に反した司法犯罪制度、と認める事となって居ます。

司法が頭ででっち上げただけ、の、司法犯罪制度が常時正しいとなるように、合法の破壊を判決で出して、判例が出来た、合憲、合法が犯罪だった、法律の正しい適用は、無効化した、これを武器とさせて、司法犯罪制度が常に正しいと捏造され、通されて居る日本の現実により、犯罪者天国国家に、強引に作り替えられて居るんです、主犯は弁護士犯罪国家資格者であり、他の法曹資格者国家権力です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年10月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6744902
ユニークアクセス:5908404
今日
ページビュー:1267
ユニークアクセス:1184
昨日
ページビュー:1315
ユニークアクセス:1292

Feed