エントリー

2021年11月03日の記事は以下のとおりです。

合憲、合法の破壊が実際の目論見、司法テロにより

  • 2021/11/03 16:17

自賠責事業は国の強制保険事業→で”交通事故受傷被害者に対する、第三者行為傷害の治療、診断は、犯罪、でっち上げ、賠償踏み倒し用診断”で、医師法無効と法を犯して決めて、常時強制決定で押し通して、合法な対人賠償潰ししている。

この実が、もっと悪質化しており「自賠法も無効だ、損保に認めて有る、一括代行、示談代行は、弁護士法違反を認めて有るから”自賠法も、医師法も、民法第709,715条も何も、損保と加害者は、守らなくて良い事で通して有る”自賠責支払い基準も、自賠責支払い上限まで、合法に支払い規定も、守る必要無し!と、国交省も、損保に認めて有る、までになって居る、国交省補償制度参事官室回答、事実に沿った答えも出ている通り」

つまり「犯罪で構成されて居ると言う事、損保が合法な、対人賠償金支払いせず、逃げられるようにを理由とさせて、第三者行為傷害事実と治療を、主治医に診療録偽造、診断書偽造させるわ、一般傷病の治療を偽らせて、保険者も共謀犯で、公金詐欺治療も強要させて居るんです」

しかも「自賠責事業と言う、国の強制保険事業、一定額まで、加害者が負った、対人賠償債務補填支払いする、国の強制保険事業も”自賠法規定も遵守不要、理由無く不払いで良い!”と、国交省も認めて有ると言う」

恐喝が制度化されて、通されている国家日本、狂い方が凄まじ過ぎます、報道カルトも当然、共謀犯罪組織です、この犯罪も、司法犯罪でも有るんで、報道カルトも共謀犯、は当然なのです。

今後、この権力ぐるみテロ犯罪も、憲法、法律規定、社会正義対、司法他テロ犯罪の対決です、犯罪なのは、もう言い逃れ出来ませんから、今後は「司法テロ権力が、犯罪適法化を、合憲、合法を公式否定させて、強引に通す動きに走るんでしょう」

直近の実例では「他者の相続遺産、遺産預金、他者の預金、司法ぐるみ泥棒で入手犯罪、あれの強制適法化テロ、が有るように”一旦盗めた他者の財産、預金は、泥棒が所有権を、国税も泥棒の共犯で、無税で得て通る”あれが直近の、司法極悪テロ犯罪実例です」

無法国家日本、何処が近代法治国家なのか、神を超えた全能の存在、法曹資格者、裁判官連中の設定ですが、実態は無知蒙昧、荒っぽい犯罪者集団です、合憲、合法等、意味も分からないから、守れる筈が無いんです。

x族連中の実態が「自分達の存在を保つ設定は?も何も知らない集団、現実がこれ、よって”天照大神の血族で依り代?”依り代として儀式を行う一族、この設定も知らない集団である、じゃあ、何の為に巨額の血税で養って居るんだ?神主や氏子以下の、儀式等の知識も何も備えて居ない連中を、この疑義が、広く贄平民に広まっている通り」

法律に拠らない判決、決定は、正しい効力も無い

  • 2021/11/03 15:34

法律に拠らない判決、決定に、正しい実効力は備わって居ないですし、元々の事件、問題を、判決、決定に沿って、正しく処理完遂も、当然出来ません。

医師法違反で、交通事故人身受傷患者の診療録、診断書の偽造、行使を、損保が合法な賠償債務補填支払いしたくない、を理由とさせて、指示して、第三者行為傷害の治療事実を抹殺させて居る、一般傷病の治療ですと、偽造診療録、診断書を作成させる犯罪で、です。

じゃあ「この犯罪を、公式に”厚生労働省、保健所、厚生局ぐるみで”偽造しました、との記録もきちんと揃えて、最後の手は、裁判官判決、決定が出たから、偽造、行使した、ともきちんと記録も作り、監督官庁にも提出して”行えるか?と言う事です」

当然ですが「損保が指示した、裁判官判決が有るから、損保、加害者が、傷害事件被害者相手の対人賠償踏み倒し目的で、診療録、診断書を偽造、行使して、第三者後遺症がが原因の治療を、一般傷病の治療だ、と偽造、行使した、この事実通りを、カルテに記載して、監督機関にも、事実報告して置く訳に行きません、医師法違反で、犯罪だからです」

法に背いて居る、犯罪行為者ですよ、医師、偽造指示者、偽造を強要した国家権力全部が、損害賠償金不払いを正当と偽る為に、主治医に診療録、診断書偽造、行使させて、損害賠償が必要となる根拠の、医学的証拠を、偽造させて抹殺に成功して居る訳です、極悪な権力犯罪です。

この犯罪、幾ら損保、裁判官が、第三者行為傷害による受傷の治療と言う、医学的証拠を、一般傷病と偽造、行使しろと、主治医に強要した所で『交通事故労災事件の場合は”十和田労基恐喝、強要実行事件”と同じく、先ず労基も恐喝して、偽造に従わせる事が必要で、偽造に従うとした労基、厚生労働省は、主治医に偽造命令を出す事と」

以後も治療が必要な被害者なのだから「健康保険、生活保護事業に、違法に医療費支給命令、指示も必要です。

犯罪が犯罪を呼び続ける訳です、実際凶行され捲ている事です、十和田労基恐喝事件、札医大主治医への、診療録、診断書偽造指示、実行事件が、診療録、診断書偽造指示、命令、判決を下した先の、必要となって居る犯罪行使実例です。

どう言い逃れに走ったって、は・ん・ざ・いですから、日本中で同様の犯罪が行われて来て、最後は司法が、正しい犯罪だと、何処にも合法無しで判決を下して、上記診療録、診断書偽造指示、強要に、公金詐欺強要、実行が行われて居る訳です。

で、札医大監査実施、も決まった訳です、医者も医療機関も、責任の重さを考えるべきです。

裁判官は全能、嘘の極み

  • 2021/11/03 09:00

最高裁大法廷最終決定、相続遺産分割除外説、最高裁小法廷も、平成15~16年から採用してきたこの説は、実は民法第896条違反だった、よって、この最高裁大法廷最終決定、原審大阪高裁平成27年(許)第11号、相続遺産分割除外説を採用した、この大阪高裁決定破棄決定で、強制力を持ち、相続遺産分割除外説以後採用禁止、最高裁小法廷決定、これを持った判例も、全て破棄して、以後採用を禁じる。

この、最高裁大法廷最終決定も「理由は単純”民法第896,1031条も何も、法曹資格者、法務省役人等、誰も意味も理解不可能、うましか故”で、強制力も持ち、採用禁止は絵に描いた餅で通って来た、この現実でも分かるように」

法曹資格者、裁判官連中が、全能の、万能の神に等しい存在だのと言う、事実無根の設定も、嘘と言う事です、この程度の法律の、正しい理解、知識持って居ません、最高裁大法廷の、15人の判事もしかりです。

ネット情報ですが「最高裁判事が、自分達で”事件の判決、決定、高裁の判決、決定が、憲法、法律に合致して居るか否か、最高裁判事が全部分かる訳も無いから、事務方に、補佐役、調査役が居るとか”」

まあ、裁判官なる「設定上の全能神の人間に、正しく事件を理解して、法律を正しく適用させて、合否を正しく把握して、判決、決定を下す知識等、有る訳が有りません”世間知がほぼ無い人間です”扱う事件のほぼについて、理解等無理です」

かと言って、裁判官の補佐役、調査担当の連中も「常識外はさほど変わらずでしょう”よって、上記最高裁大法廷最終決定も、こんなに分かり易い事件の問題”大阪高裁は、相続人二名のうち一人が、相続遺産預金の大半を詐取した事件で”相続遺産分割除外説が絶対だ、盗めた遺産は、泥棒相続人が所有権を得た、遺産から窃盗遺産は、除外された、と決定を下しており」

最高裁大法廷は「民法第896条に”被相続人死去の時点で、包括相続遺産を凍結して、相続人全員の、包括相続遺産で扱う”と規定があり、相続遺産分割除外説は、この法に反していたんで、以後採用禁止、被相続人が死去の時点で、遺産全てを凍結して、相続人全員の包括相続遺産で扱う、こう統一する、実に分かり易い最終決定です、が」

相賊と泥棒の区別も、本当に付けられない法曹資格者、法務省他犯罪役人らなので、遺産は泥棒に成功すれば、泥棒が無税で所有権を得られると、国税も共謀犯で、でっち上げて強制決定して通して来たと言う事です。

設定上の万能神、の判決、決定だけど、無知無能者では

  • 2021/11/03 08:07

設定上は「日本国憲法、法律に精通しており”あらゆる扱い事件に付いて、たちどころに真実を見抜き?(;^ω^)合憲、合法を持った正解を導き出す”事と、事実無根でされています」

で、現実はどうかと言うと「私が”正しい包括遺産の証明方法と、正しく包括遺産の相続、処理を完遂させる方法”を提言しましたけれど」

まあ「弁護士、裁判官らの”現実に対応出来る知識ほぼ無し、人間性は、色狂いと同種、正義感、遵法意識の欠落者集団”が実態だから、得する遺産は、相続権の有無も無関係で、盗みに成功すれば、泥棒が所有権を、司法、警察他が共謀犯で、手に入れて逃がされて来て居る、も、国中で凶行して、成功に持って来たテロ集団ですし、合憲、合法を常に実現等,絵空事の極みだから」

この結果が「予想した通り、妻の両親の遺産相続、泥棒の側は、弁護士も立てて、法律通り、姓の遺産限定で、均等相続が正しい、との決定を、この連中も取ったんです、が」

相続遺産全部が欲しかった、この思考から抜ける事は、一生無いで有ろうx男は、グダグダ泣き言文書を、妻に送って来たと言う「お前、弁護士も立てて、裁判官決定を取り、確定させたんだろう、言い掛りを何時までもまあ」

十和田労基直接恐喝、強要犯罪の武器も「法律上絶対不可能な、交通事故受傷患者、交通事故労災患者の怪我他賠償に付いて”医師法蹂躙犯罪で、受傷後8カ月だけ、交通事故受傷と認めてやる、以後の十数年分の、労災、交通事故労災による医療費、休業損害等支払いが犯罪だ」

こんな、とんでも犯罪判決を下した判決文を、愚かしい弁護士は「判決と食い違っているカルテを、判決取り偽造させて、交通事故労災補償を打ち切れ、との恐喝、強要犯罪ですから、恐喝、強要の武器が”犯罪診断が、主治医の医療行為、診断が間違い故正しい、等犯罪者と共謀、犯罪適法でっち上げ判決が武器です」

犯罪診断が適法だ、等と判決を下した先が「医師法を持ち、主治医が行った医療行為、診断が、犯罪行為なのだ判決が、間違いの無いテロ、犯罪なのです」

設定上は「全能の神、判決、決定全て、合憲、合法を正しく備えて居る、この虚言設定ですが”嘘の極みです、この十和田労基恐喝、強要犯罪でも明らかな通り”」

全能の神、現人神そのもの故、全ての法律行為、判決、決定は、合憲、合法である、大嘘なのです、合憲、合法に背いた判決、決定だから、その先の犯罪発生、が起きても居るのです。

事実に拠らない信仰、が実態

  • 2021/11/03 07:39

天x、x族達は、どう言う立場、設定上の存在なのか、神道は宗教か?神道の惣領?じゃ無いのか?設定と実際は、合致して居るのか?x族達は、神道とは、も含めて「少なくても、この連中が贄、民草と蔑視して居る平民より、仮想の神道、天xの、伝説?歴史?しきたり、行事に精通して居るのか?設定上の立場を取れるような、必要知識から備わって居るのか?」

この、贄、民草達が、漠然でも無く、あの一家の言動を見て来て、現実として抱いて来て、疑義を膨らませて来た、根本的疑惑に対して、真っ向から「現実を見せ付けられて居ます”異教徒の学校教育を、血税で受ける段階で”神道の惣領の家系、血統等成立する訳が無い、ここ迄論外な行動も、何の禁忌も無く出来る理由は」

自分達一族の、事実でも無い、神話の中の、神の眷属の血統と言う設定すら、この仮想の設定の一員で居る為に必要な「神話、伝説知識、儀式、しきたり知識が、ほぼ備わって居ない事が原因でしょう”恐らく、色狂いの両親(この件は、当人も公式に認めている通り)娘、息子、父親の、特に実母(キリスト教徒)実父(儀式等は、多分憶えられたよう)達が、神道に係る必要知識も、設定に沿った、表向きの振る舞い等も、備えても居ない事を、公然と、国際的に自分達で証明し続けている惨状です」

この惨状が、色狂いとひも、両親、娘、皇x、天x、元夫婦、971庁等によって、日々生み出されている現実ですから「何となく持って来た、敬いの心等、綺麗さっぱり消え去りました、敬うべき対象では全く無い、贄としか見られていない民草として、表向きだけでも、神道とは、皇x、天xのあるべき姿、振舞いに沿って装えもしない、今のこの一族、971庁等の現実ですから」

敬われる立場であれば「敬われるために必要な、知識、人間性、自分が処理すべき問題を、正しく理解して、処理策を示せる能力、指導力等を、表向き設定どおり振舞えるように、自己研鑽し続けて、発揮しなければならないに決まって居ます」

設定の位置に座るなら、絶対に備えて居なければならない、表向きの振る舞い方、設定の深い理由に関する知識、設定の立場にいる以上、設定通りに解決、処理すべき事柄は、設定に沿って解決、処理を果たせなければならない、当然なのです。

ですが現実は、天x、皇x、法曹資格者、特に裁判官等には「設定された立場に座る以上、必須で身に付けなければならないが、実務知識から無し、設定が正しいと、実際無視で設定の地位に座って、独善で錯覚だけし捲って居る、敬愛は持てないし、憲法、法律違反判決、決定等には、犯罪行為ですから、従う等出来ません」

裁判官判決、決定で、合法に事が完結、処理出来る訳でも

  • 2021/11/03 07:03

妻の両親の遺産相続問題、実務も含めて、法律に無知な法曹資格者故、論外な決定で終わらせた機で居るけれど、物理的な負の遺産問題、言っても理解不可能故、正しくケリも付けられず、でした。

相続に係る、法律規定と、実務知識も何も、備えて居ない上に『正しい遺産相続、処理とは、を指摘されたら”逆上、逆恨みに走るだけで、立ち止まって調べる等しない輩だから”どうにもならない訳です」

現在日本の国土の内、九州?四国?どっちだったか、の面積以上の国土が、正しい相続手続き、登記手続きがなされておらず、相続権者が増え捲った状況との事ですが、弁護士、司法書士、裁判官他が、合法な、相続に載せるべき、全ての遺産を証明して、相続を終えさせなければならばい、この鉄則から、ほぼ知らない結果でしょう。

そもそも「遺産、遺産預金は、盗む事に成功すれば”法定で相続争いしている事件も含めて、遺産目録を偽造して、盗めた遺産を、相続遺産から抹殺すれば”弁護士、裁判官が共謀して、窃盗に成功した遺産を、盗めた度、遺産から抹殺し続けて通して来た、この現実もある通り、法曹資格者等に、合法な遺産相続、処理等分かる訳が無いんです」

この連中が、本気で自己狂信して居る事の一つが「未相続の遺産は、所有者が居ないから、盗めれば泥棒が所有権を得られる”泥棒には、所有者が居ないのでならない、本気でこう、勝手に狂信して”未相続の遺産泥棒を、泥棒と委任弁護士、法務局、金融機関等も共謀して”犯罪に走り続けて来たのです」

一方、負債分類の遺産は「放り出して終わり、法律手続きで、これを強制決定が常と来ています”相続手続きを、得する遺産の奪い合い、詐取、窃盗も含めて奪い合いする事”負債遺産は、相続外扱いで良い、相続規定法律は、知らないから適用外だ!これが法曹資格者、司法機関、法務省の”相続実務実態です”」

と言う事で「妻の両親の遺産相続問題”色狂いと同じ思考、行動の義理の身内”予定通り、弁護士を使い、裁判官が決定した事も無視して、ぐだぐだと泣き言を、要は”遺産全部自分が手に入れて、負債を押し付ける予定が狂った、どうしてくれる、とかです」

ね「弁護士、裁判官等”無知無能だから余計、事件の正しい解決、処理も出来ないでしょう”負債遺産も、相続手続き実務規定通り、きちんと洗い出して、処理も含めて相続完遂が必須と伝えたが、理解も出来ない頭故、うましか決定に逃げたから、余計尾を引いて居ます」

まあ「これも見据えて、事前に手を打って有るけれどね、ど・ろ・ぼ・う義理の身内連中だから」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年11月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6225515
ユニークアクセス:5393407
今日
ページビュー:1399
ユニークアクセス:1383
昨日
ページビュー:2654
ユニークアクセス:2653

Feed