エントリー

傷害事件の加害者が、対人賠償拒否した、訳では無い

  • 2021/11/01 13:57

昨年8月11日午後12時10分頃に起きた、一方的追突人身交通事故事件、加害者の警察官、の、非弁行為加害者加入損保から「正しい理由も無く、対人賠償踏み倒しだ、通告を受けた訳です、支払ったのは、8月分だけだと言う、ほぼ踏み倒しました」

で、トラックに掛けて有る任意自動車保険、人身傷害特約で、一定の補償を受けました、加害者は、正しい対人賠償を、拒んで逃げて来ました、理由は、何も伝えて来ても居ません、自分の責任回避ばかり並べたてるだけです。

こいつが「対人加害行為による、対人賠償の支払いを、損保の提携弁護士が出て来て?委任状写しも来ていないから、言っただけだけど、伝えて来たのは”道警本部と、勤務先警察署の所長と彼”に、文書等を送ったからです」

つまり「一方的人身事故傷害事件加害者、の自分の責任から、徹底して逃げて来ながら、自分の人生に、瑕疵が出る恐れが、実際に起きたから、自分を守る目論見で、加入損保の提携弁護士に、賠償する、と言わせたと言う」

あくまでも「自分の事だけ、なのですよ”では、どう言う経緯で、理由も正しくなくて、ほぼ対人賠償、治療費も含めて踏み倒しに走って来れたのか”理由説明が、先ず必要でしょう、一方的追突交通事故による、重い怪我を負わされたのに、治療費も不払いで追い込み続けて、対人賠償踏み倒しで通そうとし続けた、この事実なのだから」

非弁行為損保事業は、こう言う、不法行為も日常行為です、法曹資格者、司法機関、法務省、警察、報道カルトが、公に共謀犯です。

損保が、対人賠償債務補填支払いを、法律規定通り行いたくないから、これを理由とさせて、不法行為、刑事罰適用犯罪行為に走り、不払いで通せて居ます、損保、提携弁護士が、合法に対人賠償債務の補填支払いしたくない、この理由で「これを成功させる為に、必要な犯罪が自由に凶行出来て、犯罪責任免責、犯罪適法強制でっち上げ、で、不払い成功させて貰えて居ます」

この事実通りを「事故後十数日分だけ、医療費も含めて、ぶつけて逃げて終わる、予定だったと、普通は”この手の犯罪、やり放題出来て、成功させて貰えて”なのだから、加害者が警察官でも、踏襲して、成功の予定で」

自賠責事業分も、国土交通省も公言通り”自賠法違反で不払い”も、公式に通った通りです、法律の正しい遵守、適用も何も、公式に蹂躙出来て、通せて居る訳です、医師法違反犯罪、第三者行為傷害の治療、診断から、偽造させて抹殺させられて居るのだから、対人賠償支払い等、する必要も無い訳です、診療記録を、第三者行為傷害で無い治療だと、主治医に命じて、偽造させて、法曹権力も、この一連のテロ犯罪だけ、適法とでっち上げで判決、決定して、通すので。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年05月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6152349
ユニークアクセス:5320894
今日
ページビュー:783
ユニークアクセス:782
昨日
ページビュー:2228
ユニークアクセス:2210

Feed