エントリー

2022年10月01日の記事は以下のとおりです。

損保、司法損害保険金詐欺冤罪の現実

  • 2022/10/01 16:42

昨年3月29日に起きた、焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件で、高額の対人賠償金支払い責任が生じたので、この対人賠償金支払いを、犯罪で踏み倒そうと「違法適用で有る、被疑者個人加入の、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約を、東海が、違法稼働させた訳です、が」

そもそも、この自家用自動車保険、特約「被疑者が個人購入した焼却炉だけど、納入先は、被疑者の息子が、無能故、名前だけの社長の法人に届けたから、被疑者が加入の、自家用自動車保険は不適用なので、稼働させると違法だったのに、この事実にも気づく頭を持たない、東京海上日動の連中と、提携弁護士連中と言う、高額対人賠償だろうと、お前らに無関係だと、気付く頭もない無様さ」

この、自家用自動車保険適用の可否から理解不可能故の、東海、提携弁護士連中による、根本の違法自家用自動車保険稼働により「高額の対人賠償支払い潰し用の警察、司法を下僕としている損保、東海故”損害保険金詐欺冤罪”も”でっち上げに走って居ると言う、被疑者の息子と共謀犯で、高額の相続遺産金隠匿、高額脱税にも手を染めて居るし、極悪犯罪行為集団です」

この、でっち上げた損害保険金詐欺冤罪も「被疑者とでっち上げた私は、被疑者加入自家用自動車保険とは無関係、被保険者不適格だとも、私に教えられてようやく気付いた惨状の東海、警察官、これで私を、損害保険金詐欺犯と捏造に走ったんです」

被疑者は捜査機関に「焼却炉は、xxエス商会に納品しました、伝票と、東海が、自家用自動車保険が適用出来ます証明書を出した写しと、当事者間示談書の一枚と、示談通りの支払い証明書と、被疑者が既払い金証明を添えて、東海に保険金支払い請求した書類等を、昨年7月14日に証拠提出済みだったのに、愚かな刑事、検事、何を証明した書類かも、全く理解出来なかったと言う現実で」

私を東海に対する、自家用自動車保険金詐取行為者だ!と「損保東海伴の捜査指揮を受けた刑事、検事が、愚かしく思いこんで居て、上記等事実、証拠の意味を、私から教えられて、私を東海自家用自動車保険から、保険金詐取犯罪者、とでっち上げられない、と、ようやく理解したが、もう手遅れ過ぎる事態に、こいつら揃って破滅に」

詐欺冤罪に落とそうと企んだが、自家用自動車保険の正しい適用知識も皆無、被保険者が誰かも理解不可能、私を詐欺冤罪に落とせる訳が無い証拠が、被疑者から昨年7月14日に、私からの提供証拠共々出されていたが、何も理解出来ない頭だから、正しい証拠が効力発揮せずだった、定番の警察、司法の惨状。

この事件の経緯の通り「警察官、法曹資格者、司法機関構成員等の頭の程度は、刑事、民事事件共、正しく事件を理解が不可能、証拠の合否も何も、理解の他、これを理解した上で、正しい事件の証明と、事実証拠を、何処が、誰が証明して、合否を決められるか、警察、司法カルトの刑事、民事訴訟法名目、オカルト犯罪宗教裁判の生贄に落ちない為に、も詳しく知らなければなりません」

詐欺冤罪も、横領冤罪も「該当する資金の流れと、徴税の可否、徴税対象となる者、徴税対象金は?と、徴税対象金額、当税額の証明を、税務署で揃えて呉れれば、警察、司法、実際は損保が犯罪の指揮の頭、での損害意保険詐欺冤罪、虚偽の業務上横領冤罪共、冤罪との証明、証拠が揃う事も、司法犯罪撲滅の決定的武器の一端で、と」

訴訟詐欺常態化の

  • 2022/10/01 15:51

山本巡査も、共栄火災、斉田弁護士と共謀して、定番となって居る、対人賠償金不払いで、189万円も払ったが、30万円弱過払いだった、と詐欺提訴、嘘だから、この提訴が正しいとの根拠証拠無し、司法犯罪、対人賠償踏み倒し犯罪を常に勝訴判決だけ!の踏襲詐欺提訴、詐欺が正しいと、定番の詐欺判決、までは通常運転(;'∀')

でも、公訴提起後、たくさんこの損保、司法犯罪立証実例、証拠が証拠でも出し捲って有り、医証偽造が武器の大きな物、この犯罪で、傷害事件加害責任抹殺も仕組んで有る、この司法テロ犯罪も立証して有ります、刑法第160条、医師法第17条違反を組み込んで有り、この法律に拠る、刑事罰も免除して有るから成功、も証明して有ります、司法警察員加害者と、司法共謀のテロ犯罪と、正しく証明して有ります。

更に「税務署も”山本巡査は、自賠責上限を超えて、189万円対人賠償支払いしたのか?30万円は、賠償金支払いでは無くて、過払いだった”この主張、一審判決が正しいのか?徴税目的の調査を行う、との答えも得て有ります、山本巡査、189万円支払い無し、が事実ですから、訴訟は詐欺で、訴訟詐欺が適法判決も、詐欺判決なだけですし、正しく過払いなら、賠償金にならず、徴税対象利益だからです」

事実無根の、損害賠償金合法支払いせず、詐欺、恐喝司法犯罪で強引に踏み倒し、徴税目的の、税務署による調査を行って貰う事でも、こう言った詐欺行為、詐欺判決の合否証明が出来ます。

何の正しい根拠証拠も、元々この類の詐欺で賠償踏み倒し、詐欺で提訴、詐欺が正しいと、嘘と承知で常時判決!

金の流れから正しく調査を、国税が行い、徴税の可否を調べて、金の正しい流れ、正しい徴税の可否決定、徴税するなら、誰が、どう言う利益隠匿した事で徴税されるか、これ等が、国税徴収法による、徴税に係る調査実施で”は”正しい事実、証拠によって、公式に答えが出て、徴税するなら徴税されるし、徴税対象外なら、徴税は無い、とはっきり証明されます。

対人賠償を、司法も共謀の犯罪により、合法無しで恐喝踏み倒しが正しい判決で、合法な確定事項となる訳が有りません、事実無根の判決で有れば当然です。

一昨年8月11日の、山本巡査が加害者の傷害事件対人賠償詐欺も、昨年3月29日、従兄が加害者の重過失傷害事件も、対人賠償を、損保、司法犯罪で叩き潰す黒い目論見が出ているが、徴税目的の、税務署調査も行われて居るから、言いがかりを正しい、と判決を下しても、合法な判決で、判決通りが正しい、とはならない訳です、既に「事実による、税務署の答えも出ている通り」

山本巡査の処遇は?どうなったのだろうか?

  • 2022/10/01 14:44

もうどんな言い逃れに走ったって、人を一方的に怪我させて置きながら、一円の対人賠償金支払いもせずなのに、自賠の範囲を超えて、189万円も支払ったが、30万円弱過払いだった、もう債務は無いんだと、詐欺訴訟提起して、正しい訴訟詐欺だ、と詐欺判決が下りた、が。

控訴提起して、訴訟詐欺事実も含めて、損保、司法犯罪事実証拠、実例証拠多数を揃えて反撃多数、犯罪者山本巡査、共栄火災、斉田弁護士らは、何の正しい正当証拠証明も出来ないままです、只の犯罪行為者だから。

こいつ、所属する北海道警察から「警察官としての資質、行動に、大きく欠けている、警察官職に居るべきでは無い、法に背いた言動を持ち、退職勧告を受けて居ると、自分で陳述書に書いて出して居るけれど、まだ警察官職に居るのか?退職勧告を受けた時よりもっと、法に背いた行為事実が証明されて居るんだから?」

自分で対人賠償金支払い、一円もせず、共栄火災、自賠責事業が犯罪で不払いして、何時も通り逃げる悪事の、直接実行当事者になり、悪の地方公務員、と、事実で証明されて、所属する北海道警察から、警察官不適格!の所業と正しく判断されて、退職を勧告されて居る、まあ当然でしょうけれど、犯罪に手を染め捲り、合法な対人賠償を踏み倒しに走って居るのだから。

最後のこれを成功させる手が、訴訟詐欺と来ているんだからね、悪いにも程が有ります、訴訟詐欺と言う事実も、東京海上日動人身傷害特約部署からの文書、証拠でも、逃げ道なく証明されて居るからねえ。

損保の飼い犬で、損保犯罪代理実行公権力、が実際だから、傷害事件加害者となった時も「直接加害者としても、損保、司法犯罪、犯罪を重ねて、合法な対人賠償を踏み倒す!悪行三昧に走っただけ、ですけれどね、しかし所属先北海道警察は、警察官職に置くべきでは無い人間、法令遵守から果たさないし、犯罪行為の共謀犯、実行犯と言う現実故、退職を勧告して、と言う事で」

一回の傷害事件加害行為ですが?対人賠償を踏み倒す目論見での、犯罪の数々が表で証明されて、警察官と言う前に、まともな社会人として、失格過ぎる訳で、遵法意識マイナス!の行為事実だから。

損保東京海上日動、提携弁護士が、高額の相続遺産金隠匿、巨額脱税にも加担の理由

  • 2022/10/01 08:36

昨年起きた、焼却炉転倒による、重過失傷害事件の被疑者死去後、被疑者の息子相続人と、被疑者が加入していた、東京海上日動自家用自動車保険部署と、提携弁護士が共謀して、東署、二階堂検事もグルになって「被疑者が遺した相続遺産金、遺産預金巨額の隠匿と、巨額脱税へも加担して来て居る事実、犯罪事実にも、損保東京海上日動、提携弁護士、相続人犯罪者が共謀しての、合法な対人賠償犯罪で踏み倒しを成功させる、これの実現の為には、正しく相続税徴税を逃れさせなければ、の黒い狙いが、この巨額の遺産金員隠匿、巨額の脱税目論見犯罪行為に有ります」

どう言う事かと言うと「正しく被疑者の自供、機器は被疑者が購入して、息子が社長の法人に納品証拠と証言事実と、当事者間示談書複数取り交わし、一部賠償金支払い事実、被疑者から東海に対して、既払い分を自家用自動車保険、日常生活賠償特約で支払いを求める、との請求事実等を、正しいと認めれば、合法な対人高額賠償実施が必須となります、よって、これらを全て虚偽、でっち上げ、偽造と捏造して通す事が必要な訳です」

それを果たすには、相続人、xxエス商会社長の相続人と共謀して「被疑者が遺した遺産金員、高額の遺産金員を隠匿して、巨額の脱税を成功させる必要が有った訳です」

どうしてかと言うと「被疑者が焼却炉を、自己資金で購入した、この機器は、息子が社長の法人に納品した、購入費は、息子の法人への出資金で、相続人が相続税納付責任を負って居る、この合法な徴税を、なんとしてでも潰す必要が有るんです、この合法徴税が実現されれば、焼却炉は私が購入した機器だ、この虚言が破綻しますから」

そして「当事者間示談書複数取り交わし済みで、この示談が合法な示談締結で、示談済み分の示談金を、一部既払い済みで、既払い分を、被疑者が東海に支払い請求手続きを取って居る、この事実だと、既払い示談金200万円位は徴税対象外資金となるので、示談書も偽造、示談金既払いも嘘、が破綻します、でも。

この示談金支払いは嘘で、実は被疑者から被害者への貸付金で、相続人の相続遺産金だから、相続税支払い対象金で、税金を納める、と相続税納付申告に加える訳にも行かないし、こんな手続きも無い訳で「こんな主張をして、貸付金だと相続税申告すれば”私への税務調査が来る恐れも出るし”示談書が偽造、貸付金との主張の根拠を出すよう”被疑者の息子相続人は、税務署に求められるでしょうから、嘘だからそんな証明は不可能だから」

東京海上日動、提携弁護士と相続人等が共謀して「相続遺産金高額隠匿、高額脱税に走った訳でしょう、相続税調査、納付を潰す為の犯罪で、合法な相続税納付調査を、先ず潰す必要が東海、提携弁護士に有ったし、相続人は、巨額脱税出来るし、高額賠償金支払い逃れ出来て、犯罪利得を手に入れて逃げられる予定、だったと」

裏づけも取らず、取る方法自体理解出来ないからです、損保の犯罪捜査指揮下で、犯罪捜査しか故

  • 2022/10/01 07:57

何故に今も、妻の好意で、妻の所有地に仮置きしただけ、の焼却炉「従兄が購入して、息子が社長の法人に届けた焼却炉が、転倒して、重過失傷害事件を発生させて、被疑者側の責任で、再発を防ぐ手立てを講じなければならない事も飛ばされて、今も妻所有地に置かれて居るか、損保東海、伴の捜査指揮下で、出鱈目な捜査を行って来て居る、東警察署刑事一課と、二階堂札幌地検検事等が」

東海伴の捜査指揮により「私が購入した焼却炉を、従兄が購入と偽り、機器を倒して傷害事件を捏造して、従兄が加入する、東海自家用自動車保険、日常生活賠償に、私が損害保険金詐欺目論見請求した事件、こうでっち上げられた、伴の捜査指揮を、裏付けも揃えず、揃って居た証拠は、伴の捜査指揮は虚偽、だと証拠取得しているのに、伴がでっち上げた損害保険金詐欺事件、通り、私を、東海自家用自動車保険詐欺犯と捏造で陥れる捜査、しか行って居なかったから」

焼却炉は「私が購入した機器を、妻所有地に置いてあるのが事実と、勝手にでっち上げで決めたんで”従兄が購入した機器を、息子が社長の法人に届けて、妻の好意で仮置きしただけ”この、私の言葉も、一切聞いてすら居なかった結果、今も焼却炉は、妻所有地に置いて有る訳だ」

東警察署も、二階堂検事も「愚かな損保の違法な捜査指揮下に入り、これらの法律蹂躙、犯罪への加担等を重ねてばれたから、現実逃避で逃げ回るばかりしか、もう無くなって居るんでしょうね」

東海伴、永井課長、伴の後任木村課長補佐と共謀して、従兄の息子相続人が、高額の遺産金の隠匿、巨額脱税、数千万円もの脱税を成功させられるようにとも、東海、提携弁護士、東署、二階堂検事等で共謀犯罪にも及んで来たと言う。

損保、提携弁護士、司法カルトが、損保、加害者が負った、損害賠償金合法支払いを、犯罪で常時潰せるようにと、必要な権力ぐるみの犯罪許可を、闇で国家権力が認めて有るけれど?脱税のこの目論見実現の為、損保、司法犯罪に組み込んで有る等、狂気さがもう尋常を超え過ぎて、法で律せられる国家制度を、根っこから破壊し捲って居る一環の損保、司法テロの現実です。

損保と提携弁護士犯罪を、無知故鵜吞みにして指揮下に入る警察、検事、事件担当裁判官

  • 2022/10/01 07:32

こう言う展開は、実体験でも把握して居るし、被疑者の息子の屑振りも知って居るから、被疑者が死去後、札幌北税務署にも、いち早く被疑者の息子と共犯東京海上日動、提携弁護士、被疑者の友人ら共謀、高額の遺産金隠匿、巨額の脱税未遂犯罪の事実等を、北税務署にも訴えた訳です。

高額の被疑者責任、重過失傷害加害責任による、対人賠償金支払い責任を、上記悪集団は、巨額脱税目論見犯罪と合わせて、犯罪で逃れようと、悪行を重ねても居ます、それに乗って来た東警察署、札幌地検、二階堂郁美検事、検察庁特別刑事部も?

損保東海が「違法な自家用自動車保険適用に走り”法人に届けられた焼却炉の起こした傷害事件”だから、購入者が加入の、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約が適用出来る訳が無いのに、自家用自動車保険適用を認めて、調査費拠出、弁護士法第27条違反行為の共謀、非弁事業損保が、提携弁護士を動かした!」

これら損保、提携弁護士共謀の脱法、x罪行為に走ってしまったし、私を被疑者とでっち上げて、損害保険金詐欺冤罪も、東署刑事一課強行犯、二階堂検事等を捜査指揮下に入れて、東海伴が捜査指揮を執り、完全な?損害保険金詐欺冤罪事件で、詐欺罪で私を陥れられる予定だったが「私は、この詐欺成立条件の、被保険者不適格だから、出だしの必須条件から、全く満たして居ない事から、伴は理解出来て居なかった損害保険金詐欺冤罪捏造だったと言う、でも」

一旦東警察署、札幌地検検事を、損害保険金詐欺事件で,被疑者が私だ!と、でっち上げで捜査指揮下に入れたから、もう詐欺事件設定が、根本から違ったとも言えなかったんだろうと?

更に「こんな東海伴の、私を損害保険金詐欺実行犯、とでっち上げで陥れる捜査指揮下に入って、言うがまま詐欺冤罪捏造に走った、札幌方面東警察署、刑事一課強行犯刑事と二階堂検事なので”被疑者は昨年7月14日に、自分が購入した焼却炉は、息子の会社に納品しました、自分が加入している、東海自家用自動車保険が適用出来る証拠も添えました、自分が被疑者で、当事者間示談書も交わして居て、示談分支払いもしました、これが証明書です、既払い分を、被疑者の自分が、被保険者として、東海に保険金支払い請求を行いました、これが証拠です」

と、東海、伴がでっち上げた、私が損害保険金詐欺行為者、詐欺当事者との虚偽設定を、根本から否定した証拠を、昨年7月14日に、被疑者から受け取って居て、意味も理解不可能だったらしいと。

意味も理解不可能だったから、これ等の取得証拠、東海、伴に「捜査情報提供せず、だったらしいですね、だから東海、提携弁護士、被疑者の息子は、複合的詐欺犯罪だ等、おおっぴらに言い掛りに走り、巨額相続税脱税、高額賠償踏み倒し実行、に走れたと」

事実証拠を揃えられず、損保、提携弁護士の犯罪指揮下で

  • 2022/10/01 07:01

警察、法曹資格者、検察庁、検事、刑事、民亊担当裁判官、裁判所、法務省ら共謀犯行政機関は「損保と提携弁護士の傀儡、木偶人形としてしか、損保犯罪を正当と捏造、も出来ません、何が何だか、扱う事件に付いても、理解不可能故です」

この現実が正しい事実なので「警察権力、司法テロ行使権力に狂奔している自分達、損保、損保の傀儡、提携弁護士の指揮通りに、テロに走って居る警察、検事、刑事、民亊担当裁判官、とすら、本当に己のテロ犯罪事実にも、理解を及ぼせる思考、判断力、必要知識が備わって居ません」

損保が提携弁護士に指示して、弁護士の意見書が証拠だ!と言う、常の損害保険詐欺冤罪でっち上げ告発に走ると、損害保険金詐欺を構成する必要条件から、何も理解不可能な警察官、指揮を執ると言う設定だけの検事、強制令状発行裁判官、刑事、民事事件担当裁判官も「何の事かも何も、全く理解不可能だけど、損保が指揮する提携弁護士が、意見書を証拠として、損害保険詐欺だと告発したから、損保、表向き提携弁護士が命じるまま、逮捕状、捜索押収許可状を、目蔵版発行して、行使させて、詐欺事件は正しい、と、事実無視で、公務ででっち上げる訳です」

じゃあ、損保の連中は、正しく損害保険金詐欺と、事件を正しい事実、証拠によって、正しい法の規定で構成出来て居るのか?と言うと、そんなスキルが、損保の職員如きに有る訳が無いし、このレベルの損保職員から、盲目的指揮を受けて、損保が命じるままに、損害保険金詐欺冤罪捏造に狂奔提携弁護士も、合法を証明して、損害保険金詐欺だと告発して、捜査指揮を執れる知識もスキルも、有る訳はない現実です。

この独裁国家権力構成員連中、損保が詐欺と言うから、詐欺事件で強制決定する、これが全てなのですよ、普通は?関係する国家権力と報道カルトが、損保捏造の損害保険金詐欺冤罪も、正しい詐欺だとなるように、詐欺は冤罪と言う証明事項を隠匿して、詐欺が正しいとのでっち上げを正当化する為の、公権力必要犯罪実行、も常だからね「傷害致死傷事件抹殺用の医証偽造等犯罪恒常凶行、と同様に」

担当させられる刑事も、検事も裁判官も「損害保険金詐欺事件って?何の根拠で、どう言う証拠によって成立させられるかも何も、まるで理解不可能だから”損保職員様と、損保の傀儡提携弁護士に捜査情報を流して、損害保険金詐欺冤罪を、強引に事実と捏造出来るように”損保に捜査指揮を執って頂いて居ると」

損保の犯罪を、警察、司法、関係する行政機関等が、損保の指揮下に入って居る現実なので、犯罪が正しいと捏造出来るように、公権力悪用テロ犯罪!で加担して居るから、今まで損保指揮、犯罪が正しい、と捏造も成功させて来れた訳です「国税、税務署は、職員により、損保の犯罪を証明する公務実施も、ですけれどね」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年10月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678292
ユニークアクセス:5842897
今日
ページビュー:1240
ユニークアクセス:1233
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed